SNSマーケティングについて〜各メディアの効果的な利用方法〜

こんにちは!ミスターフュージョンの西村です。

みなさんSNSのアカウントを持っていますか?
LINEやTwitterなど何かしらのSNSのアカウントを持っている人は多いのではないでしょう か?

では、
今日1日でそのSNSに触れた回数は何回ですか?
触れていた時間はどれくらいですか?

通勤時間やちょっとした隙間時間にSNSをチェックしてしまいがちではないでしょうか。
そのSNSをマーケティングに活かすことができれば良いとは思いませんか?
そこで、今回はSNSマーケティングについて紹介します。

SNSマーケティングとは?から各SNSについても紹介するので、
よろしければ最後までお付き合いお願いします。

SNSマーケティングとは


SNSマーケティングとは、LINEやTwitter、FacebookなどのSNS(Social Networking Service) を用いることで、企業のブランド力を強めたり、商品やサービスに対する顧客の認知度や好感度をあげることを目的としたマーケティング活動です。

近年はスマートフォンの普及とともにSNSの発達も著しいです。
今まで、ユーザーは情報を集めるときに、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使うケースが多かったのに対し、近年はSNS経由で情報を集める人も増えています。

友人やインフルエンサーの情報をもとに、今度行きたいお店を見つける、Instagramの写真からファッションアイテムを購入するなど、SNSの情報を活用するユーザーが増えています。 そのため、B to C向けのサービスであれば、今では検索経由の流入よりも、SNSの経由の流入の方が多いという場合も珍しくありません。

SNSマーケティングのメリット

1. 企業と顧客にフォローの関係が生まれる

SNS上では、顧客との間にフォローの関係が生まれます。フォローの関係ができあがればば、何度も見てもらうことができ、サービスの魅力もリアルタイムでより伝えることができます。ユーザーにフォローしてもらうために、情報価値のあるコンテンツを作り続けることが重要です。

2. 拡散力が高い

「人」は結局「人」に動かされます。その点、友人がSNSにあげていたから、好きな有名人が使用していたから、という理由で集客やサービスの利用につながります。 この点においてシェア機能やリツイート機能のあるSNSは大きな拡散力を持ってい ます。
※シェア機能・リツイートとは、自分が「良い!」と思った情報を自分のSNSを通じて友人知人に拡散できる機能です。

3. 企業と顧客との距離を縮められる

SNSにはコメント機能があります。この機能によって顧客とのコミュニケーションを図ることができます。良い意見も悪い意見もサービスに反映して、SNSをよりよく改善していきましょう。

4. 潜在層にアプローチできる


SNSマーケティングでは、顕在層へ効果的にアプローチできます。
顕在層とは、サービスや商品の概要がわかっていて、興味を持ってくれている、あるいは購入等も考えている層です。
知識が全くない顧客を購入まで誘導するよりも、ある程度知識や興味がある顧客を誘導する方が顧客の感情を購入まで動かしやすいため、圧倒的に有利でしょう。

主要4SNS比較

今回は、日本でも広く普及しているFacebook、Twitter、Instagram、LINEの4つのSNSを比較します。


※ユーザー数は月間

SNSマーケティング成功事例

SNSマーケティングの成功事例として、LINE@の成功事例を紹介させていただきます。

株式会社ビューマインド様
セッション数 1000以下→1968達成!

株式会社ビューマインド様(まつげエクステ専門店)では、LINE@で画像を配信すると、セッション数が通常1000以下だったものが1968まで伸び、スマホからの予約数を1日85件取ることに成功しました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
各SNSの違いや効果をきちんと理解して、商品やサービス、会社の魅力を十分に伝えることができるSNSマーケティングができることを応援しています!

 

 

参考になったらシェアをお願いします!