5分で劇的に変わる!プレゼン強化術(内容編)

(今回の記事は『5分で劇的に変わる!プレゼン強化術(つかみ編)』の

続きの記事となります。本文中でも説明しますが、詳しく知りたい場合は、そちらの記事からご覧ください。

 

↓『5分で劇的に変わる!プレゼン強化術(つかみ編)』を読んでいないからはこちらです。

https://wp.me/p82TIu-2qB

 

今回は、プレゼンの内容について、ご紹介していきたいと思います。

前回の記事で、素晴らしいプレゼンというのは、「相手の感情を揺さぶるプレゼン」であると書きました。

相手の心を揺さぶることは、相手に共感してもらうということです。共感してもらうことが出来れば、プレゼンを最後まで聞いてもらえ、結果的に商品を売ることにつながります。つかみで感情をつかむには、初めに相手の気になる質問をしたり、相手の利益をはじめに提示してあげたりすることが必要でした。

 

そうすることで、相手がプレゼンを最後まで聞く大義名分を作ってあげるのです。

 

では、さっそく本題のプレゼンの中身について紹介していきたいと思います。

 

①解決策の提示

前回の記事で、聞き手がこのプレゼンを聞く利益をつかみの段階で説明することが重要だと説明してきましたが、プレゼンの本文中では、その聞き手の利益がどのようにすれば得られるのか、その具体的な方法を提示します。この解決策が具体的で、現実味があって、利益を被ることが出来るか、聞き手にイメージさせられることが出来ればプレゼンの成功率をグンと上げることが出来ます。

 

例えば、Webマーケティングの成功率を高めるための方法を提案する際、キャッチコピーとして、「○○と××をすれば▲▲の売り上げアップ」であったり、「三分でできる効率化」など、具体的に方法を表すようなキャッチコピーを何回も話の中に盛り込んでいくことで聞き手も集中して聞いてくれます。方法論を明確にしておくことで、「これだけ気を付ければいいのか」と相手に安心感を与えたりすることが効果的です。

 

②明るい未来を想像させる

自分の訴求している商品を使うことでどれだけ成果が出て、聞き手にとって明るい未来が訪れるのかをイメージさせることが大切です。

 

そのためには、今までの成功事例について、丁寧に訴求していくことが大事です。ここでうまくいったことだけを説明しては軽い印象を持たれてしまうこともあるため、注意事項など、うまくいかなかったことについても十分に説明しましょう。前回の記事でも説明しましたが、重要なことは商品を売りつけて利益を得ようとすることではありません。聞き手の心を動かすということです。言いにくいことも聞き手のことを考えて丁寧に説明することで、相手の信頼を得ることが出来、結果的に心を動かすプレゼンをすることが出来るのです。

 

③その後してほしい行動を明確にする

自分のプレゼンを聞いてもらった後、取ってもらいたい行動を聞き手に明示しておきます。ノウハウを伝えるプレゼンであれば、「まずは○○から!」と、初めにやらなければいけないことをしっかり提示し、商品のプレゼンであれば、「〇月×日までにお申し込みください!」などと伝えます。プレゼンの中で、しっかりと聞き手の心を動かすことが出来ていれば、期限を明確にしておくことが重要です。心を動かされている聞き手は、どうにかして現状を変化させたいはずなので、期間を設定しておくことで、連絡をしてもらえる確率が高まるでしょう。

 

④エンディングストーリーを大切にする

プレゼンをそつなくこなした後は、自分のこのプレゼンに対する思いや、商品に対する熱意、これからの夢などを語る時間にしましょう。「売り込み」だけのプレゼンで終わるだけではなく、「余韻」や「感動」を最後に与えることによって、相手に共感してもらい、心を動かすことが出来ます。終わりよければすべてよし、ではないですが、最後まで、聞き手の心を動かすことに集中しましょう。

 

まとめ

 

再三申し上げていますが、プレゼンで大切なのは、話のうまさでも、商品の知識でもありません。最終的に商品を売るのは、相手の気持ちを動かし、共感させる話し手の熱意です。

その他は、熱意をより魅力的に見せるものでしかありません。「感情を動かす」ほどの熱意があれば、どんな商品、サービスでも相手の心に届けることが出来るでしょう。

 

しかし、初めからすべてやろうとするのは、難しいものです。自分がまず出来そうであると思うものを一つ選んでそれだけを画一にできるようにしましょう。それが出来るようになったらまた一つポイントを決めそれを習得しましょう。そうやって意識しながらプレゼンを行うことで、少しづつ自分の熱意を伝えるのがうまくなってきて、それと同時に、話の饒舌さや、商品の知識も身についてくるでしょう。大切なのは、熱意を伝えるために何度も繰り返すことです。

 

この記事を読んであなたのプレゼンがより感情に訴えるものになることを期待しています。

参考になったらシェアをお願いします!