ほんとに分かってる?人に好かれる方法

 

「仕事はうまくいってるけどなぜか仕事を任されない」

「取引先の方にいい印象を与えられない」

「そんなつもりはないのに、気難しい奴だと思われていた」

そんな経験ありませんか?

 

いい印象を持たれないことは、仕事において、大きくマイナスに働きます。毎日会社外の人と顔を合わせる営業担当であれば特に、相手に対していい印象を与えることは会社の利益を獲得するためにも必要不可欠であると言えます。

 

今回は、どんな人が周りから信頼されるのか、仕事を任せられる人はどんな人なのかをご紹介していきます。

 

こんなの当たり前じゃないか!と思う方もいらっしゃるとは思います。しかし、皆さんが思ている以上に当たり前のことが出来ていない人が多いのです。

 

「自分は大丈夫かな」と、自問自答しながら、これからの行動や思考を考えてみてください。

 

「時間を守る人」

「時間を守る」ということが社会人に対して最もと言っていいほど大切なことであるということは言うまでもないでしょう。

しかし、それがなぜか考えたことがある人は思ったより少ないと思います。

 

集合時間を過ぎても集合場所に相手が到着しない場合、待っている相手は、「待つ」という行為に神経が集中してしまいます。集合場所がカフェなどのリラックスできる場所であればまだいいのですが、公園の噴水の前や、ハチ公前など落ち着いて待つことが出来ない場所の場合はどうでしょうか?やることも特にないため、更新されないSNSを何回もリロードして、そのたびに時計を確認したりと、時間を無為に過ごしてしまうことになりますよね?時間泥棒にならないためにも、必ず時間は守らなくてはいけません。

 

もし万が一、時間に遅れそうな場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。たまに電車に乗っていて電話が出来ないという言いわけをする方がいますが、電車に乗っていることが電話が出来ない理由にはなりません。電車から降りてかならず電話で連絡をするようにしましょう。「連絡があって15分遅刻する」ことより、「連絡がないまま、5分遅刻する」方が、待っている側は不安になります。必ず連絡を入れてください。

 

また、遅れて到着する場合、必ず、「遅れて申し訳ありませんでした」と告げるようにしましょう。こちらが過失がある場合、謝れない人は決して信頼されることはありません。

 

「時間を守る」当たり前にとりくんでください。

 

「愚痴を言わない人」

顔を合わせるたびに、人の悪口や会社への不満、誰かのつげぐちを言ってくる人がいますが、これすぐにやめるべき悪癖といっていいでしょう。

 

マイナスのことばかり言って人を落としていては、聞いている人も気分がよくありませんし、話したくなくなります。

 

相手が話したくなくなるのは、「他人のここが悪い」という話だけではなく、「自分が迷惑を被った」という愚痴に対しても言えることです。自分がどれだけ大変で最悪な状況だったか、そんなことを聞いても相手は面白くありません。好かれる人は自分の話を「笑い話にするのがうまい人」です。いくら誰かに迷惑をかけられたり、自分がミスをしたことでも、公の場では「笑い話」にして、責任の所在を明確にすることなく、面白おかしく話してしまいましょう。そうすれば、聞き手も気分よく笑って話を聞くことが出来ますし、自分はそのミスをしないように警戒することが出来ます。

 

大切なのは、「聞き手に気を使わせないこと」です。

 

なんでも明るく話すことで相手の信頼を勝ち取りましょう。

 

「無理です」と言わない人

 

仕事をやっていくにつれて、自分の裁量に見合わない仕事をまかせられることがあります。

 

そういった場合に「無理です」や「できません」と言って初めから仕事を寄せ付けない人には初めから仕事を任せてもらえなくなります。仕事が降りてこないと自分のレベルアップもできませんし、「あいつは仕事が出来ない」という烙印を押されてしまう危険性もあります。

 

上司やクライアントの評価を落とさないためにも、仕事をふられた場合は、「できません」とは言わず、上司に確認するなど、一生懸命に仕事と向き合ってみることが大切です。上司は部下の裁量に見合わない仕事は基本的には任せないですし、一生懸命に仕事をしていれば、必ず助け舟を出してくれます。初めから出来ないと諦めるのではなく、「どうしたらできるのか」ということに頭を使う人が上司やクライアントから大切にされます。

 

その際、先輩はこの事例や問題にどう直面し、解決してきたか、相談をすることも大切です。頼られて嫌な気持ちになる人はいません。素直に先輩の意見を聞き入れ、対処の方法を考えることで、自分のスキルアップにもつながりますし、先輩からの評価にも繋がります。

いかがだったでしょうか?今回紹介したことすべてを実践するのは簡単なようで難しいです。ここで紹介したことたちに共通していることは、「一生懸命相手の気持ちを思いやる姿勢」です。相手を思いある姿勢こそが仕事を行っていくうえで最も大事ですので、注意して取り組んでいってください。

参考になったらシェアをお願いします!