☆自社のWEB担当者に必要な視点は?!☆ 決してWEBに詳しいとかではないですよ♪

自社のWEB担当者を育てる!
そんな時に何を基準に担当者を決めますか?
「あいつはWEBに詳しいから、任せよう!」
こんな決め方してませんか?
それは大きな間違いです、WEB担当者に必要なもの、
それは「商売の道理」を理解しているかどうか?それが大事です。

WEBの担当者に必要な視点とは?

WEBの担当者だからといって、WEBに詳しくなければできない!
そんなことはありません、なぜならWEBに詳しいかどうかは、「ものを売る」ということとは関係が無いからです。

何か商売をする時、何を考えますか?

「誰に」
「何を」
「どのように売るか」

これって商売の本質ですよね、
実はこれが一番重要なんです!

WEBに詳しい、ホームページがつくれる、そんなのは関係ないんです!

WEBだろうが、実店舗だろうが原理は同じ、
「商売の道理に立ち返ること」ができるかどうか。
これが一番重要な視点なのです!

「売れるホームページをつくる」ということ

「売れるホームページ」とは要するに、
『商売の道理を実践できているか』それだけです。

なのでWEBでのテクノロジー・テクニックは二の次です。
カッコイイホームページをつくれば、お客様が増える・売上があがる!なんてのは勘違いです。

だってそうですよね?
それが店舗なら、内装がカッコイイだけで売上はあがりますか?

「店舗の宣伝をして、人を集める」
「店舗の中でお客様のおもてなしをする」

『おもてなし』とは、お客様をアテンドして、求めている商品へ誘導し、最終的にはレジまで連れて行き、お金を払ってもらうことです。
だからお客様はその店舗で買い物をする=「売上があがる」のですよね。

ですから、WEBで実現することも基本は同じ!
「商売の道理」をWEB上でも貫くことなんです。

まとめ

皆さんのホームページの目的は、
会員を集める・店舗へ誘導する、ECであれば商品を購入してもらうなど様々ですよね。
ただ最終的な目的は共通で「売上をあげること」だと思います。

ですから、この『商売の道理』を理解し・実現すること。
これができる方が自社のWEB担当者にふさわしいですよね!

ホームページをつくることが目的ではなく、
『売れるホームページをつくること=ホームページから売上をあげること』
が目的である。

これを理解し、実践できる担当者を育てることが、
業績アップへの近道ですね♪

 

参考になったらシェアをお願いします!