【SNS広告を徹底比較】Facebook広告、Twitter広告、Instagram広告、LINE広告のメリット・デメリット

こんにちは、WEBマーケティング事業部の片岡です。

今回は、目的に応じた「 それぞれのSNS広告のメリット・デメリット」を比較しながらお話していきます。

SNS広告を目的別で比較

まず、広告の目的は、大きく「ブランディング」と「レスポンス」に分けられます。

ブランディングは、商品やブランドの認知度・好感度を上げるための広告。レスポンスは、商品の購入やお問合せなどの反響を取るための広告です。

Facebook広告、Twitter広告、Instagram広告、LINE広告を比較すると、多くの場合、レスポンス獲得に最も適しているのは、Facebook広告です。

ブランディング、レスポンスの両面で期待値が高いのはLINE広告。

Instagram広告などは、どちらかといえば、ブランディング向きの広告になります。

SNS広告を商材の適性で比較

とにかくニッチな商品やサービスに強いのが、Facebook広告です。

一方、Facebook広告は年々単価が高騰傾向にあるため、幅広いターゲットにリーチしたいのであれば、Instagram広告、Line広告、Twitter広告などが選択肢に入ってきます。

ターゲットが特定世代に限られる場合は、Facebook広告やInstagram広告、比較的対象世代が広い場合は、Twitter広告やLINE広告の適性が高くなります。

以下、各広告の適した用途を解説していきます。

Facebook広告

「物販には弱い」と言われるFacebook広告ですが、その精緻(せいち)なターゲティングゆえ、ニッチな商品やサービスのレスポンス(購入を含む)を獲得するのに向いています。

特に、リスティング広告でリーチしきれないような、潜在的なニーズ、あるいはウォンツ商材の反響獲得に威力を発揮します。

画像が大きく露出される広告のため、写真映えする商品では特に有効ですが、運用にはテクニックと試行錯誤が必要です。

時には、高級紳士靴を売るために、「スポーツカーに関心がある」の人や「職業が医者」の人にターゲティングするような閃きが功を奏する場合もあります。

多種多様なセグメントが用意され、また不定期に追加されているため、くまなく眺めて、色々な組合せを試しましょう。

もちろん、Facebookページのいいね数を増やすのにも使えますが、単価は高騰気味で、1いいね100〜200円は覚悟する必要があります。

低単価で広く配信するのが難しいので、ばら撒きによるブランディングには向かなくなってきました。

動画も配信できますが、広告の形態上サイトへの誘導には不向きです。動画配信はブランディングと割り切った方が良いでしょう。

Twitter広告

特筆すべき点としては、まず、特定のアカウントをフォローしている人をターゲットにできること。

自社のターゲット層とフォロワーの傾向が近そうな著名人や、競合他社のアカウントなどを対象に設定する方法があります。

次に、ツイートに含まれるキーワードによるターゲティング。

ニッチなブランド名、趣味に関連するワード(例えば、登山用品の広告のために、山の名前を網羅的にターゲットキーワードにする)にするなどの戦略が考えられます。

その他、検索キーワードに対応して広告を出すこともできますが、あくまでTwitter内での検索が対象なので、使い所は難しいです。

もちろん、Twitterアカウントのフォロワー獲得にも使用できます。

Instagram広告

基本的にFacebook広告のターゲティングに準拠していますが、多くの場合、リーチ、レスポンス率ともFacebook広告にやや劣ります。

どちらかというとブランディング向きといえますが、ファッション、グルメ、旅行など、適する商材は限られます。また、Facebook広告に比べ、有意なターゲット層は若年層に偏ります。

LINE広告

一見、大量配信のブランディング広告に見えますが、実は通販、非通販を問わず、レスポンス獲得にも一定の効果を発揮します。

基本的にB2C(ビートゥシー)向けで、極端にニッチな商材には適しません。

最低出稿額が50万円程度とやや高めになっており、また、企業審査が入るというハードルがありますが、新たな新規獲得チャネルとして一度試す価値はあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々とお話してきましたが、結局どのSNS広告も、あくまでツールですので、成否は使い方次第です。

各SNS広告の特徴を把握した上で、新規顧客獲得のためのチャネルとして、積極的にチャレンジしていきましょう。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です