こんにちは、メディア事業部の山田祐輔です。

今回は、最近ウェブ業界で話題をよんでいる「モバイルファーストインデックス(MFI)」について、Google公式サイト(Googleウェブマスター向け公式ブログ)の情報を元に徹底解説していきます!

※Googleより発表があり、1/11より正式にモバイルファーストインデックス(MFI)が始まりました!

参考記事:モバイル ユーザーが簡単にコンテンツにアクセスできるようにするために

はじめに

モバイルファーストインデックス(MFI)は、2016年11月5日にGoogleより発表されました。

モバイル ファースト インデックスに向けて

この記事をきっかけにWEB業界における見識者の方々が、一斉にモバイルファーストインデックスについて持論を展開し、様々な憶測や情報が出回る事態となりました。

結果、モバイルファーストインデックスに関する情報が錯綜し、人によって意見が分かれる状況になっており、「これじゃいかん!」ということでGoogleの公式情報を参考にGoogle公式の見解をまとめていきたいと思います。

モバイルファーストインデックス(MFI)基本編

では、Google公式サイト(Googleウェブマスター向け公式ブログ)の以下の記事を上から記事を引用しながら、解説していきます。

引用記事:モバイル ファースト インデックスに向けて

最近では、Google 検索を使用しているほとんどのユーザーは、モバイル端末から検索を行うようになりました。しかし依然として、Google のランキング システムは、主にデスクトップ版のコンテンツを用いてユーザーとの関連性を評価しています。この方法では、モバイル版のページのコンテンツがデスクトップ版のページのそれよりも少ないケースにおいて、問題が発生します。なぜなら、モバイル検索ユーザーが実際に見ているページを Google のアルゴリズムは評価していないからです。

最近はモバイル端末からの流入が多いのはみなさん周知の通りですね。

しかし、現在のGoogleのランキングは主にデスクトップのコンテンツでユーザーの関連性を評価していると。

ただ、現状ではモバイル検索ユーザーが実際に見ているページをGoogleのアルゴリズムでは評価していないんですね。

そこでユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイル ファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。Google 検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。もちろん、Google のインデックスがモバイル版のコンテンツで形成されるようになっても、デスクトップ端末かモバイル端末かに関わらず、すべてのユーザーに素晴らしい検索体験を提供し続ける点は変わりません。

そこでGoogleは、検索結果をより価値の高いものにするために、「モバイル」の検索結果を反映させる施策を行うことにしたそうです。

それが「モバイルファーストインデックス」なんですね。

現状では、モバイル検索ユーザーが実際に見ているページをGoogleのアルゴリズムでは評価していない→だから、「モバイルファーストインデックス」というモバイル検索結果も反映させる施策を行うと。さらに、

将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。

ここが非常に重要なポイントです。

将来的にはGoogleは、モバイル版のコンテンツを主に使用すると明言しています。

「使用するようになります」と明言しているので、モバイル版のコンテンツを主に使用する事は確定しているようです。

モバイルファーストインデックス(MFI)構造編

つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。

また、構造化データに関しても、モバイル版が採用されるようです。

ここに関しては、後述で以下のような記述があります。

レスポンシブデザイン動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

レスポンシブデザインでモバイルとPCが同じ場合は、何も変更する点はないようです。しかし、

主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。

現状表示をPCとモバイルで分けている場合は、変更点があります。

構造化データ マークアップがデスクトップ版とモバイル版の両方で配信されるようにします。

まず、構造化データ マークアップをPCとモバイルで両方配信できるようにすると。

構造化が均一化できているかどうかを調べるツールは以下のサイトで確認できます。

構造化データ テストツール

robots.txt テスターを使用してモバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認します。

また、もう一つ確認事項として、モバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認する必要があります。

robots.txt テスターで robots.txt をテストする方法

rel=”canonical” リンク要素を変更する必要はありません。デスクトップとモバイルのそれぞれの検索ユーザーにとって適切な結果を表示するために、Google はそれらのリンク要素を引き続き使用します。

リンク要素はそのまま引き継げるようです。

Search Console でデスクトップ版のサイトしか確認していないサイト所有者は、モバイル版のサイトの追加および確認を行ってください

サーチコンソールに関して、モバイルサイトの登録がない場合は追加する必要があるそうです。

モバイルファーストインデックス(MFI)PCサイト編

デスクトップ版のサイトしか存在しない場合、Google は引き続きデスクトップ版のサイトをインデックスします。モバイルユーザーエージェントを使用してアクセスする際も問題ありません。

ここも認識の違いが発生しているポイントですが、

デスクトップ版のサイトしか存在しない場合、Google は引き続きデスクトップ版のサイトをインデックスします。

上記のようにデスクトップ(PC)のサイトしか存在しない場合は、引き続きPCサイトをインデックスするようです。

ですので、モバイルユーザーに関しても、PCサイトが検索結果に引き続き掲載されると。

デスクトップ ユーザーにとって使いやすいサイトは、壊れたり不完全なモバイルサイトよりも、モバイルユーザーにとって好ましい場合があります。モバイルサイトを作成する際は、サイトが完成し準備が整ってから公開することをおすすめします。

ここでも記述がありますが、

デスクトップ ユーザーにとって使いやすいサイトは、壊れたり不完全なモバイルサイトよりも、モバイルユーザーにとって好ましい場合があります。

とのGoogleの見解です。

つまり、不完全なモバイルサイトを表示させるぐらいだったら、通常のPCサイトの方がモバイルユーザーが見ても好ましいですよね、という事ですね。

慌てて不完全なモバイルサイトを作るぐらいだったら、きちんとしたPCサイトの方がいいと。

しかし、そうは言っても「モバイルサイト」を用意することに越した事はないようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「モバイルファーストインデックス(MFI)」について、Google公式サイト(Googleウェブマスター向け公式ブログ)の情報を元に解説しました。

最後にいつから本格的に始まるのかについてですが、

この変更は Google のインデックス登録に関する重要な変更であり、慎重に取り組むべき課題であると私たちは考えています。そのため、今後数カ月にわたって小規模の実験を入念に行い、素晴らしいユーザー体験を提供していると自信をもって判断した時点でより広範囲にわたって変更を反映していきます。

こちらにも記述があるように、今後数カ月にわたって小規模な実験を繰り返し、これで問題なく運営できるとGoogle側が判断したタイミングで本格的に導入されるようです。

この記事が2016年の11月5日に発表されたものなので、2017年の1月以降で正式に導入されていくのではないかと思います。

※Googleより発表があり、1/11より正式にモバイルファーストインデックス(MFI)が始まりました!

参考記事:モバイル ユーザーが簡単にコンテンツにアクセスできるようにするために

また、今回情報の仕入れ元(ソース)によってネット上でも意見がかなり食い違っているようですが、基本的にSEOに関してはこの2つの情報元を参考にされることをオススメします。

・Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleウェブマスター向け公式ブログはこちら

・海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログはこちら

私は基本的にはGoogleウェブマスター向け公式ブログで確認し、もっと具体的な情報や手法が知りたい場合は、海外SEO情報ブログで確認するようにしています。

ぜひ、参考にしてみてください!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ミスターフュージョン メディア事業部所属。「WEB制作」内製化支援.com編集長。「WEB制作」内製化支援.comの記事執筆や毎月、企業のWEB担当者様向けに「WEB担当者育成プログラム」を開催しています。 趣味:ブログを書くこと、映像制作。