【アクセス解析の基本】Googleタグマネージャーを導入することで得られる3つのメリット

こんにちは、ミスターフュージョン メディア事業部の山田祐輔です。

今回は、Googleタグマネージャーを導入することで得られる3つのメリットについて解説いたします。

Googleタグマネージャー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-11-51-22

→ Googleタグマネージャーはこちら

Googleタグマネージャーを導入することで得られる3つのメリット

1、イベントトラッキングが柔軟に行える

shutterstock_119233999

まず、イベントトラッキングとは、ユーザーがサイトでどのような行動をしたか計測できる便利な機能の事です。

外部リンク(自社のサイトから外部のサイトへ飛ばす)のクリック数、PDFファイルやメルマガ登録などの発生件数を測定するにはこの「イベントトラッキング」を実施する必要があります。

ただ、通常イベントトラッキングを行うには、ページのHTMLソースの<a>タグ(エータグ)に※onclickイベントハンドラを記述する必要があり、手作業では膨大な時間がかかります。

shutterstock_422489755

しかし、Googleタグマネージャーには、ユーザーが特定のクリックした時だけタグを動作させる機能が用意されているため、<a>タグに1行も追加することなくイベントトラッキングを実行できます。

※onclickイベントハンドラとは、「onclick」イベント(要素やリンクをクリックした時に発生)を検出し、イベントに処理を与えるのに使用します。

2、クロスドメイントラッキングが柔軟に行える

shutterstock_284051513

クロスドメイントラッキングとは、複数のドメイン(サイト)をまたいで1つのドメインとして解析することを指します。

例えば、本体サイトのドメインとは別にリスティング広告からランディングページ専用のドメイン(サイト)を設けていて、それらを統合して解析したい場合などに利用されます。

クロスドメイントラッキングを行うには、両方のドメインに埋め込まれているトラッキングコード(解析コード)を改修する必要がありますが、Googleタグマネージャーで管理していれば設定変更だけで済み、慣れれば15分ほどで設定が完了します。

3、Cookie(クッキー)の発行や読み取りが行える

shutterstock_326734766

例えば、「ページAを見てから5分以内にページBを表示した」というユーザーのアクションを目標(コンバージョン)として設定したい場合、Googleアナリティクスの標準トラッキングコードには適切な方法が用意されていないため、カスタマイズしたトラッキングコード(解析コード)を対象のページに挿入する必要があります。

GoogleタグマネージャーではWEBサーバーに依存することなく、クライアント(自社)側で※1Cookie発行できるため、以下のような目標設定が可能です。

①ページAを閲覧したユーザーの※2ブラウザに、有効期間5分間のCookieを発行する

②ページBを閲覧したユーザーのブラウザに①でセットしたCookieがあれば、イベントを送信する

③イベントの発生をGoogleアナリティクスの目標として設定する。

※1 Cookie(クッキー)とは、

Cookieとは、Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組み。 CookieにはWebサイト(Webサーバ)側が指定したデータを保存しておくことができ、利用者の識別や属性に関する情報や、最後にサイトを訪れた日時などを記録しておくことが多い。

引用元:https://e-words.jp/w/Cookie.html

※2 ブラウザとは、GoogleChromeやIE,FirefoxなどのWEBブラウザを指します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Googleタグマネージャーを導入することで得られる3つのメリット」について解説しました。まとめると、

1、イベントトラッキングが柔軟に行える

→Googleタグマネージャーを使えば、外部リンクなどどれだけクリックしたか解析したい場合に簡単に計測が行える。

2、クロスドメイントラッキングが柔軟に行える

→Googleタグマネージャーを使えば、関連する別のドメイン(サイト)のトラッキング数も一元管理することができる。

3、Cookieの発行や読み取りが行える

→Googleタグマネージャーを使えば、別ページに何分以内に移行した、などの詳細なデータを取得することができる。

上記のようなことを簡単に行うことができます!

ぜひ、Googleタグマネージャーを活用して、業務の効率化を図っていきましょう!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ミスターフュージョン メディア事業部所属。「WEB制作」内製化支援.com編集長。「WEB制作」内製化支援.comの記事執筆や毎月、企業のWEB担当者様向けに「WEB担当者育成プログラム」を開催しています。 趣味:ブログを書くこと、映像制作。