【Instagram】ビジネスアカウントに切り替えよう

はじめに

こんにちは、内定者の篠原です。

企業のInstagram運用者の皆さん、ビジネスアカウントの切り替えは済んでいますか?

Instagramには、ビジネスツールと呼ばれる3つの便利な機能があるのです。

しかし、その機能を利用するためには、まずはビジネスアカウントへの切り替えが必要です。

今回は、その切り替え方法について、詳しくご紹介します!

 

Instagramのビジネスツールとは

Instagramのビジネスツールとは、企業がInstagram上でユーザーとコミュニケーションをとる際に役立つ機能、①「ビジネスプロフィール」②「Instagramインサイト」③「投稿の宣伝」のことです。

ビジネスツールを利用するためには、まず個人向けのアカウントからビジネスプロフィールに切り替える必要があります。

 

ビジネスアカウントの設定方法

それでは、ビジネスアカウントの設定方法をご説明します。

 

※ビジネスアカウントに設定する前に

ビジネスアカウントに切り替えるためには、Facebookページおよび、そのFacebookページの管理者になっているアカウントが必要になります。

もし、Facebookのアカウントがない場合は、Facebookページの開設から始めましょう。

 

※ここからは、弊社の運営する小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」のアカウントの画面を使って説明していきます。

①プロフィール画面から、右上の歯車アイコンをタップします

②「ビジネスプロフィールに切り替える」をタップします

③「Instagramビジネスツールへようこそ!」という画面が表示されたら、「次へ」をタップします

④次に表示される「ビジネスプロフィール」から「広告」までのビジネスツールの説明を読み、それぞれ「次へ」をタップします。

⑤「Facebookにリンク」というページになるので、「ページを選択」をタップします

⑥次のページで、管理しているすべてのFacebookページが表示されるので、関連付けたいアカウントを選択し、「次へ」をタップします

⑦次に、ビジネスプロフィールの設定画面が表示されます

メールアドレス・電話番号・住所のうち最低1つを入力し、「完了」をタップします

⑧ビジネスアカウントの設定が完了した旨のメッセージが出れば、完了です

⑨最後に、プロフィール画面を確認し、「電話する」「メール」「道順」のボタンが表示されていることを確認しましょう

※設定の際に、電話番号を入力していれば「電話する」、メールアドレスを入力していれば「メール」、住所を入力していれば「道順」が表示されます。

 

以上が、ビジネスアカウントの設定方法となります。

 

ビジネスアカウントに設定して制限される2つのこと

①非公開アカウント

ビジネスアカウントに設定した場合、非公開アカウントを利用することはできません。

ビジネスアカウントに切り替えたい場合は、必ず非公開アカウント設定を解除する必要があります。

②関連付けたFacebookアカウント以外の使用

ビジネスアカウントの投稿をFacebookでシェアしたいとき、ビジネスアカウントの設定で関連付けたFacebookのアカウントでしか、投稿をシェアすることができません。

もし別のFacebookアカウントで投稿をシェアしたい場合、一旦個人用アカウントに切り替えてから、その後またビジネスアカウントに設定し、希望のFacebookページと関連付けましょう。

※個人用アカウントの切り替えは、プロフィールページの歯車マークをタップして、「個人用アカウントに切り替える」をタップすれば、簡単に切り替えることができます。

 

ビジネスアカウントに設定してできる3つのこと(ビジネスツール)

①ビジネスプロフィール

メールアドレス・電話番号・住所を連絡先として登録できる「ビジネスプロフィール」。

利用者が企業にコンタクトを取る方法を選択でき、店舗等の位置情報も掲載できます。

これまでは、ユーザーが企業アカウントに連絡をとる際は、投稿のコメント欄やDM(ダイレクトメッセージ)のみとなっていました。

ビジネスプロフィールを導入することで、ユーザーと企業間の連絡がスムーズになり、双方にとって大きなメリットにつながります。

②インサイト

運営しているアカウントのフォロワーのデータや、投稿に対してどのようなアクションが起こっているのかなどを知ることができる分析ツールです。

アカウント全体に関するインサイト、投稿した写真に関するインサイト、フォロワーに関するインサイト、ストーリーに関するインサイトと、4種類の詳細を確認することができます。

インサイトから得た情報をもとに、Instagram運用の戦略をたてることができるため、コンテンツマーケティングに最適なツールです。

③投稿の宣伝

ビジネスアカウントに設定すると、過去の投稿を広告として出稿することができます。

広告の配信内容は自分で決めることができ、ターゲットの趣味・地域・年齢・性別などの設定や掲載期間も選択することができます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は、Instagramのビジネスアカウントへの切り替え方法、またビジネスツールについてご紹介しました。

次の投稿では、ビジネスツールの「インサイト」と「投稿の宣伝」について詳しくご紹介していきます!

お楽しみに。

参考になったらシェアをお願いします!