「伝えたい」が「伝わる」!文章デザイン4原則ってなに?

こんにちは、内定者の角田です。

本日は「文章デザイン」についてのお話をしていきたいと思います。

はじめに

突然ですがみなさんは「デザイン」という言葉にどんな印象をお持ちでしょうか?

かっこいい、きれい、かわいい、などと感覚的なものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

視覚から受ける印象があるためつい制作する側も感覚でデザインしたいところですが、実際はもっと戦略的なものなのです。

せっかく広告やホームページに載せるための文章を考えても、ただつらつらと文章を載せただけではユーザーに読む気を失くされてしまうかもしれません。

そうならないためにも今回は、

「伝えたい内容がちゃんと伝わるようになる」

文章デザイン4原則についてご紹介いたします。

文章デザイン4原則とは

文章デザイン4原則とは、わかりやすい文章をデザインするための4つの法則です。

・近接

・整列

・コントラスト

・反復

この4つの法則を意識するだけで、Webデザインに限らず資料を作成する際やちょっとしたレポートを作る時にも格段にわかりやすくまとめることができるのです。

ここからはこの4つの法則について更に詳しく解説していきたいと思います。

近接

【近接】でのポイントは

関連性が強い要素は近く、関連性が弱い要素は遠くに配置すること

となります。

近接の原則をつかうことで、情報が伝わりやすくなると同時に理解されやすくなるという利点があります。

例えば、本棚などをイメージしてみるとわかりやすいと思います。

漫画や小説がバラバラに棚に置かれているよりも漫画であれば漫画、小説であれば小説が同じ棚にまとめて収納されていたほうが「何がどこにあるのか」が把握しやすいですよね。

また、服屋であればトップスのコーナーとパンツのコーナーが分かれていたり、黒っぽい高級感のある商品とポップな色の商品はそれぞれ分かれていたりする方が見栄えがいいです。

そして何より自分が欲しいものを買うにはどこを見ればいいのかが一目でわかりますね。
この考え方と似ているのがデザインにおける「近接」なのです。

また、近接で大切なことは「余白」です。

大見出しと本文の間、文字と画像の間などついついすべての余白を均等にしてしまっていませんか?

関係する要素同士の余白、そうでないもの同士の余白など一つ一つの余白にも気を配ることで近接を効果的に使っていきましょう。

整列

【整列】とは、文字や画像を揃えることであり

文字の軸を意識すること

がポイントです。

文章は左揃え・右揃えなど要素全体を揃えるだけでとても読みやすいものとなります。

下記の文章をご覧ください。

        突然ですがみなさんは「デザイン」という言葉にどんな印象をお持ちでしょうか?

かっこいい、きれい、かわいい、などと感覚的なものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

視覚から受ける印象があるため、つい制作する側も感覚でデザインしたいところですが実際はもっと戦略的なものなのです。

 

これは冒頭での文章です。

同じ文章であるにも関わらず「読みにくい」と感じた方が多いのではないでしょうか。

それは「文字の軸が揃っていないこと」に原因があります。

左揃えであれば左側に、右揃えであれば右側に文字の軸があります。

しかし先ほどの文章では文字の軸が一定でなく、行のスタート位置がバラバラになっていたり、段落や文章を認識しづらくなっていたりしていため読みづらさを生んでいたのです。

なので、デザインにおいて文字や画像を配置する際には、まず「軸を一定に揃えること」を意識してみましょう。

コントラスト

【コントラスト】では、

情報の優先度を明確にし、はっきりと違わせること

がポイントです。

話す時に抑揚をつけるように、文字の視覚的な目立ちやすさもそれぞれの文章や単語の重要性に応じて変えてみましょう。

フォントや色・サイズを変えながら配置するなど重要な箇所は強調し、そこにユーザーの目を誘導することで格段に見やすい文章となります。

コントラストが使用されているわかりやすい例としては新聞や雑誌が挙げられます。

新聞は見出しと本文の大きさやフォントが違うものであったり、雑誌でも雑誌名と複数ある見出しのサイズやフォントがそれぞれ異なっていたりしますよね。

大きな文字や異なる色でユーザーの目を引くのと同時に、どんなことが書いてあるのかがざっくりわかる。

これこそがユーザーの「おもしろそう」や「読みやすそう」という興味に繋がるのです。

強調すべき要素がわかっていても中途半端な強弱ではユーザーに伝わりにくい場合があります。

情報の優先度が明確になっている場合には臆病にならず思い切って差をつけてみましょう。

反復

【反復】は、特徴的なものを意識的に繰り返し使うことです。

色や線・テーマ・配置など同じデザインのなかで同じ要素を繰り返して使うと全体に一貫性が生まれます。

この法則では、

リズムを意識すること

がポイントとなります。

同じものを繰り返し、リズムをつけることで視覚的な面白さが加わり、ユーザーに読んでもらえる可能性が高くなるのです。

具体的には同じ選択フォームや素材画像を複数回使用していきます。

またそれだけでなく、ボタンや選択フォーム等にもこの法則を適用することで「どこを押せばどうなるのか」が伝わりやすくなるので使いやすさの向上にも繋がります。

これは文章をつくる際も同様です。

文中で印象的な表現を繰り返すことや、「私たち/私達」などといった細かい表現のブレをなくすことで統一感のある文章をつくることができます。

おわりに

今回はわかりやすい文章デザインにするための4原則をご紹介してきました。

近接・整列・コントラスト・反復という4つを意識してデザインするだけで、ユーザーの「読みやすさ」は格段に向上します。

また、これらの原則はデザインだけでなく設計など様々な分野にも応用できます。

ぜひ参考にしてみてください!

参考になったらシェアをお願いします!