効率的な集客は文章で行う!ライターさんのためのキーワードプランナーの使い方

こんにちは!ミスターフュージョンの西村です。

ホームページを作ったのに、PV(ページビュー)が上がらない、、、
ネット広告は色々あるけど、どれもイマイチで予算もかけたくない、、、

誰しも自分のWebサイトに多くの人が訪れて欲しいですよね。
でも、リスティング広告をうつにも予算は限られている、、、
そんな中で効率よくPVをあげるために使えるのが「キーワードプランナー」というツールです。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、Googleが提供しているツールの一つです。
キーワードプランナーでは、Google内であるキーワードがどれだけ検索されているかを知ることができ、コンテンツ(ブログ記事やWEBページ)や広告文を制作する際のキーワード選定に役立ちます。
キーワードプランナーで多くの人が検索しているキーワードを記事内に盛り込むことで、アクセス数が上がる可能性が高まるのです。

キーワードプランナーのメリット

上記でキーワードプランナーについて説明をしましたが、
要するに、「SEO対策でブログやホームページの集客向上を図る助けとなる」ということです。

ここで注意していただきたいのが、今回ご紹介するのはリスティング広告などの広告を打ち出す側ではなく、あくまでも記事を書いたりするライターさんへ向けたご案内だということです。
リスティング広告を出したいけど、予算的にも限りがあり、どうにかして自然検索で検索上位表示を狙う、という方法です。

▼キーワードプランナー公式サイトはこちら
https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

※キーワードプランナーはGoogleでの検索結果を分析してくれるツールですが、Yahoo!にも同じようなツール「Yahooキーワードアドバイスツール」があります。

 

キーワードプランナーの活用法

キーワードプランナーでは、検索キーワードの「ボリューム」がわかるということはご理解いただけたと思います。

突然ですが、例えば今あなたが「品川駅付近」にいて「ランチを食べたいな〜」と考えたとします。
実際にみなさんが検索をかけるときどんな方法で検索をかけるでしょうか。

「ランチ」
「品川 ランチ」
「品川駅 ランチ」
「ランチ 品川」などなど…

もちろん調べ方に正解などありません。

このように実際にユーザーが検索するキーワードには無限の種類があります。
つまり、キーワードひとつでは、重複した結果の可能性もあり、純粋で正確な結果を得ることは難しいのです。
そこで、キーワードプランナーでは「マッチタイプ」という機能があります。

マッチタイプには

①完全一致
②部分一致
③フレーズ一致
④絞り込み部分一致

の4タイプがあります。下記で順にご説明します。

①完全一致

完全一致は、設定したキーワードと完全に同じキーワードのみに反応します。
つまり、順番がキーワードの前後が入れ替わっていると反応しません。

具体的に 「品川 ランチ」に完全一致するキーワードは
「品川 ランチ」のみになります。

「ランチ 品川」でも一致しません。
そのため、前後を入れ替えたタイプと二種類ずつ設定しておくことをお勧めします。

 

②部分一致

部分一致は、広範囲の検索ユーザーに広告を見せるマッチタイプです。

例えば、Adwordsを利用している広告主が「品川 ランチ」とキーワードを設定した場合、「品川 ランチ」に部分一致するキーワードで検索をしてきたユーザーに広告を表示することができます。

具体的に 「品川 ランチ」に部分一致するキーワードは

「品川駅 ランチ」
「品川 東京 ランチ」
「ランチ 品川」
「品川 ランチ 安い」
などの多くが当てはまります。

対象範囲が広いので、検索ボリュームが少ないキーワードやキーワードがたくさん思いつかない場合にお勧めです。
ですが、予算が少ない場合は関係ないユーザーも拾ってしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

③フレーズ一致

「部分一致」よりも対象を絞り込み、「完全一致」よりもゆるい条件になります。
語順が同じでそのフレーズを含む語句が対象となります。逆順には対応していませんので注意しましょう。表記のゆれも掲載対象になります。

具体的に 「品川 ランチ」にフレーム一致するキーワードは

「品川ランチ」
「品川 ランチ 安い」
「駅近 品川 ランチ」等
が当てはまります。

 

④絞り込み部分一致

絞り込み部分一致はその名の通り、自分でキーワードを指定して、そのキーワードが含まれているものが対象になります。
表記ゆれも掲載対象となりますが、類義語は掲載対象になりません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

キーワードプランナーはGmailのアカウントがあれば誰でも無料で利用することができ、検索されるボリュームを知ることができます。
流入させたいキーワードのボリュームなどを知っておくと、サイトへ流入させるキーワードを考える際に役立ちます。

ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

参考になったらシェアをお願いします!