★WEB内製化へ★ 制作への重要なポイント!

WEB内製化の1つとして、「WEB制作」を自社でやっていきたい!
というニーズは非常に多いと思います。

なぜなら、
「その方が予算かからない」
「更新のスピードも早い」

などのメリットがあるからですよね!

ただ、待ってください!
本当の目的は最終的にそこ(ホームページ)で売上をあげること
のはずですよね?

では単純に制作を内製化するだけではいけませんよね?

「自社制作をする=自分達の思うように更新する」ではない

自社で制作を進めていく際に、やっていしまいがちなことでもあるのですが、
社内での意見を最優先次項としてやってしまうことです。

もっと言えば、
自身の作りたいもの・見せたいものをつくってしまうこと。

これは非常に危険です。

なぜなら、
そのホームページをみて商品・サービスを買う(決める)のは「ユーザー」だからです。

なら大事なのは、皆さん自身がそのホームページを見ていいな
と思うことでなく、
そのホームページにきたユーザーがいいな、ここで買おうかな
とならなければいけないですよね?

なので、
「制作の技術を学ぶ」
ということは
「自分の思うように制作できる技術を得る」
が目的ではないということです!

大切なのはマーケティング視点

それはどういうこと??
と感じるかもしれませんが、
本来当たり前のことなんですよね。

先程もあげましたが、最終的な目的は「ホームページから売上をあげる」ことのはずです。
そのための目標の1つとして、「自社で制作をする」があるということです。

「自分たちが作りたいものを、すぐに自分たちで具現化する」のではなく、

「売上をあげる」目的のために、
ユーザーが「これ」を求めているから
「それ」をホームページで表現しよう
そしていち早く実現しよう

のために
自社で制作を内製化することが必要であり、
「まずは思ったことを実現できる技術」が必要になるわけですね。

そしてこれが、
マーケティングの視点で制作をできるかどうか?
になるわけです!

制作の技術を学んで、

カッコイイと言われるホームページをつくりたい
最新の技術(仕組み)をつかったホームページにしたい

がゴールではないということです。
それが最終的にユーザーの獲得=売上につながるか?を考えなければいけませんよね。

まとめ

自社で制作を内製化する、そのために制作の技術を学ぶ
というのは必要なことですが、
ほんとうに必要なのは「マーケティングの視点」で制作をすることができるか?
これが一番重要なことなのです。

それを忘れずに、自社内製化を進めていければ、
売れるホームページの実現へ前進ですね♪

これも読もう♪
「ホームページを育てる!」ということ

参考になったらシェアをお願いします!