Webマーケティングの重要用語まとめ

はじめに

こんにちは。

ミスターフュージョンの鈴木です。

Webに関する仕事をしていると、様々な数値データを扱う場面も多いかと思います。

特に初心者の方の中には

「難しい用語がいっぱい出てきて意味が分からない!」

という方や

「アルファベットの略語が分からない!」

という方は意外と多いのではないでしょうか。

今回はそんな方向けに、重要なWebマーケティングの用語を一つ一つ解説していきたいと思います!

これらをマスターすれば数値データを元に分析ができるようになります!

しっかり覚えておきましょう。

 

重要用語解説

一般用語

 

・SEM(Search Engine Marketing)

検索エンジンマーケティングの略語です。

検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法の事です。

SEOリスティング広告がその手法の一つです。

 

・SEO(Search Engine Optimization)

検索エンジン最適化の略語です。

Webサイトが検索結果でより多く露出されるために行う一連の施策の事です。

 

・リスティング広告

検索キーワードに応じて表示される広告の事です。

検索連動型広告と呼ばれる事もあります。

 

・SMM(Social Media Marketing)

ソーシャルメディアマーケティングの事です。

TwitterやFacebookなどで企業のアカウントを作成して、顧客とコミュニケーションを図ったり、キャンペーンを行ったりする事を指します。

 

・ランディングページ(LP)

検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページの事です。

皆さんが今見ているこの記事もLPの一つです。

 

・流入経路

一言で説明すると、「そのサイトを訪問したきっかけ」という意味です。

これを見ればそのサイトに訪れた人がどこから来たのかを知る事ができます。

 

・トラッキング

インターネット上でのユーザーの行動を記録する事です。

ユーザーがどのような経路でそのサイトに流入したか、そのサイト内でどのページをどれぐらいの時間閲覧したか、などを知る事ができます。

 

・オーガニック検索

検索結果画面に表示されるリストのうち、リスティング広告のような広告枠を含まない部分です。

SEOの対象になります。

 

・ビックキーワード

検索エンジンで極めて多く検索されるキーワードの事です。

 

・スモールワード

検索エンジンでめったに検索されないキーワードの事です。

 

・ブランディング

商品やサービスについてユーザーに共通のイメージで認識してもらう事を言います。

例えば、「高級な、サービスが充実した、おしゃれ」などです。

 

・エンゲージメント

企業や商品ブランドなどに対してユーザーが愛着を持っている状態の事です。

使用例:エンゲージメントを高めて、顧客の固定化を図る

 

数に関する用語

・セッション数

訪問者がそのサイトを閲覧し離脱するまでを1セッションとカウントします。

その際のサイトへ訪問した延べ人数の事です。

例えば、朝に一度訪問し、夜にまた同じサイトに訪問した場合は、2回としてセッションがカウントされます。

ただし1回流入をしてから30分以上動きがなかった場合、そこから再度ページを回遊すると新しいセッションとしてカウントされます。

 

・ページビュー(PV)

Webサイト内のページが表示された回数の事です。

例えば、1回のセッションで4ページ閲覧されるとPVは4加算されます。

 

・ユニークユーザー数

ある一定期間でそのサイトに訪問したユーザー数の事です。

その間、同一のユーザーが何回訪れようとユーザー数は1となります。

 

・コンバージョン(CV)

サイトに訪れたユーザーが、そのサイト上で商品の購入や会員登録、お問い合わせ等、サイト運営者にとって成果とみなされる行動をとった数の事です。

 

・インプレッション(IMP)

広告が表示された総数を表します。

IMPは広告の表示回数、PVはページの表示回数です。

混同しないように注意しましょう。

 

・クリック(CT)

広告がクリックされた回数の事です。

 

割合に関する用語

・クリック率(CTR)

(CT/IMP)×100 で表されます。

インプレッション(IMP)に対してどれだけクリック(CT)があるかという割合です。

 

・コンバージョン率(CVR)

(CV/セッション数)×100で表されます。

セッション数に対してどれだけコンバージョン(CV)があるかという割合です。

 

費用に関する用語

・クリック単価(CPC)

1クリック(CT)あたりにかかる費用の事です。

 

・コンバージョン単価(CPA)

1コンバージョン(CV)あたりにかかる費用の事です。

 

・インプレッション単価(CPM)

1,000ページビュー(PV)あたりにかかる費用の事です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

これらはかなり使うことが多い用語です。

似ている意味の用語も多いので間違って覚えないように気をつけましょう!

全て覚えれば、Webページや広告の解析がしやすくなります!

是非何度もこの記事を見て復習していただけたらと思います。

 

今回ご紹介しきれなかったこともまだまだありますので、質問がある方はこちらからお問い合わせください。

▼メール

https://mrfusion.co.jp/form/contact/

▼電話

03-5495-7355(担当:増田 9:30〜18:30)

参考になったらシェアをお願いします!