売り上げを上げるホームページの作り方

こんにちは。内定者の村越です。

皆さん御社のホームページはございますか? 現代はホームページを持っているのが当たり前になりましたね。しかし、お客様に情報を提供するために便利なホームページではありますが、時代の流れに合わせて作ってみただけになっていませんか?きちんと売り上げに貢献していますか?

売り上げに繋がっていなければホームページを持っていても、ただ出費がかさむだけです。
そうならないために、今回は売り上げを上げるホームページを作る秘訣をご紹介します。

ホームページのゴール(目的)

お客様がホームページを見た後にどうなってほしいか。そのゴールを設定します。以下に代表的な例をあげます。

・商品やサービスの認知
・お問い合わせ ・資料請求
・店舗への誘導/集客
・求人確保 ・ショッピングサイト(ECサイト)の売り上げ増
・サンプル
・情報発信

このような目的が挙げられます。そしてこの目的が達成された後は、御社とお客様の一対一の関係に持っていく必要があります。一対一になった時はさらにお客様の考えを深堀し、契約成立まで持ち込みます。
でもその前に、まずはこのゴールを明確にしてから取り組んでくださいね。ゴールが明確であればスムーズにホームページの運営ができます。

トップページには3秒で何屋か分かる写真や文を入れる

人が物を見る時、初めに目に入った瞬間から3秒で、このまま読み進めるか、ページから離れるかを判断すると言われています。そこで、誰もが3秒でどんな店かを理解できる内容を入れましょう。
決して商品・サービスと異なる画像や文面を入れないようにしてください。


これでは、野菜や肉を配達してくれるというイメージがわきません。

商品の写真や口コミを入れる

商品と価格の提示

商品画像があることで、イメージができ安心して購入できるようになります。特にショッピングサイトでは、実際に目で見ることができません。そのため、できるだけ利用時の様子が分かる写真を選びましょう。例えば洋服を扱うお店であれば、平面に置かれた写真よりも、実際にモデルに着用してもらう方が分かりやすいでしょう。

また、写真とともに価格が提示されることで、安心して買い物カゴに入れられますし、他商品・他サービスとも比較検討がしやすくなるでしょう。

 

お客様の口コミ

お客様からの感動体験や役に立ったエピソードが口コミとしてあることで、これを見た別のお客様が自分もやりたい!こうなりたい!と感じ、新たなお客様になっていただける可能性が高まります。お客様は様々な商品やサービスと比較してその商品やサービスを選ばれます。そういったお客様の生の声があることで自然と自社の強みがはっきり見えてくるようになるのです。またその声がネットを始めとする口コミで他のお客様に広く伝わっていくのです。価値というのは、自身が理解しているよりも意外と身近なお客様から教えてもらうという場合も少なくありませんよ。

 

現場の声

求人募集をする際には、実際に現場で働いている社員の声を複数入れ、できれば動画を撮ると効果的です。そうすることで会社の基本情報だけでなく、職場や社員の雰囲気を伝えられます。現場社員の声があることで、求職者には仕事内容や職場を理解したうえで申し込んでもらえるため、会社とよりマッチングする確率が高まります。
その際に、実際の写真・名前を入れましょう。そうすることで説得力が増します。またコメントはコンスタントに更新することで、人気店だということを表現できます。日付も忘れずに入れましょう。

無料のものがあると反応が大きい!

“無料”というワードがあるだけで、手を伸ばしやすくなります。

例:無料サンプル、無料体験、無料診断、無料ダウンロードなど。

他にも資料請求やクーポンなどこういったものも無料コンテンツに含まれます。

「興味はあるがお金を出して試そうという勇気はない」
「無料なら試してみよう」

というキッカケを作ることができます。まずはお客様に試してもらい、商品・サービスを気に入っていただければ、自ずと売り上げアップに繋がっていきます。

有益な情報 (事例を紹介)

例えば、コラムや基本的な業界知識、この記事のようにノウハウを説明するための記事などがあります。

「新入社員にも分かる教え方」
「花粉撃退法」

このような日々の生活で起こる問題の解決法を掲載することで、興味を持ってみていただけますし、その後はこんなに助けてくれるなら頼もう!と購入に繋がるでしょう。

単に「お問い合わせはこちら」のようなアイコンだけでは、なかなかお問い合わせや会員登録に持っていくのは難しいと思います。しかしお客様に価値ある情報だと判断されることで、一対一のビジネスに持ち込めるのです 。また見込み客にもアプローチが効果的にできるようになります。

販促物と組み合わせて、集客力アップ

例:DM・折り込みチラシ・フリーペーパー・セミナーなど。

検索エンジンだけでなく、なにか販促物を見たキッカケで調べてくれるお客様もいます。そのためポスティング用のビラや店内に設置するポスターやビラには、ホームページに誘導できるようURLやQRコードを載せましょう。

まとめ

いかがでしたか。時代に合わせてホームページを作ってみたけれど、そこからなかなか売り上げに繋らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。しかし諦めないでください!ホームページも実店舗も考え方は同じです。商品・サービスを購入してくださるお客様に必要とされるコンテンツやデザインにすることが大切です。これを意識して作ってみてください。

参考になったらシェアをお願いします!