企業経営者様必見!意外に見落としがちなWEB制作を内製化するメリット・デメリットとは

こんにちは、「WEB内製化支援.com」営業担当の山田菜々子です。

弊社では主に企業の社長様やWEB担当者様向けにWEB内製化支援の記事やコラムを書いているのですが、もしかしたら「ぶっちゃけWEB内製化って具体的にどんなメリットがあるの?」と思っているかもしれません。

本日はそんな迷える経営者様・WEB担当者様に向けて、WEB内製化のメリット・デメリットをお話していきます。

1.WEB内製化のメリット

shutterstock_312590081

まず、WEB内製化の一番のメリットは、何と言ってもお客様の声に合わせて伝えたいことを伝えたいように表現が出来ることです。

他の業者に外注している場合、外注費以外にも作業が完了するまでに作業を依頼するまでの工数がかかる場合があります。

「こんなイメージのデザインで、このサイトを参考にして・・」としっかり自分のイメージを伝えたとしても、WEB制作会社の営業マンやデザイナーに正しく伝わらない(伝わっていない)ことも多く、何度も修正してようやくイメージに近いサイトが上がってくる、なんて事もよくある話です。

shutterstock_393015229

しかし、もしご自身でサイトの修正やバナー等の製作まで出来れば、業者に頼むために必要な「作業工数」を大幅にカットすることができます。

特に、施策に関してはスピードが命なので、自社でWEB制作を内製化がすることで、外注した時に発生する要点の伝え漏れややり取りによるコミュニケーションコストの削減することに加え、フットワークが軽く、スピードが早く対応出来る事も内製化のメリットの一つです。

なぜなら、市場には「お客様」と「競合」しかいないからです!

shutterstock_344371520

お客様の声を取り入れたウェブサイトを構築し、競合よりも早くサイトを改善していくことで、より売上損失の少ないWEBサイトを実現することができます。

またWEBサイトは一度作ったら、それで終わりではなく、完成してからもずっと修正&更新し続けないと、お客様が来てくれませんので、自社で修正&更新ができることでより施策のPDCAサイクルを早く回すことが可能です。

最近では、制作の面でもHPの制作・更新も以前と比べて非常に簡単になりました。(WordPressのテーマの種類が増え、素人でも簡単に綺麗なデザインのサイトを構築することができます)

広告なども外注してしまうと手数料を取られますが、自社でやってしまえば広告費のみで済みます。

こういった便利なツールや機能を使うことで、自社でもWEB制作の内製化を実現することができますので、ぜひ WEB制作の内製化に興味がありましたらチャレンジしてみてください!

2.WEB内製化のデメリット

shutterstock_462826531

しかし、WEB制作の内製化にも少なからずデメリットが存在します。

まず、デメリットの一つ目は、長期的にWEB制作の内製化を目的に継続しないのであれば、WEB制作の内製化を担当する社員の給料が固定費となってしまう点です。

もしWEBサイトを制作して、更新業務を自社で行わないのであれば、自社で担当者を抱えるよりも外注さんにお願いするほうが1回の報酬単価が高くても、依頼する回数が少なくなるのであれば、遥かにコストは抑えられます。

また、ほとんどの企業が人材不足(リソース不足)で内製化ができてません。

なぜなら、社内にウェブの制作や広告のノウハウがなければ、いいものを作ることができないからです。

shutterstock_342223235

1人でマーケティングから、制作まですべて一人で出来る人材にはなかなかお目にかかれませんし、さらに教育しようにも、ノウハウが社内にないので育成自体ができません。

さらに、ウェブサイトの担当者が制作や更新作業以外に別の仕事を持っている場合、更新作業がおろそかになる。もしくは、その他業務の作業時間を奪ってしまう可能性もあります。

経営者がWEBの知識がなく、わからないからすべて任せっきりにするケースが非常に多いのですが、経営者様の理解がないと、せっかく内製化をしても成果は上がらず固定費だけがかかってしまう事に繋がってしまいます。

もしも、WEB制作の内製化を進めていくのであれば、長期的に事業として捉え、専属のWEB担当者を配置して他の業務に時間をとられないように注意してください!

