売れるスマートフォンサイトを制作するために欠かせない5つのチェックポイント

こんばんは、WEBマーケティング事業部の望月です。

今回は売れるスマートフォンサイトを設計するためのチェックポイントを5つご紹介いたします。

売れるスマートフォンサイトを制作するために欠かせない5つのチェックポイント

1、アクションするボタンは常に見えていますか?

スマートフォンサイトでは、PCサイトに比べ見える範囲が少ないです。

だからこそ、アクションしてほしいボタンは、ページの上部または、下部に固定で常に表示をさせるようにしましょう。

表示させるボタンとして望ましいものは、サイト上でのゴール指標や、購入に繋がりやすそうなキャンペーンのページなどです。

常に表示をさせるだけですが、そのページに訪れる人数がまず大きく変わるため、自ずとゴールを達成する人数も増加します。

また、サイトのページ内部に3箇所設置するのがおすすめです。スマホサイトの場合にはタップで電話をかけられるボタンの設置は必須と言えます。

2、ボタンにユーザーのメリットは訴求されていますか?

1.アクションするボタンは常に見えていますか?」で紹介をしたアクションボタンですが、ボタンを押したくなるような”ユーザーのメリット”がうたわれているかどうかも非常に重要です。

例えば、「今すぐ使える!500円分ポイントプレゼント!」や「初回限定LINE@登録で50%OFFになるクーポンプレゼント中」など、顧客が思わず押したくなるようなメリットを訴えることが非常に重要です。

3、文字の大きさは適切ですか?

とくにPCでデザインやコーディングチェックを行うときに起こりやすいのですが、実機で確認をしなかった故に文字のサイズが小さすぎたり、大きすぎたりしてしまうことがあります。

しかし、注意が必要なのは、自動で調整ができない画像部分のテキストです。せっかく画像で見栄えよく作っても見にくい場合には、もったいなくなってしまいます。

よって新しくサイトを修正する際にも必ず実機でデザインを確認し、“文字が小さくないか”を確認する必要があります。

4、フォームの入力箇所までの距離は短いですか?

とくに画面小さいスマートフォンサイトのフォームの入力画面については、最初の入力スペースが上にあるほど反響がでやすい傾向があります。

事前に伝えたい注意事項がたくさんあると、つい入力スペースがスクロールしないと見えない範囲にずれてしまうこともあるかと思います。

その場合には、注意事項は入力の際に必要な最低限の項目のみとして、残りはフォームの下、確認ボタンの上に移動することをおすすめします。

確認画面まで進もうとしているユーザーは、購買意欲があがりきっているので離脱される率が低いです。

しかし、迷っているユーザーにとっては、冒頭に大量の注意事項があると、入力をする気が削がれてしまい、入力にいたらないケースが増えてしまうため注意事項は移動を検討してみてください。

5、フォームでのアクションは起こしやすいですか?

フォームはアクションが起こしやすいゴール設定になっているかがもっとも重要と言えます。

例えば、売る商品が100万円もする車だった場合には「カートに入れる」で購入する人は少ないと思います。

よって、ゴールは非常に重要になってきます。

コンバージョンしない場合には、ユーザー心理に返ってフォームでのアクションのハードルが高いのではないか、と見直しをしましょう。

ポイントとしては、まずはコンバージョン(申し込み)してくれるためにはどのアクションがあればいいのかを考えます。

具体的な事例としてはは以下の通りです。 

▽予約へ誘導したい場合

最終的なゴール    「予約」

            ↓

フォームでのアクション「無料相談」「LINE@のお友達登録」

※point:まずは、無料でのアクションでこちらから連絡可能な手段を作ります。

 ▽購入をさせたい場合

最終的なゴール    「購入」

            ↓

フォームでのアクション「無料会員登録」「無料カウンセリング誘導」「相談窓口」

※point:そもそもとしてフォームの項目も大前提としてあります。ECサイトの場合には入力項目を減らすことが非常に難しいかもしれませんが、項目が長く見えてしまうだけでも入力を敬遠されてしまいます。

よって①最低限にすること②入力の手間がかからないフォームづくり③入力箇所が少ないように見せるデザインにすることで入力してくれる人数が増えます。 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

グーグルがモバイルフレンドリーを重視していることもあり、徐々にスマホサイトの対応、改善が求められていますよね。

今後も弊社の事例を中心にうまくいったものをご紹介しますので、まずはそのままやってみてください。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です