何が正解?SNS運用の方法それぞれ

SNS、上手に活用してますか?

 

会社にとってSNSは、会社のサービスや商品を、不特定多数の顧客に、低い費用で認知させることが出来る有用な広告であると共に、消費者の意見や、情報をくみ取る貴重なタッチポイントでもあります。

 

SNSを利用している企業ではSHARPのように、SNSを使ってビジネスを成功させている企業も多くあります。

 

SHARPなど優良企業のSNS活用事例はこちら

 

SNSはビジネスにおいて大きな強みとなりうることが上の記事などから証明されています。

 

しかし、ただ闇雲にいろいろなSNSのアカウントを作り、同じような運用をすることに意味があるのでしょうか。

正直、微妙といわざるを得ません。

 

消費者とのタッチポイントが増えるという点では、SNSのアカウントを多く持っていることは有用といえますが、それぞれのSNSの特徴を理解し、それぞれに合った運用をすることで、より効率のいい、コンバージョン率の高い運用をすることが出来ます。

 

今回は代表的なSNSである、Facebook、Twitter、Instagramを例に挙げ、特徴や、運用方法を紹介していきます。

 

各SNSの特徴

 

Facebook(主に20~60代の方が利用)

 

テキスト、リンク、画像、動画など、Facebookはどんなフォーマットにも対応しているオールマイティなSNSです。

 

国内では、積極的に活用しているユーザーの年齢層が30代、40代が多いとされていますが、ビジネスパーソン全般に幅広く使われています。ベンチャー企業などではFacebookを通じて、仕事のつながりを持っている方も多くいらっしゃるため、比較的フォーマルな場とされています。

 

Twitter(主に20~40代の方が利用)

Twitterは140字以内という短文で発信できる比較的お手軽な印象を受けるSNSです。

 

他のSNSと比較して、RTという方法でほかのユーザーと共有がしやすく、またハッシュタグによってほかのユーザーとのコミュニケーションが一般化しています。

 

また一度ツイートが注目され、いいねやRTを獲得すると、芋づる式に反応が獲得でき、多くの人の目に留まる、いわゆるバズる事があります。

 

バズることを狙ってツイートするのは至難の業ですが、多くの人が信頼をもってRTした投稿ということが認定され、商品やアカウントに箔が付きます。

 

Instagram(10代がら30台の女性が利用)

 

ビジネスプロフィールの機能が用意されてから、ビジネス利用が急速に進んでいるInstagram。

女性の利用者が多いことから、特にファッション、美容、料理や飲食店などのサービスが活発です。またストーリー投稿という24時間限定投稿が登場したことで気軽に投稿や閲覧をする人も増え、自ら投稿はしませんが、ストーリーを見るだけの為にアカウントを開設しているユーザーも多くみられます。

それぞれの運用方法

 

Facebook

 

Facebookを運用する際の注意事項として、注意すべきことは「まず画像で目を引く」ということであると言えるでしょう。

 

FacebookはTwitterやInstagramと違って、時系列で投稿が表示されるわけではなく、友達や家族の投稿に加え、趣味のグループ、「いいね!」しているFacebookページの投稿など、様々な投稿がひしめきあっています。

 

そうした中で自社の投稿を見てもらうには目立つ画像を用いて、クリックして、詳細を見てもらう必要があります。

 

詳しい文章を作っていたとしても読んでもらえなければ意味がないため各所で有用な画像をお金をかけてでも作っておく必要があるでしょう。

 

Twitter

 

Twitterはとにかく簡潔さが命です。

 

140字以内の投稿で構成されているTwitterでは「いかに少ない文字数で自社の商品をアピールできるか」が勝負になってきます。

 

Twitterのユーザーが一番嫌がることは、縦長のツイートでタイムラインを占拠されることです。

 

一つの投稿で、140字まるまる使ったり、複数投稿をするということは、うっとうしく思われ、ブロックされてしまうことにもつながりかねません。

 

短い投稿で簡潔に伝えること、それがtwitterの鉄則です。

 

また、Twitterでは消費者と企業間のコミュニケーションが活発です。

 

自社の商品について、投稿してくれている方がいたら引用リツイートをして、共有しましょう。

 

口コミは自社の広告よりも説得力がありますし、RTでよい関係づくりを促すこともできます。

 

ぜひ、取り組んでください。

 

Instagram

 

画像がすべてといっても過言ではないInstagram。Instagramに投稿する写真は、見ていて幸せになるような美しさ、かわいさ、工夫がなければ反応は得られません。インスタ映えというやつです。そのため、他のSNSで使用している画像はInstagramでは通用しないことがあります。写真命のSNSなので、プロに写真を撮ってもらうことも検討した方がいいかもしれません。

インスタ映えするようなおしゃれさ、はっと目を奪われる写真を投稿してみましょう。商材がおしゃれとはかけ離れている企業様に関しては、社員などにフューチャーして投稿してもよいでしょう。その際、ただのOLの自己満足のような投稿にならないように気を付けましょう。しかし、逆にいかにも広告!というような投稿では消費者が構えてしまうため、プライベートと広告の中間のような投稿を見極める必要があります。

 

まとめ

今回紹介したように、SNSは同じに見えて、全く違う側面があり、利用者も違います。

それぞれのSNSを分析し、それにあった運用をすることによって、効率を上げたPRを心掛けていきましょう。

 

参考サイト

SNSマーケティング担当者がおさえるべきFacebook、Twitter、Instagramの使い分け

https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-post0525

2018年11月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

http://www.fantastics.me/documents/service/SNSuserdata_201803.pdf

 

   

参考になったらシェアをお願いします!