PDCAはもう古い?『GPDCAサイクル』とは?

はじめに

はじめまして!ミスターフュージョンの西村です。
みなさん、PDCAサイクルという言葉を聞いたことありますか?

おそらく、多くの方がPDCAサイクルについては知っていると思います。
「計画を立てて、実行をして、実行した結果の検証を行い、さらに行動に移す。」を繰り返して業務を継続的に改善していくサイクルのことです。

では、このPDCAに「G」がついた『GPDCAサイクル』についてはご存知でしょうか?

今回は、マーケティングやコンサルティングに役立つGPDCAサイクルについてご紹介いたします。

 

GPDCAサイクルとは

GPDCAサイクルとは、先ほどご紹介した「PDCA」に
G(ゴール)を足したもので、

Goal(目標)
Plan(計画)
Do(実行)
Check(検証)
Action(行動)

の4つで構成されます。

この考え方は、仕事においても、コンサルティングの場面でも活用されますが、
もちろん、ホームページを改善する場面でも活用されます。

基準値を知ってアクセスログ解析をもっと理解しよう!の記事でも紹介したように、
ホームページを運営するには、『目標』が大切です。

目標から逆算して改善を進めるウェブマーケティングの手法を
ミスターフュージョンでは「逆算型ウェブマーケティング」と呼んでいます。

はじめに、ホームページの目標(ゴール)を決めて、
そこから、コンバージョン数・アクセス数・露出回数がどの程度必要なのかを逆算します。

そして、目標の数値と現状分析の数値を比較しながらホームページの弱点を見つけて、
戦略を策定していきます。

では、ホームページ改善においてのGPDCAサイクルの考え方について詳しくご紹介いたします。

ホームページにおいてのGPDCA

ホームページの改善は、G:ゴールに到達するために実施します。
目標から各ポイントへの到達目標を考えるために、逆算を行う必要があるのです。

各ポイントというのが、
①成約目標
→これがホームページ改善におけるゴールです。
②反響数
→成約を成立させるためには、お問い合わせ(=反響)が必要になります。
③アクセス数
→お問い合わせ(=反響)を得るためには、まずホームページに訪問(=アクセス)してもらわなければいけません。
④露出数
→ホームページに訪問(=アクセス)してもらうには、お客様がホームページに訪れるための入り口(広告や検索エンジン)を多く設置しなければいけません。
検索エンジンによる露出はSEO対策によって増やすことが一般的ですが、近年Googleの取り締まりが厳重になり、簡単には検索エンジンによる露出を得ることが難しくなっています。
そのため、インターネット広告等で確実に露出を増やすことが逆算型マーケティングでは有効でしょう。

逆算型マーケティングでは、①の目標を決定して、そこから②→③→④と逆算をしていくことで、各ポイントの目標を立てます。
そうすることで、どこのポイントがボトルネックになっているかが明確になり、対策を立てやすくなり、改善を繰り返してコンバージョン率を上げることができます。

たとえば、ホームページからの「成約目標」を「10件購入」と設定したとします。
①成約目標から「必要反響数」を逆算します。
仮に「問い合わせ」をしてきた人の数の成約率が「20%」だとすると、「50件」の反響が必要になります。
②必要反響数から「必要アクセス数」を逆算します。
ホームページにアクセスしたユーザーの「1%」がお問い合わせをしている(コンバージョン率1%)場合、アクセス数は「5000回」必要になります。
③必要アクセス数から「必要露出数」を逆算します。
露出転換数(広告の表示数に対して、ホームページにアクセスする割合)が「4%」の場合は、「1万2500回」の露出が必要になります。

このように、順に目標数値を立てて、現状数値と比較しながら「現状の課題は何か」「どこの数字が未達になっているか」「どうすれば数値を改善できるか」を分析し、仮説を立て、対処・対策を行い、ホームページを改善していきましょう。

目標はどうやってたてるの?

目標のたて方で一番重要なことはずばり、
高い目標を設定すること
です。

ホームページを改善するとき、大抵の人は現実的な達成しやすい目標を立てようとします。
ですが、目標を高く設定することで
「今と同じやり方では、お客様の変化に対応できない」
「今と同じ考え方では、目標を達成できない」
ことに気づくことができます。

「少し頑張れば、達成できる」ような目標では、改善はできないと考えた方が良いです。
高い目標を立てることで、現状との差がわかり、何をどう変えれば良いか、仮説を立てることができます。
大切なのは、目標に真摯に主体的に向き合うことなのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
PDCAサイクルについて考える際に目標(ゴール)について意識することでさらなる改善が見込めることを説明いたしました。

実際に今まで計画を立てたけれど、達成に至っていないという方はこの目標への執着心が足りていない可能性もあります。
この記事を読んでみて、半信半疑でも構わないので実践にうつしてみてはいかがでしょうか?
そうすることで、より良いホームページ作成を実現することができます。

参考になったらシェアをお願いします!