【Facebook解析】今さら聞けないFacebookインサイトの見方(投稿内容の解析編)

こんにちは!WEBマーケティング事業部の望月です。

前回は主にインサイトに出てくる用語の意味についてをメインにご紹介しました。

今回は引き続きFacebookのインサイトの中から確認することができる投稿の解析についてをご紹介いたします。

今さら聞けないFacebookインサイトの見方 【投稿内容の解析編】

1、投稿から概要を確認する

まずは、前回同様、画面はFacebookページのインサイト内からスタートします。

左側メニューから「投稿」をクリックします。

「投稿」では投稿そのものについての以下の情報を確認することができます。

・ファンがオンラインの時間帯(曜日や時間などが確認可能)

・投稿タイプ(リンクがついている、動画、画像、投稿別にデータを確認可能)

・競合ページの人気投稿

・公開済の投稿

それでは、一つ一つ確認をしてみましょう。

ファンがオンラインの時間帯

「日時」「時間帯」

ここでは直近1週間に計測された「ファンがオンラインの時間」を確認することができます。

上の画面の場合には、木曜日の16:00がもっともオンラインのファンが多かったことがわかりますね。

しかし、多くの人に見てもらえる時間と反響する時間が異なることがあります。

より細かく分析をするためには、以下の手順でデータをエクスポートして確認することができます。

概要>データをエクスポート

インサイトデータをエクスポート>投稿データをクリック

この際に期間を設定します。

エクスポートしたデータがこちら

このようにエクスポートしたデータからエンゲージされる時間帯を見つけるためには、いろんな時間に投稿をした上で、もっとも反響がある時間にすべきだといえます。

このページで見るとファンがオンラインの時間帯が16:00だったのに対してアクションが多いのは、17:00または18:00の投稿だということがわかります。

オンラインのファンが多いから、リーチしているからといって必ずいいね!が集まるとは限らないのです。

そのため、目的に一致した配信時間を見つけましょう。

投稿タイプ

投稿タイプでは、過去に投稿をした平均リーチと平均エンゲージメントを確認することができます。ここでのチェックポイントですが、自社の投稿で一番目的に合っている投稿タイプはどれか、を見極めることが大切です。

Facebookページのゴールによってチェックポイントは異なるかと思いますが、このページの場合には「いいね!」を集めることがゴールですので「いいね!」される投稿タイプを知る必要があります。

つまり、このページでは、「リアクション、コメント、シェア」が最もされている「写真での投稿タイプ」が現状として最も反響数が多い投稿タイプと言えます。

しかし割合で見てみると、

「写真」…2.4%

「リンク」…2.3%

「動画」…30%

となるので、再度投稿し検証をしてみるのもいいかもしれません。

競合ページの人気投稿

追加をしておくだけで、競合の人気の投稿についての「いいね!数」「コメント数」「シェア数」を知ることができます。自社の投稿に迷った際には反響している他社の投稿からヒントを得ることでより反響する投稿にすることが可能です。

公開済の投稿

公開済の投稿からは各投稿内容について詳しく見ることができます。

過去の投稿についてリーチ数といいね!数、どういった投稿がいいね!を集めているのか、といった傾向を確認することができますので、次回投稿へ生かすことが可能になります。

2、次回アクションを決定する

これまで一通りの分析方法をご紹介してきました。現状が把握できたところで、次回検証をすべきことの仮説を立て、実行することを決めます。

・投稿タイプについて

もっともエンゲージメントが高い、もしくはエンゲージメント率が高いタイプに設定します。

・投稿時間について

もっともゴール(リーチ数orエンゲージメント数)が達成できる時間に配信しましょう!

・投稿内容について

公開済み投稿一覧からもっとも反響があった投稿をいくつか確認して、共通点を探し「反響がでる投稿」の仮説を立て、配信していきます。

個人的には、投稿内容、時間についてが決まったら配信予約がおすすめです。

やはり投稿時間をぴったりに配信するのは大変手間がかかりますので、予約を行って定期配信するように心がけましょう!

では、投稿を予約する方法についてお話していきます。

3、投稿を予約する

投稿予約する方法はすごく簡単なので、活用している方も多いかと思いますが、ご存じでない方のために念のためご説明をいたします。

予約投稿の手順

1、投稿内容を記載します。

2、「公開する」ボタンの右側「▼」ボタンをクリックします。

3、「投稿日時を指定」をクリックします。

4、公開したい日時をクリックします。

この際に先ほど確認をした反響がでる時間、もしくは検証したい時間にセットをします。

5、完了

至って簡単な設定ですが、業務の合間に投稿を行わなくてはいけないご担当者様におすすめの機能です!スマホアプリからも同じ設定が可能ですので、合間の時間に考え予約設定をすることで連日つづけての投稿、検証が可能となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Facebookのインサイトは無料のツールですが、データを眺めているだけではもったいないことがお分かりいただけましたでしょうか?

こまめにチェックをしてより目的が達成できるページや投稿にしていきましょう!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

「WEB内製化」の”要点”がギュッと詰まっています!


Amazon「本 の 売れ筋ランキング」1位を獲得!

「この本のやり方を知らないのは、 あまりにも、もったいない。 ホームページは、自社の商品・サービスをお客様の都合に合わすことができる非常にすぐれたツールだ。わが社は1年で売上が6億円増えた」

あの小山昇社長(株式会社武蔵野代表)も驚く、
すごい成果が続々!
(実践企業の93%が、ホームページで過去最高売上を更新中!)

「ホームページのことはよくわからない」という、社長さんこそ、必読です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です