プログラミングの独学を成功に導く!初心者向けプログラミングの教科書

こんにちは!ミスターフュージョンの西村です。

プログラミングは専門的知識が多いし、独学は挫折する人が多い…
独学で学ぶなんて無理…
なんて諦めている人は多いのではないでしょうか?

プログラミング教室に通うのは何十万、何百万とかかります。
できることなら独学で学びたいですよね。

独学でも、きちんとした教科書があればプログラミングを習得することができるのです。
今回は、プログラミング学習を始めたくても不安に思っている方のための
「初心者向けプログラミング教科書」をご紹介します!

構造から学ぶ

プログラミング初心者の方は、「まずプログラミングとは何なのか。」を学んだ後に実践的な言語やシステムを学ぶと理解度が上がり、学習効率が良いとされています。
文系出身でパソコンは不得意!という方や、プログラミングの技術は必要ないけど考え方は理解しておきたい!という方はこちらの本がオススメです。

①プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業

・著者:米田 昌悟 ・出版日:2016/9/28
・出版社:フレックスコミックス ・値段:1,706円(税込)

プログラミングは学びたいけど、どの本も理論的なことや英語の羅列ばかりでとっつきにくい…と感じている方にはオススメの本です。
プログラミングの必要性から学び方を学ぶことができるような本になっており、まずはプログラミング学習をやる意味やプログラミング学習の進め方はなどの貴重な情報が書かれています。

 

②ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

・著者:大澤 文孝 ・出版日:2015/2/19
・出版社:マイナビ ・値段:2,678円(税込)

この本のみで技術と技術の絡みや、それぞれどんな役割をしているのかを知ることができるため、プログラミングとはなにかを学ぶのに最適な一冊です。
実際のプログラマーでも見えていない人がいるプログラミングの全体像が見えるため、この本を読んだ後に言語や技術を別の本で学ぶことがあっても学習がスムーズに感じることができます。
まさに、学習効率を上げるためのプログラミングのベースが学べる一冊です。

 

③プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみよう

・著者:平山尚 ・出版日:2013/09/21
・出版社:秀和システム ・値段:1,944円(税込)

プログラムの作り方を学ぶ本です。
Sunabaというオリジナル言語を使い、1からテトリスを組み立てて学習をしていきます。
まずは最低限の言語仕様のみ学び、それを使って小さなプログラムを作っては直し、作っては直しを延々と繰り返してテトリスを完成させていきます。

また、テトリス作成を通してどのようにプログラムを組み立てていくのかという「考え方」を身につける事ができます。
前に紹介した2冊に加えて実践をおりまぜながら学習ができます。
本をひたすら読むのは苦手という方にオススメです。

 

手を動かしながら学ぶ


知識も大切だけど、早く実践を行ってプログラミングができるようになりたい!という方は、実際にコードを書いたり手を動かしながら、同時に仕組みや構造を学べる本がオススメです。

④【機械学習など新しい技術を学びたい方向け】独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

・著者:コーリー・アルソフ ・出版日:2018/2/24
・出版社:日経BP社 ・値段:2,376円(税込)

Pythonを使ってプログラミングを紹介していますが、「プログラミング全般」の知識を学ぶことを目的としている本です。
プログラマーになるためのスキルも一通り学べるのが特徴です。

また各章にプログラミングの課題があり、インプットだけでなくアウトプットする事ができるため、内容の定着にも役立ちます。プログラミング学習を継続的により良く学ぶ方法がわかります。

 

⑤【サイト制作をしたい方向け】HTML5&CSS3標準デザイン講座

・著者:草野あけみ ・出版日:2015/11/6
・出版社:翔泳社 ・値段:2,678円(税込)

プログラミングを始めるならホームページくらい自分で作りたい!と感じている方にオススメです。JaveScriptを使いながら実際にサイトを作ります。
作業をしながら仕組みが説明されているので、技術が定着しやすいです。

こちらは、中級者向けの本ではないかと思う程詳しい説明があるにも関わらず、初心者向けにやさしく書いてあるため一度通して読んだ後も、いつでも見返せるようにずっと持っていたいと思えるバイブル的存在になる本です。

 

⑥【ゲーム開発をしたい方向け】Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

・著者:いたのくまんぼう ・出版日:2017/8/16
・出版社:エムディエヌコーポレーション ・値段:3,024円(税込)

いずれはプログラミングでゲーム開発もしてみたいと思っている方のための入門書です。
アプリ開発に適する言語であるUnityを2つのゲームアプリの作成を通して学んでいけます。

どちらものゲームも2Dゲームです。そのためUnity触り始めという人には、挫折する人が多い3Dゲームにいきなりチャレンジするよりも最適な入門書だと思います。
シンプルで無駄のないソースコードと懇切丁寧な手順解説で、楽しみながらゲーム制作ができます。

また、購入特典として、ゲーム内への広告配置のコツなどについてのノウハウも掲載しています。プロレベル、ストア公開レベルのアプリをつくりながらUnityの習得、プログラミング技術の向上ができる一冊です。

ただ、Unityという言語における初心者のための本のため「プログラミングとは」というところから説明をしてくれるわけではありません。
より実践的な書籍です。

⑦プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門

・著者:たっく ・出版日:2015/01/19
・出版社:Amazon ・値段:Kindle版 250円

「プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門」という人気の3部作のうちの1作目になります。
プログラミングなんて全くやったことのない私でも、この本のとおり操作したらできました
難しい言葉がなくてわかりやすいので、私のような超初心者にはとってもわかりやすかったです
いろいろな初心者本はありますが、タイトル通りの超初心者が、誰の助けも借りずに理解できるように、つまずきそうなところを丁寧に拾い上げ、書かれているのが実感できます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
気になる本があれば一度書店に行ってパラパラみてみるだけでもイメージがつかめるかもしれませんね!

参考になったらシェアをお願いします!