知っていますか?Twitterアナリティクスの始め方、見方

はじめに

こんにちは、内定者の浅羽です。みなさんは、Twitterアナリティクスをご存知でしょうか?Googleアナリティクスを使ったことがある方は、ある程度似ているので、どんなものか想像がしやすいかもしれません。

Twitterアナリティクスを使うと、運営しているTwitterのアカウントに、ユーザーがどのように反応してくれているかを見ることができます。ユーザーの動向を分析すれば、改善案を出してより良いTwitter運営をすることができますね。

今回は、Twitterアナリティクスの基本のきである、始め方、ページの見方についてご紹介します。

1. Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスとは、Twitter社がサービスを提供している、自身のTwitterの運用レポートが見られる解析ツールす。利用は無料ですることができます。

主に解析できるものとしては、

・自分のツイートがどれくらい他のユーザーのページに表示されているか。
・他のユーザーから自分のツイートに対して、どれくらいの反応があったか。
・自分のプロフィールページがどれくらい見られているか。

などといった「ツイートの解析」、

・フォロワーの特徴(居住地域・性別・興味のある分野など)
・フォロワーの増加率
・フォロワーからの@ツイートの数

などといった「フォロワーの解析」があります。

2. Twitterアナリティクスの始め

ブラウザを通してTwitterアナリティクスのウェブサイト https://analytics.twitter.com/about にアクセスします。
スマートフォン等のTwitterアプリから始めることはできないので、ご注意ください。

Twitterアカウントでログイン」をクリックし、TwitterIDとパスワードを入力してログインします。

アナリティクスを有効にする」をクリックします。

そうすると、Twitterのホーム画面のメニューに「アナリティクス」のボタンが追加されるので、こちらをクリックすると利用できます。

3. Twitterアナリティクスの見方

3-1. ホーム画面

Twitterアナリティクスでホーム画面を開くと、1番上に「過去28日でのパフォーマンスの変動」の文字が出てきます。こちらでは、直近28日間(つまり4週間)について、以下に書いた内容を表示しており、以前の28日間と比較してどのように変化したかを見ることができます。

ツイート:自分のツイートした数
ツイートインプレッション:他のユーザーのタイムラインに自分のツイートが表示された数
プロフィールへのアクセス:自分のプロフィールページが見られた数
@ツイート:自分に宛てられたユーザーのツイートの数(ユーザーからの返信数。自分で自分に返信をした数も含みます。)

新しいフォロワー:新しく増えたフォロワーの数

これらの内容の下にある、”Feb 2019”など、月と年が書いてあるところが、「月別の概要」です。こちらでは、各月ごとに以下の内容を表示してくれます。

トップツイート:インプレッション(ツイートの表示回数、ユーザーがツイート目にした回数)が最も多かったツイート

トップの@ツイート:エンゲージメント(ユーザーからの返信)を最も獲得した自分宛のツイート

トップフォロワー:その月に増えたフォロワーの内、フォロワー数が最も多いユーザー(アカウント)

トップのメディアツイート:最も多く表示された画像や動画付きのツイート

また、「ツイートアクティビティを表示」のボタンからは、「インプレッション数」や「エンゲージメント総数」などを見ることができます。詳しくは次の項目で解説します。

3-2. ツイート画面

「ホーム」ボタンの隣にある、「ツイート」ボタンをクリックすると開きます。

画面上部の「ツイートアクティビティ」では、直近の28日間のインプレッション数の推移を、棒グラフで確認することができます。数を集計する日数は、右上の、初期設定では「過去28日間」と書かれたボタンから変更できます。

また、その下の、「ツイート」の項目では、各ツイート別に以下の項目を表示しています。

インプレッション:他のユーザーのタイムラインに、自分のツイートが表示された数
エンゲージメント:自分のツイートに対して、他のユーザーから反応が得られた数
エンゲージメント率:インプレッションの数に対して、獲得できたエンゲージメントの割合(エンゲージメント数÷インプレッション)

これらの数字を見ることで、どのようなツイート・内容に対してユーザーが多く関心を持っているかを分析することができます。エンゲージメントの多いツイート内容を分析することで、自社のフォロワーにより効果的なツイートの内容を検討できますね。

さらに、ページ左の「エンゲージメント」の欄では、過去28日間で、日別に他のユーザーからどのような反応が得られたのか、「エンゲージメント率」や「リンクのクリック数」のグラフ表示されています。日の平均も割り出してくれます。

他には、ユーザーからの「リツート」「いいね」「返信」の数が分かります。グラフにカーソルをあてると、各日付ごとの数を見ることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Twitterアナリティクスの始め方、見方について、基本をご紹介しました。次回も引き継ぎ、見方、そして肝心の効果的な使い方をお伝えします。そちらも併せてご参照ください。

 

参考になったらシェアをお願いします!