Twitter、正しく使えていますか? 効果的な活用方法とは

はじめに

こんにちは、内定者の浅羽です。企業のプロモーションの際、SNSの活用は欠かせないものになってきていますね。今回は、その一つであるTwitterについて、メリットや活用方法についてお伝えします。

1. Twitterを活用するメリット

Twitterの公式サイトを参照すると、以下のようなことが挙げられます。

①ブランドの認知度を高められる

Twitterを利用し、定期的にフォロワーとコミュニケーションをとることで、自社の商品・サービスへの認知度を上げることができます

②リアルタイムで情報を拡散できる

Twitterを使うと、リアルタイムで自社の情報を発信することができます。
また、自社に関する情報や、自社と関連のある話題もリアルタイムに知ることができ、それに合わせたプロモーションを実施することで、自社の情報をより広く拡散することができます

③見込み顧客や影響力のあるユーザーとつながることができる

今まで接点のなかった方から自社の商品・サービスをフォローしていただけると、見込み顧客になってもらえる可能性が高まります。また、影響力のあるユーザーは、情報の拡散性を強めてくれます。

④問合せに素早く回答できる

カスタマーサービスとしてTwitterを活用すれば、顧客からの問合せに迅速に対応することができます。迅速な対応は、会社の信頼を高めることにもつながります。

2. プロモーション方法について

Twitterを使ったプロモーションの方法としては、「自社アカウントでの投稿」、「広告の利用」、「インフルエンサーの活用」の3つがあげられます。

①自社アカウントでの投稿

自社のアカウントを作り、商品・サービスについてのツイートを投稿することができます
時節に合ったタイムリーな情報や、ユーザーのためになる情報を発信し、ユーザーが拡散したくなる投稿をすることを心掛けましょう。情報の拡散とともに、新しいユーザーとの接触が見込めます。

②広告の利用

Twitter広告には、「プロモアカウント」、「プロモツイート」、「プロモトレンド」の3種類があります。

・プロモアカウント

フォロワーの獲得が目的です。親和性の高い利用者のおすすめユーザーに、アカウントを表示させることができます。料金はフォロワー一人に対し、80~100円程度です。

・プロモツイート

ツイートの拡散が目的です。親和性の高い利用者のタイムラインに、「プロモーション」の文字付きでツイートが表示させることができます。料金は一つのエンゲージメントに対し、70~80円です。

・プロモトレンド

イベントの拡散が目的です。すべての利用者のトレンドエリアに、拡散したいワードを表示させることができます。料金は一日420万円程度です。

③インフルエンサーの活用

インフルエンサーとは、SNS上で多くのフォロワーを集め、他人に強く影響を与えている人のことです。
1フォロワーあたりの費用の目安は、5円程度といわれています。そのため、10万人のフォロワーがいるインフルエンサーであれば50万円が目安となります。

3. Twitterの特徴

プロモーション時には、Twitterの特徴をふまえた上で投稿をする必要があります。
Facebookやインスタグラムなどの他のSNSと比べ、大きな特徴としては、投稿がタイムリーに時系列に並ぶ、投稿がフォロワー全員に届く、リツイートがどんどんされて不特定多数に情報が届く可能性がある、という3点があげられます。

最も重要なのは、公開でつぶやいた内容がどんどんリツイートされることによって、フォロワーのフォロワーすら超えて全く知らない人にまでつぶやきが届くことが多々あるということです。企業活用においても、良くも悪くもフォローしてくれている人以外にも投稿が届く可能性があるという、Twitter特有のオープンさを常に意識しておく必要があります。

4. Twitterへの効果的な投稿方法

Twitterプロモーションにおける重要な指標として、「インプレッション率」(1投稿あたりに届けられるユーザーの数)が挙げられます。Twitterでは投稿が時系列に並ぶため、何よりも投稿のタイミングが重要です。「質」を追求するよりも、ある程度の質を担保しつつ、「量」、つまり露出の機会を増やすことでインプレッション率を高めていきましょう。

・投稿すべき時間帯

時間帯では昼の11~13時、夜20~23時に反応率が高くなる傾向があるので、まずはこの時間を狙ってみるといいでしょう。複数の投稿時間を試しながら、自社アカウントにもっとも合った時間帯を見つけるのが重要です。

・投稿頻度

Twitterでは、タイムラインにアルゴリズムが無く、基本的に時系列で表示されるので、投稿数が多いほどユーザーの目に触れる確率が高ります。最低でも1日1回、できれば2~3回以上投稿しましょう
Facebookに比べると、Twitterは、顔文字や記号を使い、より砕けた表現が好まれます。ユーザーと企業アカウントの距離が近いので、投稿内容も親近感が湧くようなものだと受け入れられやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
一口にSNSといっても、その活用の適正ややり方は様々です。今回紹介した、Twitterの特徴を生かした活用を心がけてみてください。
次回はTwitter広告について、詳しく解説いたしますので、是非そちらも併せてご参照ください。

参考になったらシェアをお願いします!