【GoogleAnalytics活用術】目標を達成するために今すぐ設定すべき「ページ価値」の設定方法

こんにちは、WEB内製化支援.com営業の山田菜々子です。

アクセス解析という言葉も一般的になり、グーグルアナリティクスを活用している企業も以前と比べてかなり増えてきたように感じます。

本日は、グーグルアナリティクスを利用している企業様向けに「ページ価値の設定方法」についてお伝えしていきます。

【GoogleAnalytics活用術】目標を達成するために今すぐ設定すべきページ価値の設定方法

1、GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)とは

Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

Analytics(アナリティクス)とは「分析論」を意味しており、「サイト訪問者の数」「1ページ当たりの訪問数」「どこからやってきたのか」など、サイトへのアクセスに関するさまざまなデータについて詳しく分析することができます。

2、アクセス解析を行う必要性

アクセス解析を行う主な目的は以下のようなケースが多いです。

・自社サイトにどのような方がどんなニーズでどんなところから訪れているのかを把握するため

・目標に到達するまでの間にどんなページが見られた上で目標を達成しているのか、または達成しなかったのか、達成・未達成の要因はなんなのかを把握するため

つまり、お客様自身や取り扱われている商品、サイトの強みと弱みを把握し改善するためにグーグルアナリティクスを使って、アクセス解析を行なっていきます。

しかし、「グーグルアナリティクスを設置した企業でも、どの数値をどう分析すべきか分からない」という企業が多く、結局『どのくらいの顧客が自社サイトを見に来たのか』という『ページビュー数(PV数)』の指標でしか計測できてない企業がほとんどです。

しかし、先ほどもお伝えした通り、仮に1万社(1万人)がサイトを見に来てくれても、そこから売上に直結しなければ意味がありません。

3、アクセス解析をするためのページ価値の設置

売上に直結する改善を行うために、設定すべきは「ページ価値の設定」です。

「ページの価値」は、サイトのコンバージョン ページに到達したり e コマース トランザクションを完了したりするまでに、ユーザーが経由したページに対して割り当てられる平均的な価値です

この値は、サイトの収益に貢献しているページを把握するうえで目安として役立ちます。

たとえば、サイトで e コマース トランザクションが発生したセッションで、まったく閲覧されなかったページはページの価値が 0 円になります。

ページの価値は次の計算式で算出されます。

e コマースの収益 + 合計目標値

任意のページのユニーク ページビュー数

この計算式において、ユニーク ページビュー数とは、「そのページにアクセスしたユニーク ユーザー数(セッションあたり)」を表します。

つまり、同一ユーザーが同じページに何回アクセスしても、各ユーザーはセッションごとに 1 回しかカウントされません。

4、「ページ価値」の設定方法

①「アナリティクス設定 」を選択

②「ビュー」の選択項目の中から、 「ビュー設定」選択。

③通貨の表示のドロップダウンリストから「日本円(JPY¥)」を選択する。

④ビューの選択項目の中から「目標」を選択。

⑤遷移した画面で「+新しい目標」をクリック。

飛んだ先で、

⑥「カスタム」を選択し、

⑦「次のステップ」をクリック

遷移した先で、

⑧目標に対する名前を設定する。

→コンバージョンさせたいことと合わせる。

⑨目標IDスロットをセット

⑩タイプは「到達ページ」を選択し、

⑪「次のステップ」をクリック

⑪「先頭が一致」または「等しい」を選択し、コンバージョンとみなすページ(通常はフォームの送信完了ページ)のURLを記載。

⑫値をオンにし、1コンバージョンあたりの金額に換算した価値を入力する。

(正確な価値を入れるにはお客様にヒアリングが必要。不明な場合はとりあえず仮で入力しておく)

これがページの価値として算出されます。

⑬目標到達プロセスをオンにし、コンバージョンとみなすページ(フォームの送信完了ページ)に至るまでに必ず通過するページのURLを入力する。

(通常は①フォームの入力ページ ②確認ページ)

⑭「目標を保存」ボタンを押して保存します。

⑯拡張機能にあるアナリティクスオプトアウトアドオンの有効についてるチェックを外し、テスト送信(テストコンバージョン)をする。

⑰アナリティクス画面 レポート>コンバージョン>サマリーで、設定した目標が計測されているかを確認する。

※レポート>コンバージョン>目標到達プロセスにすると、フォーム内で訪問者がどのような動きをしたのかを知ることが出来ます。

アナリティクス画面への反映は、1日程度かかることがあります。(自分がいつテスト送信したのかは記録しておく。)

これで設定は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

常に、目標を達成するには、目標を設定し、現状とGAPを把握する事が大切です。

自社のWEBサイトの問題点をより具体的に把握するためにも、今日からページ価値を把握し、改善をしていけるようにしていきましょう。

最初からこの設定をしている企業はほとんどありません。

よりサイトのパフォーマンスを上げていくAnalyticsの活用方法はまだまだありますので、気になる方は是非ミスターフュージョン迄お問い合わせください。

それでは今日も頑張っていきましょう!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です