【保存版】3ステップでアクセスログ解析から改善案を考える方法

こんにちは!ミスターフュージョンの西村です。

「Googleアナリティクスの数値を見るのにも慣れてきた!」
「この数値はこの期間にこれだけの人が来たってことだな!」
「このページはこれだけ注目されているんだ!」
など慣れてくると多くの発見ができて楽しくなってくるはずです。

でも、Googleアナリティクスを使う目的はただ数字の羅列を見るだけでしたでしょうか?

Googleアナリティクスの解析ができるようになったら、
その数値を見て改善案を出し、さらにより良い数値に近づけることが醍醐味ですよね。

今回はその改善案を考えるために解析から施策を考えるまでのポイントをご紹介します!

①仮説を洗い出す→分析方針の整理

まずは、Webサイトを見て仮説を洗い出すことが大切です。初めに立てた仮説を元に分析、施策と行うと、とてもスムーズに進みます。
仮説を立てることに慣れていない人は、とにかくWebサイトを見てみて気がつくことを箇条書きで挙げていくのも良いでしょう。そこから、ユーザー目線・アナリスト目線で見てみると、様々な気づきが出てくるはずです。

例えば、ECサイトで反応装置がページの上・真ん中・下の3箇所にあるという気づきを得たとします。そこから、あなたは「カートに入れるボタンがページ上部にある方が押される」という仮説を立てたとします。
そこで出てくる分析方針が「どの反応装置がもっとも利用されているかの分析」ですよね。
このように、仮説を多く立てて、その仮説ごとに分析方針をまとめましょう。

分析方法は、アナリティクス内で様々なので、この時点では深く考えなくても良いです。

②Googleアナリティクスで基本的な数値を確認する

⒈時系列の訪問やコンバージョンの傾向を把握する

直近数年の重要な指標を時系列で確認してみましょう。
訪問者・訪問回数・ページビュー数・直帰率・コンバージョン率・新規率などの基本データを月・週・日単位で確認します。

このときにチェックするべきポイントは、全体的な増減、季節的なトレンド、想定外かつ急激な増減です。
データを分析する上で訪問の特徴を把握することは分析範囲を決める際参考になります。また、急激な増減があった期間はその原因を探ることで改善案に繋がるかもしれません。

⒉流入元ごとの推移を把握する

流入元ごとの流入数やコンバージョンへの貢献度を確認しましょう。
どの流入元からのアクセスが多いのか、まずは「チャネルレポート」で数値を確認し、そこから変化(例えば「先月のスマートフォンからのアクセスが急激に上がっている」など)があればさらにソーシャルメディアやキーワードごとの内訳を見てみると良いでしょう。

⒊ランディングページと直帰率を把握する

Webサイトへの入り口で流入量が多いページを確認しましょう。
入り口ページの直帰率はコンバージョン率から成果に貢献しているページをチェックしておきましょう。また、流入が多いかつ直帰率が高いページは改善対象として有力なページです。

⒋新規・リピート別のデータ

多くのWebサイトにおいて、新規とリピーターで行動は大きく変わります。
新規・リピーター別で「⒈時系列の訪問やコンバージョンの傾向を把握」しておくと良いでしょう。

⒌コンバージョンデータの確認

Webサイトの目標として何が設定されているのか、目標数値が達成できているかを確認しておきましょう。たまに、コンバージョンの設定をしていないWebサイトがあります。
今のWebサイトで決まりきった目標がなくても、いいねの数やメルマガの登録など目標を立てましょう。
そうすることで、改善成果が目に見えてわかります。

③施策検討

⒈Webサイトの良い所・悪い所・特徴を見つける

Webサイトの分析から得られる気づきは3つに分類することができます。
Webサイトの良いところ・悪いところ・特徴の3つです。
分析により、この3つに気がつけば、あとは簡単です。

良いところ→それをさらに伸ばすために何ができるか
悪いところ→それを改善するために何ができるか
特徴→それをどのように活かすことができるか

このようにそれぞれ仮説を立てて、また分析をして改善を繰り返すのです。

⒉自社Webサイトデータを活用する

自社サイト内にも成果が出ているページと出ていないページの2つが必ず存在するはずです。
その違いを見つけるのが改善案を出すのにとても役立ちます。

単純に言えば、商品Aは写真が3枚登録されていて、商品Bは写真が10枚登録されている。成果は商品Bの方が売れている。
となれば、写真の数は多い方が良いということになりますよね。

自社Webサイトのデータは全て見ることができます。全てのデータを駆使して改善をはかどらせましょう。

⒊ポイントを決めて同業他社と比較する

自社サイトでうまくいっていない箇所があり、改善しなければいけないのはわかっているが、どこをどう改善すればいいのかのアイデアが浮かんでこない…
自社Webサイトを見ているだけで改善のアイデアが出てこない場合は、同業他社のアイデアを参考にすると良いでしょう。

しかし、単純になんとなく同業他社を比較しているのでは意味がありません。分析して得られた気づきの部分をピンポイントで確認することが良いでしょう。

例えば、フォーム入力画面で直帰率が高く、コンバージョンにつながらない。という課題があります。そこで、同業他社のフォームをみてみたら、意外な項目が省かれていたり、言い回しが違ったり、参考になる箇所がたくさんあるかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか?
この流れを踏まえて、まずは簡単なものからアナリティクス分析・施策を考えてみてください。

参考になったらシェアをお願いします!