3.外注化のメリット

shutterstock_128428937

また、外注化を進めると以下のようなメリットがあります。

・基本的なサイト構築の知識を持っているので、SEOに適したサイトの構築をしてくれる

・ある程度の費用を払ってしまえば、予想以上にがっかりするサイトが出来上がることも回避できる

・サイトの構築に関しても、自社では気付かない専門的且つ客観的なアドバイスを貰えることができる

・専門性の高い人をスポットでアウトソースすることで、固定費をかけずウェブサイトを構築することが出来る

・ウェブサイトの構築という業務を丸投げすることで、それ以外の業務に集中することができる

現在の事業が近い将来、全く別の事業に取って代わるなど、継続していかないビジネスの場合は外注に出してしまったほうが、固定費がかからず結果コストは削減出来ます。

4.外注化のデメリット

shutterstock_364541675

次に、外注化のデメリットについてお話します。

まず、やはり外注費が高いと言うことです。

そして、クオリティを意識すれば意識するほど比例して価格は高くなります。

さらに、本当の外注のデメリットは高いコストをかけたり、高い技術をもったひとにお願いできたからと言って売上のあがるウェブサイトが出来るとは限らないことです。

商品の特徴や注意点をきちんと把握してもらえない場合やケアレスミス等でかえって納期が長引いてしまうことがあります。

WEB業界はあくまで個人のスキルが反映されてしまいますので、高い金額を払えばいいHPができるかといえばそうでもありません。(能力がある製作者かどうかは依頼をしてからじゃないとわかりません・・)

shutterstock_488531377

更新のスピードも、頼んですぐとはなかなかいかないので、ある程度更新をある程度気長に待つ必要があります。

また、人気のある製作者は仕事が詰まっていて、能力のある製作者を確保することが困難な可能性考えられます。

結果、いいHPを作るため待つ時間はまたサイトの完成を遠ざけてしまい、機会損失を生んでしまいます。。

外注化するのしても、お金を払えば集客できる良いWEBサイトが出来ると言う訳ではないので、「WEBサイトは実店舗と同じ」という考えを持って、内装工事は業者に依頼したとしても、集客導線や売り上げに直結する部分に関してはしっかり自社で考えるようにしてくださいね!

最後に

shutterstock_280730423

じゃあ、結局どっちがいいの?という話ですが、何を重要視して運営していくのか、がポイントです。

自社のサービスを長期的に育てていき、すぐに事業転換することがなければ自社の営業部隊を育てていくように、自社の内製化技術を育てていくことをおすすめします。

============================

内製化オススメのまとめ▼

・外注よりもコストがかからない

・ノウハウを蓄積出来る

・フレキシブルにスピーディにPDCAが回せる

・自社の強みは自社が一番わかっている

============================

内製化するにあたって、経営TOPがWEBの勉強をすることが必須です!!

経営TOPがHPの制作に関わることが成功の秘訣と言っても言い過ぎではありません。

そもそも、経営TOPがきちんと方針を示し、現状を把握しないと社員は判断が出来ず迷ってしまいます。

迷った状態が続くと、社員のモチベーションは下がり、結果の出るウェブサイトは出来ません。

なので、経営TOPの方がある程度基礎知識をつける必要があります。

shutterstock_308123306

そこで、弊社でWEB担当者を育成する方法や、どうして今WEB担当者を育成すべきかの重要性についてのセミナーを無料で開催しております。

現在のホームページ運用にお悩みの方、これからビジネスに挑戦しようとする方、この機会に是非ご参加ください。

申込はこちらから▼

→ セミナー参加はこちら

セミナー開催日

11月28日(月)16:00-17:00

12月12日(月)16:00-17:00

※各日定員20名

以降の日程はホームページでご確認ください。

→ セミナー参加はこちら

ホームページの運用、内製化にお悩みの企業様は是非、お気軽にお越しください!

それでは、今日も1日頑張って行きましょう~!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です