売れるLPを制作するための7つのチェックポイント【LP改善】

こんにちは、WEBマーケティング事業部の望月です。

新しい商品についてのテストマーケティングをしたいときや、特に売り出したい商品がでるときなどはLPを作って集客したい、とお考えになる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は売れるLPをつくるためのポイントを7つご紹介いたします。

売れるLP制作のための7つのチェックポイント

 1、売れている競合のLPを参考にすべし

考えている商品について同じ商品で売れている競合がかならずあると思います。

検索した際に広告に出てくるようなLPでももちろん問題ありませんが、一から作るよりも競合のLPのコンテンツの内容や、流れを参考にした方がスムーズに作成することができます。

なるべくたくさんの競合のLPを見た上で、もっともよかったものからコンテンツの参考にするものを抜粋するのもよいでしょう。

2、LPでのゴールをきちんと設計すべし

LPでのゴールを設計することが作成をする上でもっとも重要なことになります。

会員登録なのか、無料冊子請求なのか、営業に繋げるためにはいろんなステップがありますが、LPでのゴールの決定をした上でユーザーにとってのメリットを訴求していくと売れるLPになっていきます。

例)最終ゴール:化粧品の定期注文をさせたい

LPのゴール:トライアルセットを注文

→訴求するメリット:送料無料、今だけポーチもセット、オンライン注文で15%OFF

逆にゴールのポイントが間違っている場合には、どんなに広告を回してLPを見せてもまったく反響が得られません。

例えば、注文住宅を売りたい場合にLPのゴールを「購入する」にしたとするとどうでしょうか?反響はほとんど得られないことが容易に想像できますよね。

よって、LPでのゴールを決めることが一番重要になってきます。

3、3秒以内に何を売っているのかわかるようにすべし

LPをクリックした際に一番最初に目に入る場所(ファーストビュー)は何屋なのかが秒以内にわかる必要があります。

LPの設計の場合には訴求したい商品の写真の載せる、商品がなんのかわかるテキストを書くことが非常に重要です。

独特の商品名がついている商品も中にはあると思います。

初めて商品をみるユーザー視点で考えると「結局何ができる商品なのか」が分からなければ探している商品とは違うと思われてしまっても仕方がありません。

4、メインビジュアルにはターゲットに刺さるニーズ(価値)を書くべし

ファーストビューで記載すべきことは「何ができる商品なのか」は、ユーザーにとって価値であることが大切です。

例)野菜ジュースを売っている場合

商品の特性 

野菜を29種類も使っています              

ユーザーにとっての価値 

29種類の野菜使用で日々の野菜不足もこれ1本で補えます!

5、徐々に読みすすめたくなる〈購買意欲がわく〉ストーリーにすべし

LPでは、ユーザーの心に刺さるようなコンテンツがなければ読みすすめてもらうことはできません。

そのためにもコンテンツの並べ方は考える必要があります。

営業マンが物を売る際、まずはお客様のニーズを聞き出しますよね。

LPでも同じように商談を進めるつもりで制作を進める必要があります。

欲しくなるストーリーに必要な5つの要素

例)

1.ユーザーを共感させるコンテンツ〈ターゲティング〉

→こんなお悩みありませんか?などユーザーのニーズを一致するものを乗せ、興味喚起を行う。

2.ターゲットに魅力的な強みを訴求する

3.商品の特性を書く

→この商品ではこんなことができます、という紹介を書く。

4.第三者的評価や雑誌の掲載情報などを載せる

5.お客様の声

→3つ以上実名、顔写真付きで載せる。

6、お客様の声は3つ以上実名・顔入りで入れるべし

お客様の声は、購入を考えているユーザーにとっては、過去に体験した人の声を通して自分のニーズが満たされるかを確認する手段となります。

そのため、自分と近しい意見を見つけると興味換気に強く貢献することになります。実名・顔入りにすることで、そのお客様の声の信ぴょう性があがります。

7、ゴールのボタンはページ内に3つ設置すべし

これだけコンテンツを作成していくと、かなりの長さになってきます。

そのため、区切りがよいタイミングでユーザーに購入を促すボタンを設置する必要があります。

そのボタンはLP1枚作成につき最低3箇所は設置しましょう。

▼ゴールボタンの例はこちら

ゴールボタンの設置の前には上の例の「まずは月1回の1Dayからお試しください」というような“アクションを促す”誘導の文言をかならず設置するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

LPを作成すればサイトを大幅に改修することなく目的にあったWebの集客が可能になります。

すでにLPを作成したことがある方も1度この記事を参考に見直しを行ってみてくださいませ!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!