LPデザインの参考にしたい!サイト10選!

はじめに

こんにちは、内定者の向山です。

今回は「ランディングページ(以下LP)を作ることになったけれど、
どんなデザインが良いのかわからない、、」

という方にLPデザインの参考になるサイトをご紹介します。

 

LP作成はどんな点に気をつければいいのだろうか?という方は

こちらの記事もご覧ください。

↓↓

人の心をつかむ!ランディングページ(LP)の作り方

売り上げを6倍に上げた!ランディングページ(LP)とは。

売れるLPを制作するための7つのチェックポイント【LP改善】

 

そもそもLP(ランディングページ)とは?

ランディングページ(略してLPとされる場合が多い)の意味は、

広義と狭義の意味の大きく2つに分けられます。

 

広義の意味としては

「 広告バナーや テキストリンク、 検索結果などから

アクセスしてきた人が最初に訪問した ページ」

つまり リンク先 ページのことです。


狭義の意味としては

「コンバージョン(問い合わせ・申し込み・資料請求)を促すことを目的とする1ページ」です。

例えば、 検索エンジンと連動して表示されるリスティング広告のリンク先となる

縦長のWebページを指します。

Web マーケティングにおいては狭義の意味が一般的に用いられることが多いです。

 

参考:

Ferret > ランディングページとは〜LPOで成果の上がるページを作る方法と使えるテンプレート集まとめ

 

LPデザインの参考になる!まとめサイト10選!

今回は国内のまとめサイトを6つ、海外のまとめサイトを4つご紹介していきます。

国内サイト

Web Design Clip

https://lp.webdesignclip.com/

2019年1月現在の996件の登録サイトがあります。

また、検索にはメインカラー、サブカラー、カテゴリ、タグがあります。

特に特徴的なのが「タグ」です。

レイアウトの「ヘッダー固定」「サイド固定」

「ナビゲーション固定」「フッター固定」のサイトが検索できる点は

他のまとめサイトとの大きな違いではないでしょうか。

 

LPアーカイブ

https://rdlp.jp/lp-archive

PCデザイン、スマホデザインのLPを扱うサイトです。

2019年1月現在は12,987件のLPデザインを掲載しているということで

国内でも掲載数がかなり多いサイトになっています。

特徴として、カラー、23種類ものカテゴリ、18種類のイメージと

細かく条件検索できることが挙げられます。

上記のように検索の仕方も3つ用意されているため、

見たいLPデザインにたどり着きやすいと感じました。

 

ランディングページ集めました。

http://lp-web.com/

Webディレクターの方が運営されているサイトです。

カラー、14種類のカテゴリで検索ができ、「売れるサイト」にするための

参考になるサイトが掲載されています。

 

イケてるランディングページ集めました

http://zero-s.jp/lp-media/

コンテンツマーケティングとランディングページ制作を行っている会社が運営するサイトです。

掲載数は多くないものの、カラー、25種類のジャンル、17種類のイメージから検索ができます。

 

LP advance

https://site-advance.info/

カテゴリ、カラー、タイプ、メインビジュアルを掛け合分けて検索できるサイトになります。

2019年1月現在、掲載数1,072件と豊富にLPがあります。

 

また、LPのキャッチコピーをまとめた一覧もある点が他のサイトとの違いです。

 

LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE

http://smartphone-landingpage.info/

 

スマホ向けのLPデザインを厳選したサイトです。

カテゴリは「美容」「健康」「育毛」「デジタル」「住まい・暮らし」

「金融・不動産」に限られており、掲載数も多くはないですが、

上記のカテゴリに該当するLPを探している場合は参考になるでしょう。

 

海外サイト

ONE PAGE LOVE

https://onepagelove.com/

 

LP以外にも様々なページを集めているサイトです。

LPは456件が掲載されています。それぞれのLPにコメントがされているため、

参考になる点が分かりやすくなっています。

 

Land-book

https://land-book.com/gallery/landings?from=month

 

LP以外にブログなどのデザインも掲載しているサイトです。

 

LPのタグはなんと65種類もありました!

タグはカラー、カテゴリ、メインビジュアルについてのものがあり、

それぞれのタグを掛け合わせた検索が可能です。

 

Landingfolio

https://www.landingfolio.com/

41種類のタグでLPを検索できるサイトです。

 

クリックしたLPページと似たようなページを提示する機能があるため、

理想的なイメージのLPを探しやすいのではないでしょうか。

 

Lapa Ninja

https://www.lapa.ninja/

 

1,743件のLPをまとめたサイトです。

 

カラーと44種類のカテゴリで検索できます。

Twitter、Facebook、Pinterestで共有する機能がある他、

掲載しているLPページへ直接行けるような工夫がされています。

 

まとめ

参考になりそうなLPデザインは見つかりましたか?

どんなLPにしようかイメージが湧いてきた!と思っていただけたら嬉しいです。

 

LPで重要なことはそのページからコンバージョンに繋げることです。

かっこいい、ユニークなLPを作ったところで「コンバージョンに繋がらなかった、、」

となってしまったら、もったいないですよね?

 

その点には十分に気をつけながら、

LP作成の参考にぜひまとめサイトを活用してみてくださいね!

 

参考になったらシェアをお願いします!