WordPress(ワードプレス)でWEBサイトを制作する7つのメリット

こんにちは、WEBマーケティング事業部の難波です。

WordPress(ワードプレス、WP)はCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)の一種で、サイト制作の現場で頻繁に利用されております。

多くのCMSが市場にひしめく中、その存在感は圧倒的に強く、下記グラフのように、世界に存在する約4分の1がWordPressで制作されているといわれております。


© W3Techs.com
これだけの利用率を誇るには何か理由があるはずですよね。この記事では、「WordPressでWEBサイトを制作する7つのメリット」について述べて参ります。

 WordPressでWEBサイトを制作する7つのメリット

メリット1:とにかく簡単

WEB制作というと、「html、cssとか覚えなきゃいけないですよね?」「難しそうで、とてもできそうにありません」といったお声をしばしばいただきます。

この点、WordPressは一度構築してしまえば、Amebaやライブドア等が展開するブログサービスと同じくらい簡単に記事の追加、更新等が可能です。

違うコンテンツの更新を行う場合でも、基本的な操作方法に統一性があるため、一度利用すると、その後問題なく継続できることがほとんどのようです。

 メリット2:無料で利用できる

かつてに比べれば低価格化しつつWEB制作ですが、いまだに「高価な買い物」というイメージは強いようです。

しかし、費用の内訳を見れば、人件費、外注費といった人的リソース部分が大変を占めていることがわかります。

実際、WordPressはオープンソース(一般に公開され、自由な利用が許可されているソースコード)であり、WEBサイト構築のスキルを持ってさえいれば、誰でも無料に利用できます。

ドメイン取得、サーバーの契約等、諸経費を考慮したとしても、月額数百〜数千円単位で簡単にWEBサイト運営を始められるのです。

メリット3:カスタマイズの自由度が高い

WordPressは、無料であるとは思えないほど、実に多様な機能を有していて、自由自在にカスタマイズが可能です。

特に有用なのは、「プラグイン」という機能で、

・どういう風にカスタマイズしたいか

・対応するプラグインにはどういうものがあるか

さえわかっていれば、プログラミングの知識がなくても、ボタン一つで簡単に自分好みのツールに変更できます。

実際、個人単位の小規模なブログから、上場企業の大規模なサイトに至るまでの多種多様な制作実績が存在しており、その守備範囲の広さがよくわかります。

メリット4:情報の量と入手の容易性

WordPressは世界で最も利用されているCMSです。

それだけに、関連書籍やWEB上の記事、各種コミュニティ等の情報のリソースが非常に充実しており、物理的な余裕さえ確保できれば、独力でWEBサイトを構築することも決して難しくありません。

また、WEB制作会社等において、マイナーなCMSを利用していると詳しい人間がいないこともありえますが、WordPressについてはそういった問題はほぼ起こらず、様々なミスマッチを回避できます。

メリット5:掲載したい情報を自分で決定できる

弊社では、ブログも主にWordPressを利用して独自ドメインで構築することを推奨しております。

確かに、Amebaやライブドア等のブログサービスを利用すれば、ドメインやサーバー等の費用も含めて、完全に無料でブログを掲載できます。

ただ、全てを無料で提供すると運営者側は収益を得られませんから、広告の掲載面を数多く設け、事業を成り立たせています。

実際、無料ブログサービスを利用したサイトは“広告だらけ”で、企業のブランドイメージを損なう広告が掲載されるケースも少なくありません。

その点、WordPressで構築したサイトは、「どこにどういった情報を掲載するか」全部自分で好きなように決定できるのです。

メリット6:SEO(検索エンジン最適化)対策の点で望ましい

WordPressはSEO対策との相性も非常に良いツールです。

「All in One SEO」等のプラグインが充実していますし、メタディスクリプション等のタグを一括で変更するといった作業も容易です。

また、GoogleのSEO対策の責任者として著名なマット・カッツ氏も、「WordPressを選ぶことは、非常に良い選択です」とその効果を公認しております。

メリット7:セキュリティ対策

近年、SSL(Secure Sockets Layer、ネットワーク通信を安全にするための暗号化技術)等、WEBサイトのセキュリティ対策がますます重要視されております。

この点、WordPressはオープンソースであるため、当初の状態では脆弱ですが、各種ファイル修正やプラグイン追加等により、非常にセキュア(安全)なWEBサイトの構築が可能です。

WordPressは頻繁にバージョンアップがなされており、メンテナンス面でも、非常に優れているといえます。

まとめ

この記事では、「WordPressでWEBサイトを制作する7つのメリット」について書かせていただきました。

WordPressは実務の場でも非常によく利用するツールで、常に進化し続けていることもあり、今後も枢要なポジションを占め続けることが予想されます。

とはいえ、WordPressを選択することが常にベストであるとは限りません。

①CMSを利用する場合とそうでない場合

②CMSの中でも、WordPressを利用する場合とそうでない場合

それぞれのメリット、デメリットを正確におさえつつ、最も適切な方法を選択することこそ肝要です。

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です