ビジネス向けSNSワークプレイスとは

こんにちは!内定者の増田哲知です。

皆さんはワークプレイスをご存知でしょうか?

ワークプレイスは世界的に有名なSNSのフェイスブックから
2017年、新たにビジネスチャット機能も備えたビジネス向けSNSです。

一見、ほとんど画面構成はフェイスブックと同じですが、違いはあるのでしょうか?

今回は、ワークプレイスとフェイスブックとの違いについてご紹介していきます。

ワークプレイスとは

簡単に言うと、facebookの画面や仕様をそのまま活用し、
ビジネスでの用途や要望に応えるさまざまな機能を詰め込んだビジネス用SNSです。
画面の構成や仕様はほとんどfacebook変わりません。

これまでfacebookを触ったことがある人にはなじみやすいため、
導入に抵抗が少ないのも1つのメリットと言えるのではないでしょうか?

そんな見た目はそっくりのWorkplaceですが、中身はfacebookとどのように違うか、
それぞれ見ていきましょう。

フェイスブックとの主な4つの違い

メンバー全員とすぐに交流できる

フェイスブックでは、自分が知っている人と「友達」になったり
「フォロー」をすることで相手の投稿や情報が見れるようになります。

しかしワークプレイスでは、友達という概念がありません。
参加すれば何もしなくても、社内のメンバー全員とやり取りができます。
なのでいつでもメンバーのタイムラインを確認することができます。

また、複数のグループ作成・参加を前提としていることもあり、
ホーム画面からコンテンツを投稿する際、自身の参加グループが一覧に表示され、
そのなかから投稿先を選択する必要があります。
重要な投稿が他の投稿に埋もれてしまうこともあるため
トップに表示されやすい人を選択するなどの設定が可能となっています。

グループで各案件毎に共有設定ができる

ワークプレイスではそのグループの管理者が「メンバー追加」や
メンバーによる「メンバー招待」により、メンバーが次々と増えていきます。
フェイスブック同様、作成することができるグループの種類は次の3種類です。
どれを選ぶかによってアクセスを管理し、メンバーのみが
必要な情報を閲覧できるようなっています。

公開誰でもグループの存在・メンバー・投稿の閲覧が可能。
投稿も自由に行うことができます。
非公開誰でもグループの存在・メンバーの閲覧は可能。
投稿の閲覧・新たに投稿するには既存メンバーの招待が必要です。
秘密所属メンバーのみがグループの存在を知っている状態。検索も不可。
投稿の閲覧・新たに投稿するには既存メンバーの招待が必要です。

上記のようにグループの存在は知っていても投稿の閲覧ができないという設定は
チャットワークなど他のビジネス向けSNSではできません。
このような機能はフェイスブックをアレンジしたワークプレイスらしい機能と言えます。

ビジネス利用を意識した高セキュリティ

フェイスブックは、自分自身のプライベートを周囲とシェアする目的でした。
なので、セキュリティ面の意識は確かに重要でした。

ですが、近年のSNS社会に到達するまではビジネス程の重大案件は
オンライン上でやりとりされること少なかったのではないでしょうか?

ワークプレイスはビジネス向けSNSであるため、この点については非常に気を使っています。

開発過程でも、保守的な業界や政府機関などでも利用される可能性を重視し、
テストを繰り返していたようです。
サービスのリリース時には開発ディレクターがこのように公言しています。

「考えうるすべての地理的条件や業種でのテストを行いました。
もっとも保守的な業種に関しては特にです。
それにより今では、彼らから利用されるための準備は整ったと感じています。」

また、企業利用を想定しているため国際認証(SOC2)を取得しているため、
セキュリティ対策は問題ないと言えるのではないでしょうか。

有料版がある

フェイスブックには有料版はありませんでしたが、
ワークプレイスには、無料プラン「スタンダード」のほかに
アクティブユーザーひとり当たり月額3ドルが発生する
有料プラン「プレミアム」が用意されています。

主な機能としては、OneDriveやDropbox、Google Driveなど
有名なサービスとの連携をはじめ、G Suite、Salesforce、SharePointなど
既存の社内システムとの連携が可能になります。

またもう一つ魅力的なものがボット機能が使用できるという点です。
コミュニティ内にチャットボットを取り入れることが可能になり、
うまく活用すれば面倒な反復作業も、システムによる自動化が可能になり
業務効率化が見込めるのではないでしょうか?

その他細かな違いについて

他にも細かな違いがあるので下記の表にまとめさせていただきました。

登録メールアドレスの規定登録時に必要なメールアドレスは、
「組織の固有ドメイン」かつ「個人用アドレス」
であることが条件です。Gmailなどのフリーアドレスや、
企業メールアドレスのうち「info@~~」などは利用できません。
トレンド機能ワークプレイス上でコメントやアクションが多く話題になっている
人気コンテンツが表示される機能をいいます。
ホーム画面右側に「トレンド」欄が表示されます。
シングルサインオン対応社内で登録されているID・パスワードでの
登録・ログインが可能です。
データの所有権の帰属フェイスブックでは投稿されたデータの所有権はFacebook, Inc.に
帰属しますが、ワークプレイスでは投稿した
メンバーまたは企業に帰属するようになっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はビジネス向けSNSワークプレイスについてフェイスブックとの違いについて
簡単にご紹介させていただきました。

一見するとフェイスブックのようなワークプレイスですが、
その中身は見事にビジネス向けに作られたSNSであることが
おわかりいただけたのではないでしょうか。

ワークプレイスには、通常のビジネスチャットよりもはるかに多くの機能があります。
この豊富な機能を活用し社内SNSとしても、ビジネス必須ツールとしても
役立てていきたいですね。

今回の記事を今後の業務に少しでも役立てていただければ幸いです。

参考になったらシェアをお願いします!