最後まで読まれるブログ記事を書くために絶対に抑えておくべき7つのポイント

こんにちは、メディア事業部の山田祐輔です。

今回は、「最後まで読まれるブログ記事を書くために絶対に抑えておくべき7つのポイント」についてお話していきます。

はじめに

今回の記事を読むことで「最後までしっかり読んでもらえるブログ記事の書き方」を理解することができます。

なかなか記事を最後まで読んでもらえないという場合は、ぜひ今回の方法を取り入れてみてください!

 

最後まで読まれる記事を書くために抑えておくべき7つのポイント

1,タイトルはなるべく30文字前後にする

shutterstock_80932864

まずはじめに、ブログを更新していく中で「タイトル」は非常に重要になってきます。

タイトルの役割としては、

1、SEO(検索キーワード)

2、記事のクリック率(CTR)

タイトルは上記2点に大きな影響を与えます。

一般的には、1のSEOへの影響が有名ですが、タイトルの書き方によってGoogleの検索結果でもユーザーがクリックするかどうか(CTR)にまで大きな影響を与えてしまいます。(せっかく検索上位に表示されてもクリックされない=CTRが悪い)

また、だからといって長すぎても検索結果に表示することができないですし、キーワードがたくさん入ってしまってスパム判定を受けてしまうリスクもあります。

30文字前後にしておくことが一般的に良いと言われていますので、30文字前後でしっかり検索結果を意識したタイトル選定を心がけましょう!

2,一文はできるだけコンパクトにする

shutterstock_364894274

次に、一文(文章)はできるだけ短くすることを意識するようにしてください。

ダラダラとあれもこれもと関係の無いことを書いてしまうと、ユーザーが混乱してしまったり、記事から離脱してしまう原因にもなってしまいます。

また、「だと思います」「のようです」のような断定しない表現が多いと、信憑性の欠ける(感じにくい)記事になってしまうので、なるべく「です」「ます」など”断定言葉”を使うようにしてください。

3,小見出しをつける

shutterstock_445813846

これも非常に重要な要素なのですが、「小見出し」はこまめに入れるようにしてください。

この小見出しというのは、ワードプレスでは「段落」の項目にあり、「見出し1」~「見出し6」まであります。(厳密にはH1~H6タグと言います)

この見出しを効果的に使っていくことで、記事自体がかなり見やすくなります。

簡単に説明すると、

見出し1(H1)→タイトル

見出し2(H2)→カテゴリー

見出し3(H3)→項目

見出し4(H4)→補足

上記のように当ブログでは見出しを活用しています。(上記は弊社で使用しているテーマでの表示なので、お使いのワードプレステーマに寄って見出しの表示は異なります)

ポイントとしては、「H1タグはタイトル以外では使用しない、H2タグも記事内にあまり数が多くならないようにする」ことを意識してもらえればといいかと思います。

※見出しの例は分かりやすくするために、H1タグをあえていれて文中に書いてますが、実際には文中に使用するのは控えてください。

4,「3行」を目安に改行を入れる

shutterstock_380747278

これは「スマホでの閲覧」を意識してなのですが、2016年現在、PCではなくスマホからの閲覧が非常に増えています。(特に若い女性をターゲットにしたようなサイトは8割以上がスマホから見られているようです)

PCで読むと一見、普通の記事でもスマホで見てみると文字が多くて読みづらい・・というのはよくあるケースです。

ですので、あまり一文の中に文章を詰め込まずに3行ぐらいになってきたら改行するように意識して下さい。

当ブログでも、「3行まで」というルールを設け、3行以上になる場合は一旦文章を終わらせるようにしています。

5,画像を効果的に配置する

shutterstock_457297294

これも最後まで読んでもらうために非常に重要な要素の一つです。

やはりどうしても文章や見出しで工夫するだけでは、ユーザーが飽きてきてしまい、途中で離脱されてしまいます。

そこで効果的なのが「画像」を効果的に活用することなんですね!

弊社でも「見出し毎に画像を配置する」ことを意識して行っています。

この記事でもそうですが、見出し毎に画像を配置することで少し記事全体が見やすくなっていると思います。

ぜひ、画像は見出し毎に配置するようにしてみてください!

また、配置する画像はできるだけ記事に関係のある画像がベターです。

あまり関係のない画像を配置してしまうとかえって離脱される原因になってしまうので気をつけるようにしてくださいね。

6,具体的な解説の時は「箇条書き」にする

shutterstock_331748909

具体的な解説(例:項目の詳細など)の場合は、「箇条書き」を利用するのも有効な手段です。

当ブログでもよく使っている手法ですが、

・A

・B

・C

のように、・(てん)を入れて、Aはこれ、Bはこれというように箇条書きにする方法です。

このようにすることで、ユーザーにとっても項目が分かりやすくなり、とても見やすくなります。

具体的な解説の場面では、「箇条書き」という手法も効果的に使ってみて下さい!

7,読みやすいデザインを意識する

shutterstock_369012689

最後に、サイト自体のデザインも記事が最後まで読まれる要素として重要になってきます。

ですが、最近のワードプレステンプレートは非常にデザインもしっかり作られている物が多いので、そこまで気にしなくても問題ないのですが、デフォルトのテンプレートを使用していたり、またワードプレス以外でHTMLで作成しているサイトの場合は、デザインに問題がないか確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「最後まで読まれるブログ記事を書くために絶対に抑えておくべき7つのポイント」について解説してきました。

今回の7つのポイントをしっかりと抑えていただければ最後まで読んでもらえる記事を書くことができるようになります。

また、補足としてワードプレスを利用されているのであれば、「Table of Contents Plus」というプラグインを導入されることをオススメします!(当ブログでも使用しています)※無料

このプラグインを導入することで当ブログでも配置している「目次」を入れることができます。

目次があることで、ユーザーにとっても必要な情報が分かりやすくなるので、非常にオススメです!

ぜひ、導入してみてください!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ミスターフュージョン メディア事業部所属。「WEB制作」内製化支援.com編集長。「WEB制作」内製化支援.comの記事執筆や毎月、企業のWEB担当者様向けに「WEB担当者育成プログラム」を開催しています。 趣味:ブログを書くこと、映像制作。