【BtoBセミナー集客企業向け】WEBを活用し、より多くの新規顧客を呼び込むためのセミナー集客法

こんにちは、「WEB内製化支援.com」営業の山田菜々子です。

BtoB(会社対会社)の営業では、ネット上だけでは完結しないので、リアルの営業活動とどう組み合わせていくのかが受注率向上のための大切なポイントだと思います。

新規の見込み客の集客活動として、または確度が低い見込み客を育成し、受注までの速度を速めるためにセミナーは有効な手段ですね!

多くの企業様が頭を悩ますのはセミナーへの集客の手段だと思います。

セミナーには、大きく新規見込み客獲得とリードナーチャリング(既存客や見込み客との関係構築)の2つの目的がありますが、今回の記事では、新規見込み客獲得を目的としたセミナーを開催する際に、効果の高いセミナー集客方法を集めました。

多くの新規顧客を呼び込むためのセミナー集客法

1、「コスト0」最もポピュラーで効果が高いメールマガジン

 

お客様のメールアドレスを取得してますか?

メールの管理も、メルマガの配信も大変という方にオススメ!

sansanの名刺管理ツール

https://jp.corp-sansan.com

もらった名刺をすぐにデータ化し、メルマガ配信も簡単にできるsunsunはこれからメルマガを考えている企業様にはかなりオススメです。

ただし、これは基本的に、既存顧客に対してのアプローチがメインになってしまいます。

2、無料セミナー告知サイトへ情報を掲載する

2−1【ビジネス +IT】

http://www.sbbit.jp/eventinfo/

SBクリエイティブ株式会社が運営する ITと経営の融合でビジネスの問題を解決するサイト。

サイト内にイベント、セミナーの情報告知がある。主要読者は、ユーザー企業の経営層、経営企画、 CIO、情報システム部門長などのキーパーソンとある。

ビジネス、 ITの分野のイベントやセミナーであれば登録可能である。

2−2【キーマンズネット】

http://www.keyman.or.jp/sm/

株式会社リクルートホールディングスが運営する、 ITに関する製品や企業の情報総合サイト。 IT関連の製品・サービスの販売などを目的としたセミナーであれば掲載できる。

セミナー情報の掲載申込がわかりにくいが、こちらにあります。

http://corp.itmedia.co.jp/ad/kn/

2−3【BCN】

http://biz.bcnranking.jp/seminar/index.html

株式会社 BCNが運営するIT を売るためのビジネス情報サイト。サイト内にイベント、セミナーの情報告知がある。

主要読者は、 SIer/ディストリビューターをはじめとする流通事業者、メーカーや ITサービス事業者などのIT業界関係者であることが特徴。

情報記載枠は小さいが、弊社でセミナー情報を掲載した際には、定期的にアクセスがあることを確認している。

2−4【 MAINICHI セミナー情報】

http://www.m-ag.co.jp/seminar/

株式会社 毎日エージェンシーが提供する MAINICHIセミナー情報サイト内の「今後開催されるセミナー」枠に掲載できる。

毎月最初の 1本までは無料で掲載可能。情報を登録・送信すると、審査の上、登録当日を除く直近の金曜日夕方より掲載開始される。

告知枠が小さいが、セミナー開催月になると、定期的にアクセスがあることを確認している。

2−5【セミナー情報.COM】

http://www.seminarjyoho.com/

登録、サイト掲載は無料で可能。

広告バナーやメルマガの配信で料金発生。

主なサービス内容

・トップページに告知バナー表示

1週間掲載:¥16,200

4週間掲載:¥54,000

・姉妹サイト「無料セミナー情報.COM」へバナー広告

4週間掲載:¥216,000

・メルマガ(配信数40,000部、毎週火曜日配信)

料金:¥32,400

2−6【セミナー BIZ】

http://www.seminar-biz.com/

株式会社インフォジャムが運営するビジネスに役立つノウハウから起業、投資、異業種交流会まで、幅広いジャンルのセミナー情報を集めた総合サイト。

無料の場合は、同時に掲載できるセミナーは1つのみで、このサイト内で申込者から申込を受け付ける。

セミナー締切日近くになると「もうすぐ締切」のカテゴリに掲載されるので、申込が増えてくる。

こちらも、ビジネス以外のセミナーも登録されているので、個人からの申し込みが来ることがある。

2−7【セミナーズ】

https://www.seminars.jp/s/276649

会員登録やサイト上にセミナー日程を掲載するのは無料で可能。

告知のメールマガジンやバナー広告作成を依頼すると料金が発生。

主なサービス内容

・メルマガ:読者40,000人に対して配信

通常価格¥270,000

・バナー広告:セミナーズのトップページに先方作成のバナーを表示。

掲載期間2週間、想定クリック数40回

通常価格¥81,000

2−8【ビジネスセミナー探しの達人】

http://www.good-seminar.com

講演会、勉強会、情報交換会、無料セミナーの告知サイト。開催地別、有料・無料、カテゴリーを分けて情報を掲載できます。

3、有料のセミナー告知サイトへ情報を掲載する

3−1【こくちーず】

http://kokucheese.com/

会員登録、サイトへの情報掲載、申込みフォームの作成、申し込んだ方への受付メール送信などが無料で可能。

主なサービス内容

・こくちーずPRO

登録イベントのアクセス解析が可能になる「こくちーずPRO」に登録

月額¥1,000

告知用のメール配信等は不可

どちらかといえば受け身。

また、告知しているイベントがビジネス以外の分野も対応しているので、注目度合が低くなる可能性もあり。

3−2【Facebook広告】

Facebookの活用に成功したのはBtoC(会社対個人)の業態が大半といわれています。

Facebookページとイベントの作成が完了したら、次に広告出稿です。

BtoBセミナーの集客単価は、おおよそ2,000円~/1社ですが、Facebook広告の代表的なメニュー(Facebook広告・Faebookスポンサー記事広告・ページ投稿の広告)を上手く活用することで、安価に集客を実現することが可能です。

また、予算を決めて出稿できるので、限られた予算内で運用することが可能です。

細かくターゲット設定ができるので、ターゲットに沿った告知分にすることができます。

公式HP:https://www.facebook.com/help/433385333434831

現状は下記のセグメント(属性を絞る)ができます。

カスタムオーディエンス

場所

人口統計データ

趣味・関心

行動

学歴

つながり

パートナーカテゴリ

BtoBやBtoCと業態に関わらず、Facebookで情報収集しているビジネスマンも多いです。費用対効果の高いFacebook広告をぜひ活用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、今回お話した内容を参考に、今後の営業にいかして行ってくださいね!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です