知らないと損をする!大手メディアを活用する「プレスリリース活用方法」

こんにちは!「WEB制作」内製化支援.comの山田菜々子です。

あなたの会社は、プレスリリースの有効活用ができていますか?

実はほとんどの中小企業様はプレスリリースを打ったことがありません。

そもそもプレスリリースってなに?

プレスリリースとは、報道機関に向けた情報の提供・告知・発表のことです。

従来、ファックスで各メディアへ送信してきましたが、現在はメールで送ることも多くなりました。

送り先は、自社の商品やサービスの情報を取り上げてくれそうなテレビ局や雑誌社。

新しい飲食店オープンのお知らせなら、テレビ各局はもちろんグルメ情報誌、地域情報誌、トレンド情報を取り上げているファッション誌なども送信先になるでしょう。

新聞社にも送る必要がありそうですね。

テレビや雑誌だけでなく、マッチしそうなウェブメディアにも送ります。

メディアを活用する「プレスリリース活用方法」

広告とプレスリリースの違い

広告とプレスリリースの違いは、一般的にお金を払うか払わないかの違いと言われます。

広告・・・広告(枠)をお金で買う→必ず掲載される!

プレスリリース・・・無料で記事にする→掲載はメディア次第!

広告であればお金を払うことで広告枠を購入することができ、掲載されることが約束されます。

それに対しプレスリリースはあくまでお知らせであるため、掲載するかどうかはメディアが決定します。

また、広告の場合は広告欄に掲載されるのに対し、プレスリリースきっかけで記事に起こしてもらう場合はそのメディアの記事枠に載せてもらえるというのも大きな違いでしょう。

閲覧者にとっては広告枠としてみるより、記事の一つとしてみるほうが素直に記事内容を信頼できます。

そのため、マスコミは視聴者や読者にとって役立ちそうな情報をピックアップします。

インターネットで検索するユーザーは、自分が気に入った情報や切り口が斬新で面白いものなどをシェアします。

プレスリリースを打つことで期待される効果

ニュースとして取り上げられたり、雑誌掲載や取材が入ったりします。

ヤフートップニュースもプレスリリースの結果掲載されたりします。

プレスリリースの打ち方

原稿を自社で送る方法や、原稿から配信まで代行してくれる会社があります。

価格比較はこちら▼

ライティングの代行や、配信の代行サービスはありますが、自社で記事を書き配信すれば1記事最安値で2.5万円からプレスリリースの配信ができます。

効果的な効果的なプレスリリースや記事の書き方は過去の記事を参考にしてください!

今回は業界ナンバーワンPRTIMESを活用してプレスリリースを送る手順をご説明します。

PRTIMESについて

PRTIMESの特徴は国内ナンバー1のシェアを誇り、上場企業の約23%が利用していること。

なかでも、朝日新聞社や日経新聞社、フジテレビやTBS、講談社やKADOKAWAなど、多くの大手メディアがPRTIMESを利用しているのは大事なポイントです。

つまり、自社や競合のリリースを確認するために、上場している影響力の強い企業やメディア自らがPRTIMESをよく閲覧しているということ。

その際、彼らの目にとまって、上場企業とのパートナーシップを築くことになったり、記事化につながる可能性があるということなんです。

さらにPRTIMESは、東証一部上場企業のPR会社ベクトルグループです。

戦略PR、映像制作、アドテクに海外展開…幅広く事業展開しているベクトルグループでは、徹底的にPR活動をサポート。

1本1本のリリース配信の効果だけではなく、企業のPR戦略の1つとして、いかに効果的にリリース配信を行うかという視点でアドバイスを受けることができます。

1本からの利用でも、担当者から丁寧なアドバイスを受けられます!

切り口や書き方について、気軽に相談に乗ってくれるのです。追加料金なしで!

頼んでいないのに配信予約をしておいただけで、電話をくださったこともあります。

リリース内容が悪かったからではなく、「こういう書き方の方が効果が期待できますよ」というアドバイスをいただけます。

リリース掲載サイト:PRTIMES

登録の仕方

「PRTIMESの配信を依頼」を押し、必要情報を記入します。

必要情報を打ち込めば、登録完了です。

早速プレスリリース内容を打ち込みましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に、書き方のコツは共同通信さんが「プレスリリース作成の10原則」という形でまとめてくださっているので、この原則を参考にしてください

プレスリリース作成の10原則

1.タイトルと見出し、リード文が勝負
2.事実を正確に
3.結論を先に
4.専門用語は極力少なく
5.告的な表現や余分な形容詞は避ける
6.具体的な数字データを
7.1センテンスは50字以内、3行止まりを目安に
8.資料は別添に
9.読みやすいレイアウトに
10.素材によって提供する“相手”を変える

文章を書くのが苦手という方は、プレスリリース作成代行を頼んで送ってみるのもありです!

せっかく会社で新しい取り組みをするのであれば、広く認知されるようにぜひプレスリリースを活用ください!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です