【はじめのはじめからやりたい方へ】Googleアナリティクスの基本的な使い方②

こんにちは!ミスターフュージョンの西村です。

Webマーケティングの基本は、「WEB(インターネット)を活用して、企業の売上、営業利益を伸ばすこと」です。
そのための手段として、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールが利用されています。

数多くあるアクセス解析ツールの1つである、Googleアナリティクスはたくさんのカタカナ用語や選択肢があり、どれを触ればいいのかサッパリ…という方もいるのではないでしょうか??

今回はGoogleアナリティクスの基本の基本「レポート画面」の見方をご紹介します。
こちちらは【はじめのはじめからやりたい方へ】Googleアナリティクスの基本的な使い方のパート②になります。

レポート画面を見てみよう!

前回は、レポート画面の左側にあるアナリティクスアカウントと各レポートの説明をしました。
今回は右側のグラフや数値が並んでいる方の画面を詳しくご紹介します。
※内製化支援.comの「集客>全てのトラフィック>チャネル」のアナリティクス画面を元に説明します。

①レポートヘッダー

ヘッダーにはレポートのタイトルとツールが表示され、ツールで行なった操作はレポート全体に反映されます。
現在「チャネルレポート」を見ているのでヘッダーにはチャネルと表示されています。
右側にあるツール
・保存
→表示されたレポートを保存できます。保存したレポートはカスタム>保存済みレポートからアクセスできます。

・共有
→表示されたレポートをメールで送信できます。PDF、エクセル、CSVの3種類のフォーマットを選択できます。また、メールの送信頻度も1度だけではなく、日別や週別などの選択ができます。毎日アナリティクスの画面を開く時間がない人もこの機能で確認が簡単にできますね。

・エクスポート
→レポートのデータをエクスポートできます。メールでの送信と同じようにPDF、エクセル、CSVの他にGoogleスプレッドシートも選択可能です。

・編集
→レポートの指標やディメンションを自由に選択し、カスタムレポートを作る画面に遷移します。この機能で編集したレポートはカスタム>カスタムレポートからアクセスできます。
▶︎指標とディメンションについてはこちら

右下の期間選択ツールではレポートの日付範囲を変更できます。
「比較」にチェックを入れると、2つの期間の数値を比較して見比べることもできます。

②レポートタブ

上部の「タブ」と下部の「指標グループ」に分かれています。
・タブ
→ほとんどの標準レポートには「エクスプローラ」タブが表示されます。レポートによって「地図表示」やサマリーも表示されます。これによってデータの見せ方を切り替えることができます。

・指標グループ
→データ表に表示する指標(「概要」、「サイトの使用状況」、「目標セット1」など)を指定できます。

③グラフ

ここでは、データを視覚的に確認することができます。
操作はそれぞれ
・指標選択
→グラフに表示される指標を変更できます。セッションと直帰率など2つの指標をグラフ上で比較することができます。

・時間
→グラフの時間単位を変更できます。時間単位、日単位、週単位、月単位のいずれかを選択できます。

・グラフタイプ
→グラフの表示方法を変更できます。折れ線グラフ、モーショングラフを選択できます。

の3タイプがあり、表示変更ができます。

また、グラフ上にはメモを残すことができるため、数値が跳ね上がった時やある施策を行ったことなど自由に書き込めます。

④データ表

データ表にも様々な機能があり、表示を切り替えて使うことができます。
■プライマリディメンションの選択

表上部のプライマリディメンションの右側では、表のディメンションを変更することができます。

現在はチャネルが選択されているため、ユーザーが自然検索(Organic Search)をして訪れているのか、ブックマーク(Direct)から訪れているのかを項目ごとにデータで見ることができます。

ほかにも参照元にすれば、どこからきたのか(Google、特定のWebサイトのURLなど)や、どのデバイス(PC、スマートフォンなど)で見られているのかなども分かります。

■セカンダリディメンションの追加
セカンダリディメンションとは掛け合わせを行う新たな切り口を追加することです。

例えば、先ほどのチャネルのプライマリディメンションに「時」のセカンダリディメンションを追加します。
すると、15時に自然検索を行うユーザーが1番多いことがわかりますよね。
色々な掛け合わせを試してみると、新たな発見があるかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか?
基本的な使い方や見方はわかりましたか?
Googleアナリティクスを使えるようになるにはまず触ってみることが一番です。
基本的にGoogleアナリティクスは無料サービスのため、間違えて何かしらのボタンを押してしまっても、設定が変わることやお金がかかる心配はありません。

色々な画面を見てみて、発見を通して学ぶことがGoogleアナリティクスを使いこなす近道です。
その中で、知らない単語やわかりにくい用語があれば「初心者じゃないからって油断してない?実は知らないアナリティクスのあのワードを詳しく解説」の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

 

参考になったらシェアをお願いします!