☆ホームページはつくったら終わり?☆いえいえ、人材と同じ「育てる」ことが大切です!

皆さん、

ホームページをリニューアル完了!!
あとは売上が上がるのを待つのみ♪

そんなことを思い描いている方、いませんか?

もちろん、見映えが新しくなってお客様も新鮮さを一時は感じるかもしれませんね。
でもそれだけです。
ただ見てくれが変わった、ということだけではすぐに飽きてしまいますよね?

それはホームページも一緒ですよ!

ホームページを育てるとは?

新しくホームページをつくり変えた、
これは店舗で言えば内装をリニューアルしたことと同じですね。

では、それだけで売上はあがりますか?
どんなに店舗の内装が評判良くなっても、そこにいるスタッフが対応悪ければお客様は離れていきますよね?
内装が良いと言ったって、そんなのは一時の話で人はすぐ飽きるものです。

では何が大切なのか?
それは常にお客様に対して「おもてなし」ができるかどうかということです。

これは実店舗の話だけではなく、ホームページも同じなんですよね!
ですから、この「おもてなし」ができるようにホームページを育てていくことが重要になるのです♪

 

「おもてなし」ができるホームページに!

では「おもてなし」とは何か?
それはもうおわかりですよね?

STEP 1 ホームページにきたお客様をアテンドし
STEP 2 お客様が探している商品へ誘導し
STEP 3 お客様にその商品の魅力をお伝えし
STEP 4 お客様をレジへ連れて行って
STEP 5 最終的にはお会計をしてもらう

これって当たり前の話ですけれども、
これをお客様にストレス無くおこなえること。
それが最高のおもてなしですよね?

ただこれを実践するのは簡単ではないです。
実際に接客の経験がある方ならおわかりかと思いますが、
お客様によってニーズ・求めているものは違いますし、行動パターンも違います。
なので、お客様のニーズをいち早く感知して、その方にあわせた接客が必要になる。
これって一筋縄で身につけられるものではないですよね。
いろんな経験を積んで成長していくという「過程」が必要ですね。

ということは、ホームページでも同じようにより良いおもてなしができるように改善をしていかなければいけませんよね?
それが改善「PDCA」であり、「おもてなしができるホームページ」にするために、
育てていくということなんですよね♪

 

まとめ

ですからホームページはつくって終わり、あとはほっておく、
そんなことではホームページは育っていくはずはないですよね。

人材と同じく、愛情込めて、時には厳しく(^^)
育てていくことが「売れるホームページ」になるための必要不可欠な要素ですね!

参考になったらシェアをお願いします!