≪これを読めばよくわかる!≫インフルエンサーマーケティングってなに?

こんにちは、内定者の角田です。

本日は、インフルエンサーマーケティングについてお話したいと思います!

はじめに

昨今ではインターネットやSNSの発展に伴い、個人が自由に情報を発信できる世界が浸透してきていますよね。

そしてそれは、ビジネスの世界にも大きな影響を与えています。

なかでも、最近では”インフルエンサーマーケティング”というものが注目を集めてきていることをご存知でしたか?

多くの企業が自社サイトや広告キャンペーンといったデジタルマーケティングの施策「インフルエンサー」と呼ばれる人物を起用するケースが増えてきているのです。

ですが、みなさんの中には「インフルエンサー」や「インフルエンサーマーケティング」という言葉の意味や定義が少し曖昧だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なので本日は、そんなインフルエンサーマーケティングについて詳しく解説していきたいと思います!

インフルエンサーとは

 

まずは、「インフルエンサーとは何なのか」ということからお話していきたいと思います。

インフルエンサーとは一言でいうと、「人々に影響を及ぼす人物」のことを指します。

インフルエンサーという言葉はそもそも、”influencer”という英語で影響を与える人という意味を持つ言葉が由来になっています。

一般的には人気のタレントや芸能人・スポーツ選手などといった、特定分野の中で大きな影響力をもつ人物に使われる言葉です。

 

しかし最近ではインターネットやブログやSNSなどの普及によって、タレントや芸能人だけに限らず、インターネット上で消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物を指す場合に使用するケースが増えてきました。

つまり、企業などに属していない匿名の個人が影響力を持つケースも増えてきたということです

具体的には、

▼ブログ上で日記やコンテンツを配信し、多くのPVを獲得する”ブロガー
▼動画共有サービスYouTubeで圧倒的人気を博している”ユーチューバー
▼写真共有サービスのInstagramで大勢のフォロワーがいる”インスタグラマー

などが挙げられます。

インフルエンサーマーケティングとは

 

ここからは本題となる、インフルエンサーマーケティングについて解説していきます。

インフルエンサーマーケティング(Influencer Marketingとは、企業が特定のコミュニティにおいて強い影響を与えるインフルエンサーを起用することで、消費者の購買行動に影響を与えるマーケティング手法です

 

インフルエンサーマーケティングは、効果的に商品やブランドに対する認知や購買意欲の向上を実現することができる手法として注目されています。

企業が直接消費者に対してメッセージを発信する従来型のマーケティングとは異なり、インフルエンサーが自身の視点をもとにコミュニティに合わせた最適化された情報発信をするためです。

具体的な方法としては、インフルエンサーに企業の商品やコンテンツを実際に利用してもらい、そのプロセスをブログやSNSを使って宣伝するのが一般的です。

 

インフルエンサーを起用するメリットとして狙った層のユーザーに拡散できる、ということが挙げられます。

女子高生に影響力のある人物、働く女性のカリスマ的人物などをインフルエンサーに起用することによって特定のターゲットを狙いやすくなるのです。

さらに、より共感性の高いコンテンツを生むことで、質の良い口コミが広がりやすくなります。

他のマーケティングに比べると、狙ったターゲット層への影響力が高いということがインフルエンサーマーケティングの特徴です

インフルエンサーに注目が集まる背景とは?

 

インフルエンサーが注目される背景には、消費者の購買に関わる行動の変化が挙げられます。

一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会が発表している”スーパーマーケット白書”によると、『SNS による商品やサービスの購入経験がある』と選択した割合は、

・20代の女性が30%以上
・30代の女性が約25%
・男性、女性の大半の世代が10%以上

を占めています。

 

また公益財団法人の吉田秀雄記念事業団が発表している”2020年の消費者”によると消費者の購買に関する全世代の意思決定プロセスにおいて購入時に参考にするメディア・媒体を「クチコミサイト」と選択している割合が最も高くなっています

さらに関心のきっかけや調査においても「クチコミサイト」の活用は高い割合を示しており、今後もこの流れは続くとされています。

このことからも、SNSはこれから交流の場としての役割だけでなく情報収集の場としての役割が強化されていき、消費者の消費行動に強い影響を与える存在になると予想できます

このように消費者の購買に関わる行動の変化がインフルエンサーを起用したマーケティングを活性化させた要因だと考えられます。

おわりに

みなさまいかがでしたでしょうか。

本日はインフルエンサーマーケティングについて詳しくご紹介いたしました。

共感を生みやすいインフルエンサーを起用することで、自社の商品・サービスの認知を高めることができます。

ぜひ参考にしてみてください!

参考になったらシェアをお願いします!