今すぐできるインスタグラムでいいねを稼ぐ方法

 

実生活にネットが欠かせなくなった現代、何をするにも、何を買うにも、ほとんどの人がネットを参考にしています。

かつては物を買う時、実際に足を運んで何度も躊躇し時間をかけて選んでいたものが、ネットを閲覧することによって、実際に商品を購入した不特定多数の生きた意見、つまり口コミを家にいながら見る事が出来ます。

ほとんどの人が口コミなどネットの意見を参考にしているため、SNSなどを企業独自に持つということは、自社の商品をPRするのに、最も時代に即した手段といっても過言ではありません。

しかし、ただ単に自社のSNSアカウントを作成に運用するだけでは、お客様に信頼される情報源にはなりえないでしょう。

SNSには、信頼できるアカウントか否かを見極める指標となるものが存在します。

それは、「いいね」の数です。

今回の記事では、情報の一方通行にならない、信用できるアカウントを作るための第一歩として、「いいね」を多くもらえる方法を紹介いたします。

今回はインスタグラムを例に挙げて、紹介していきます。

1 他の人の投稿にたくさん「いいね」する 

サービスや、商品の情報をたくさん投稿するアカウントがあったとしても、まずその存在に気づいてもらえなければ意味がありません。

そのために、色々な人の目に触れる方法として、ほかのアカウントの投稿に「いいね」をして、自分の存在をアピールしていきましょう。

そうすれば、相手のアカウントに通知が行き、自分の存在を知らせることが出来ます。

その際、自分の商品やサービスを欲していそうな相手(文房具メーカーなら女子高生や大学生など)に限定して「いいね」をすれば、「いいね」を返してくれる確率の高いアカウントからフォローしてもらえるかもしれません。自分の投稿に興味がありそうな人はどんな人か、考えることも大切な要素の一つです。

2 有用なハッシュタグを使う。 

インスタグラムには、#(ハッシュタグ)というものがあります。ハッシュタグは簡単に言うとキーワード検索する際に自分の投稿をヒットさせるときの目印のようなもので、例えば、#犬とつけて、ツイートをすれば、犬の投稿を探して、#犬で検索している方に自分の投稿を見てもらうことが出来ます。

つまり、大勢の人の目にとまる投稿をしたければ、多くの人が使うハッシュタグを使えばいいのです。

 

そのまま、投稿をするのも無しではないですが、大勢が検索するハッシュタグをつけることで見てもらえる確率は大幅に上がります。

では、多くの人が使うハッシュタグとは何か。

それは英語のハッシュタグです(笑)

よく考えてみれば当たり前ですよね。世界中にユーザーのいるインスタグラムで一番使われている言語は、もちろん公用語である英語です。

 

もちろん、商材によっては、ある言語が一番多く投稿されている言語なのかもしれませんが、まずは確実な英語で投稿してみることをお勧めします。

下記はそんなハッシュタグの中で、世界で最も利用率が高いもののランキングベスト10です。

インスタ人気タグトップ10!

  •  #love 925,433,515 posts
  •  #tagood    424,703,822 posts
  •  #me   378,107,090 posts
  •  #tbt   353,185,246 posts
  •  #follow  341,277,756 posts
  •  #cute 340,357,564 posts
  •  #followme     330,172,154 posts
  •  #photooftheday 322,081,212 posts
  •  #happy 306,925,439 posts
  •  #tagsforlikes 303,977,604 posts

簡単に言えば、こうしたハッシュタグを使えば、簡単に多くの人の目に留まる投稿が出来るというわけです。

そうやって多くの人に見てもらうことで、「いいね」の数はおのずと増えていくことでしょう。

とにかく、まずはあらゆる方の眼にとまるようにしましょう。

③写真の連投は避ける。

 

例えば、あなたの会社の新商品がでたとします。

あなたはこの商品を一人でも多くの眼に止めて、知ってもらい、買ってもらいたいと思い、ついつい連続して、その商品の写真を投稿してしまうことがあるかもしれません。

しかし、それは「いいね」を集めるうえでは悪手と言わざるを得ません。

あなたを縁あってフォローしてくれ、「いいね」を押してくれる方は、あなたの投稿だけを見たいわけではありません。

タイムラインを占拠してしまうような連続投稿はかえって疎まれてしまい、最悪の場合、ブロックされてしまいます。

そうならないように一日の投稿時間を決めたり、同じような投稿は控えるなどの工夫が必要です。 

やむなく連続で投稿しなくてはいけないときは、写真の種類をかえて投稿するなど変化を付けるなどの工夫が必要です。

④「いいね」をしてくれそうな時間帯に投稿する。

「いいね」をもらいやすい時間帯と「いいね」がもらいにくい時間帯があります。

インスタグラムを見ている人の状況は千差万別です。

仕事の合間にさらっとインスタグラムをチェックする人の場合は「いいね」をおすことはあまりないでしょう。

逆にお風呂上りにゆっくりインスタグラムの投稿を見ている人の場合は一つの投稿の閲覧にかける時間も長くなり、「いいね」ももらいやすくなるでしょう。

自分の投稿に「いいね」を付けてくれる人の背景や性格をを分析して、「いいね」をもらえそうな時間帯に絞って投稿してみましょう。

基本的に夜8時から9時の間の投稿が「いいね」をもらいやすいようです。

まとめ

shutterstock_641840647

広告を打つよりも費用がかからず、効率のいいPRが出来るSNSアカウントをもっていることは、会社にとって、大きな強みにもなります。今回紹介した方法を参考にしながらSNSを上手に使って、自社のサービスを世間に広めてみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト

インスタグラム「いいね!」を増やす5つの方法!世界中の人から見てもらおう!【instagram】

http://androck.jp/smartphoneuse/instagram/iinewohuyasu/

 

参考になったらシェアをお願いします!