SEO対策に不可欠!サーチコンソールとは?

 

はじめに

皆さん、こんにちは。内定者の向山です。

 

皆さんは「サーチコンソール(Search Console)」という言葉をご存知でしょうか?

 

これは、簡単にいうと

Google検索結果での自社サイトがどのように評価されているのかを分析できるツールです。

 

SEO( 検索エンジン最適化)対策をする際に、自社のWebサイトが

・Googleにどのように評価されているのか

・どの キーワードでどのぐらい流入が発生しているのか

を把握することは非常に重要になります。

 

よって、これらを全て確認できる「Google Search Console」は

Webサイトを運営・運用するうえで不可欠なツールといえます。

 

そのため、

今回は「Google Search Console」ではどんなことができるのかを中心にご紹介します。

 

 

Google Search Consoleとは?

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を

監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが

表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、

Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

引用:Search Consoleの概要

 

つまり、「Google Search Console」

ユーザーがサイトにアクセスする前までのことが分かるツールであり、

SEO対策に必要であることがいえます。

 

 

Google Search Consoleの導入方法

 

Google Search Consoleを利用するには、Googleアカウントが必要です。

そのため、まだGoogleアカウントを持っていない方はアカウントの作成を先に行いましょう。

 

➀使用したいアカウントでログインし、Google Search Consoleのサイトにアクセスします。

「今すぐ開始」ボタンをクリックします。

 

➁WebサイトのURLを登録する画面に遷移するので、登録したいWebサイトのURLを入力します。

サイトURLを入力すると、「プロパティの追加」ボタンが押せるようになるため、

クリックして次のページへ進みます。

 

➂「所有権の確認」ページへ遷移します。

これは、Webサイトの所有者であることをGoogleに認証してもらい、

メールアドレスと登録したWebサイトを紐付けるために必要な作業です。

認証方法はいくつか用意されているため、行いやすい方法で行ってください。

 

今回は、WebサイトにHTMLファイルをアップロードする方法をご紹介します。


下の図の赤枠で囲まれている「ファイルをダウンロード」に表示されているのは、

所有権を証明するためにサーバーに設置する HTMLファイルです。
ファイルをダウンロードし、FTTP ツールなどを使用してサーバーに HTMLファイルを登録した

ドメインのindex.htmlと同じ階層に設置することで、サイトの所有権が認められます。


サーバーにアクセスする権限がないなど、この方法が難しい場合は、

HTML タグを<head>内に埋め込む方法や Google Analyticsと連携させる方法、

タグマネージャーを用いる方法などが用意されています。

 

 

Google Search Consoleで押さえておきたい機能

「検索クエリ」:どんなキーワードで自社サイトが表示されたのかを知る


「検索クエリ」とは、

ユーザーがGoogleなどの検索エンジンを使って検索窓に入力した語句を意味します。

つまり、

検索クエリのデータでは、

ユーザーがどんなキーワードで検索した時に自社ページが表示されたのかがわかります。

どんなキーワードで検索されているのか分析できれば、

どういうキーワードでページを作っていくのが最適なのかなどを知ることができます。

 

 

「クロールエラー」:クローラーが取得することが出来なかったページを表示する


「クローラー」とは、

検索エンジンの命令によって世界中のWeb上から情報を集めてくるロボットです。

このクローラーがデータを取得できないページは、そもそも検索ページに表示されません。

そのため,

このデータを見てエラーがあるページはクローラーがデータを取得できるように対応することで、

ページが検索されるようになります。

ちなみにクローラーは、Web上のリンクをたどってサイトを移動するのですが、

1回来ただけでは情報の一部のみ収集されるため、正確な情報を持って帰ってもらえません。

そのため、クローラーには何度もサイトに来てもらう必要があります。

 

 

「Fetch as Google」:インデックスを依頼できる


「Fetch as Google」Googleに対してインデックスの依頼をできる機能です。

インデックスとは本来「索引」「見出し」という意味を持ちます。

SEOで用いられる「インデックス」は、

クローラーが取得してきた情報を検索エンジンのデータベースに

分かりやすいように整理整頓した状態で格納することを指します。

そのため、

クローラーが世界中をまわって情報を集め、情報がインデックスされてから

検索画面にページが表示されるようになります。

要するにインデックスされない限りは検索結果に表示されない状態が続きます。



通常、新しく追加したページなどはインデックスされるのに時間がかかるので、

Googleに依頼すること(Fetch as Google)で

インデックスされるまでの時間が早まることがあります。

しかし,すぐに必ず対応してもらえるわけではないので、注意が必要です。

 

 

「手動による対策」:ペナルティを確認できる


「手動による対策」とは、Googleの監査担当者により目視でサイトをチェックし、

Googleが設定しているウェブマスター向けガイドラインに準拠していないと判断された場合、

検索ページに上位表示されなくなったり、検索結果に表示されなくなることです。

 

Google Search Consoleの「手動による対策」では

ペナルティに該当するページと内容を把握することができます。


突然サイトのページが急に表示されなくなったり、検索順位が落ちたり、

インデックスが削除されていたりした場合は、

ペナルティを受けていることも考えられるので確認してみましょう。

 

 

 「サイトマップ」:Webサイトの構造を把握する

「サイトマップ」とはWebサイトの構成を示すものです。

サイトマップには「XMLサイトマップ」と「HTMLサイトマップ」の2種類があります。

XMLマップは、

” 検索エンジンに ” サイト内のページ1つ1つの存在を知らせる役割を果たします。

HTMLマップは、

” ユーザーに ” このサイトにはどのようなページがあるのか、

今どこのページにいるのかを示します。

この2つのうち、SEO対策の観点では「XMLサイトマップ」が特に重要なファイルです。

この「サイトマップ」をGoogleに送信して登録しておくことで、

検索エンジンに新しく追加したページなどの存在をすぐに認識してもらえるようになります。

特に、サイトのページ数が多いサイト、新規サイト、被リンクが少ないサイトの場合には

サイトマップを定期的に送信することでページがインデックスされやすくなる効果があります。

 

 

まとめ

今回は「Google Search Console」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ぜひ利用して自社サイトの改善に役立てましょう。

 

参考になったらシェアをお願いします!