【WEB制作内製化】自社でWEB制作の内製化を実現するために必要なWEB担当者6タイプ

こんにちは、マーケティング担当者の難波です。

今回は、「自社でWEB制作の内製化を実現するために必要なWEB担当者6タイプ」についてお話していきます。

WEB制作の内製化に必要なWEB担当者6タイプ

上述の一連の手続きを進めるために、次の6種類の人材が必要となります。

1、プロジェクトマネージャー

shutterstock_329923622

WEBサイトの戦略(何を売るのか等)の構築、ターゲットの設定(誰に売るのか等)も含め、ローンチに至るまでのプロジェクト全体のプロセスを統括・管理します。

2、WEBディレクター

shutterstock_458703109

主にWEBサイトの構成案の作成、デザイン制作、コンテンツ制作等の業務全般を管理します。お客様も含めた関係者と最もやり取りすることが多く、WEB制作の中心的な役割を果たします。

3、ライター

shutterstock_426313705

新着情報、コラム、採用情報等、各種記事コンテンツを作成します。また、必要に応じて、お客様へのインタビュー、現地取材、企業・公共機関への問い合わせ等も実施することになります。

4、デザイナー

shutterstock_280391939

WEBデザイン作成ツール(Illustrator、Photoshop等)を利用し、デザインを制作します。特に近年Googleがスマートフォンサイトを重視し、小さな画面で表現される高品質のWEBデザインへのニーズが高まってきており、どのようなデザイナーを確保できるかが非常に重要といえます。

5、コーダー

shutterstock_374226598

html、cssに代表される言語を利用し、実際のサイトの枠組み、デザイン等を構築していくコーディング作業を担当します。WEBサイトのページを制作する担当者であり、大規模なWEBサイトになるほど、技術力の高いコーダーを多く確保することが必須となります。

6、エンジニア

shutterstock_401334661

php、Javaに代表される言語を利用し、システム設計やサーバー開発等を行います。

サーバー寄りの担当者はサーバーサイド(もしくはバックエンド)エンジニア、ユーザー寄りの担当者はフロントエンドエンジニアと呼ばれます。システムがWEBサイト全体に与える影響、不具合が生じた場合などのリスクは極めて大きく、技術力の高いエンジニアチームを組めるかが肝要となります。

まとめ

shutterstock_316493429

各職種に一定の人員が必要とされる一方で、職種を超えて横断的に知識やスキルが要求されるという事情もあります。

例えば、プロジェクトマネージャーがエンジニアの取り組むシステム設計のことが全くわからなければ、開発に要する工数やスケジューリングの適切なチェックはできません。

また、WEBディレクターがWEBデザインの最新のトレンドを押さえていなければ、お客様が望んでいる水準のデザイン作成をデザイナーに指示することはできません。

WEBサイト制作においても、専門的職種のご多聞に漏れず、”スペシャリスト兼ジェネラリスト“であることが求められるのです。

今回は「WEB制作に必要な6種類の人材」について書かせていただきました。本格的なWEB制作ともなれば、まず一人で制作することは事実上困難であり、”チーム戦”を余儀なくされます。

その際、どのような人材が、どういう領域で活躍をするのかを理解することで、内製化のイメージを少しでも強くしていただければ幸いです。

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です