Youtubeを活用したマーケティングとは?

はじめに

こんにちは、内定者の篠原です。
皆さんの企業では、マーケティングの手段として「Youtube」を取り入れていますか?
TwitterやInstagramといったSNSは活用していても、動画を活用している企業は少ないのではないのでしょうか。

今回は、Youtubeを活用したマーケティングとそのメリットについてお話していきます。

Youtubeマーケティングとは

Youtubeマーケティングとは、Youtubeを活用したマーケティング手法のことをいいます。
企業は、Youtubeにアップロードした動画を通して、商品やサービスをユーザーにアピールすることができます。
Youtubeを使ったマーケティング手法は、主に以下の3つです。

・Youtubeチャンネル
・インフルエンサー(ユーチューバー)の活用
・Youtube広告(TrueView)

それぞれについて説明をしていきます。

1Youtubeチャンネル

Youtubeチャンネルは、企業の動画をまとめて掲載することができ、Youtubeにおいて企業のホームページのような役割を果たすものです。
また、TwitterやInstagramのアカウントをフォローしたり、Facebookのページに「いいね」をするのと同様に、ユーザーが「チャンネル登録」をすることが可能です。
チャンネル登録をしたユーザーは、ログイン状態でYoutubeにアクセスすると、チャンネルの更新情報をチェックすることができたり、目のつきやすいところに動画が表示されるようになります。
チャンネル登録をしてくれるユーザーは、その企業への関心が高いため、継続的にコンテンツを配信することで、関係性を構築することができます。

2インフルエンサー(ユーチューバー)の活用

インフルエンサーとは、人々の消費行動に影響を与える人物のことをいい、Youtube上のインフルエンサーは「ユーチューバー」と呼ばれています。
企業が、ユーチューバーに商品やサービスの紹介を依頼し、ユーチューバーが動画を作成し、配信するという流れです。
最近では、企業とユーチューバーをマッチングさせるサービスも登場しているようです。
ユーチューバーごとに、ファンの属性が異なるため、商品・サービスやキャンペーンの目的に合っただけではなく、ユーザー属性の近いユーチューバーを起用すれば、よりプロモーション効果が期待できます。

3Youtube広告(TrueView)

TrueViewとは、Googleが運営するYoutube内で展開されている動画広告の名称です。
「動画再生前に流れる広告動画」「動画の途中で流れる広告動画」「関連動画のトップに配置される動画」などの配信フォーマットを指しています。
Youtubeに動画をアップロードし、Googleアドワーズアカウントを取得すれば、簡単に動画広告を出稿することができます。
広告がクリックされたり、一定秒数以上視聴されることで料金が発生し、セグメントを絞れることから費用対効果の高い広告となっています。

Youtubeをマーケティングに活用するメリット

では、Youtubeをマーケティングに取り入れることで、どんなメリットがあるのかを説明していきます。

1ユーザー数

Youtubeの最大の強みは、その圧倒的な利用者数の多さにあります。
Googleが、月に1回以上ネットにアクセスする15~59歳までの8510人を対象に、ネットアンケートで調査を実施したとろ、対象者のうち、YouTubeを1回でも利用したことがあると回答したユーザーは77%いたといいます。

大規模な人数へのリーチが可能であり、国を超えて影響を与えることができるのがYoutubeなのです。
(引用:https://webtan.impress.co.jp/n/2017/06/09/25999)

2検索に強い

皆さんの中には、検索結果に動画が出てくるのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
YoutubeはGoogleの傘下でもあるため、キーワードとの関連性が強く、評価が高いとみなされた動画は、「“動画”検索結果ページ」ではなくて、通常の「“ウェブ”検索結果ページ」にも表示させています。
特に、具体的な商品名や「○○方法」や「○○レビュー」のような、動画のほうが分かりやすい場合に表示される傾向が強いようです。
これを読んでくださっている方も、企業の商品やサービスの有益な使い方や、注意点などを動画で配信することで、Googleの検索結果からもアクセスを集めることができるようになりますよ。

3Youtubeアナリティクス

Youtubeでは、Youtubeアナリティクスが無料で使用できます。
アナリティクスでは、それぞれの動画の再生数や、再生継続時間など、チャンネルや動画に関する様々な数値を見ることができます。
中でも、再生維持率は、「視聴者がどのポイントで動画視聴を止めているのか」を知ることができるため、動画の良し悪しを分析し、改善するのに役立てることができます。

4アノテーション機能

アノテーション機能とは、動画の画面上に文字を表示したり、関連したリンク先を埋め込む機能のことをいいます。
例えば、動画を見たユーザーをホームページに誘導したい場合、「詳細はこちら」という文字と、ホームページのURLを挿入することによって、ユーザーをYoutube動画から直接ホームページに誘導することができるのです。
「資料請求はこちら」「無料トライアルはこちら」「チャンネル登録はこちら」など、Youtubeなら、ユーザーに“今すぐ”してほしい行動を促し、その場でしてもらうことができます。

Youtube広告を効果的に行うポイント

1ターゲットとするユーザー層を明確にする

Youtubeには、様々なユーザーが存在しています。
これは、Youtubeでのマーケティングに限ったことではありませんが、チャンネルの作成や動画の作成を行う際には、実際に動画を見てくれそうなユーザー像、ターゲットにしたいユーザー像をできるだけ明確にすることが大切です。

2ターゲットユーザーのアクションを決定する

次に大切なのは、動画を見たユーザーにどのような行動を起こしてもらいたいかの設定です。
例えば、「まだ商品・サービスについて知らないユーザーをターゲットにして、動画によって商品・サービスに興味を持っている状態を目的にし、ホームページにアクセスするというアクションをしてもらう」といった感じです。
このように、ターゲットとするユーザーに対して、どのような行動を起こしてもらいたいのかを決めると、動画で伝える内容が明確になってきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は、Youtubeを活用したマーケティングと、そのメリットについてお話しました。

Youtubeと同じ動画の宣伝媒体として、テレビCMが挙げられますが、テレビCMは世間への影響力が大きい反面、膨大な費用がかかります。
その点、Youtubeへの動画投稿は無料であり、かつターゲットを絞った配信ができるため、企業の予算に合わせたアプローチができるのです。
ぜひ、自社のマーケティングに「Youtube」を取り入れてみませんか?

参考になったらシェアをお願いします!