こんにちは、WEBマーケティング事業部の片岡高志です。

以前こちら(https://mr-fusion.net/google-tag-manager-benefits/)の記事でGoogleタグマネージャーのメリットについて解説しましたが、タグマネージャーのもうひとつのメリットとして、リスティング広告や各種WEB広告のタグ設定をスピーディーに行えることがあります。

しかし、設定方法を誤ると、広告の成果が正しく計測できないなどのトラブルに陥ってしまいます。

そのような事態を避けるために、これまで何となくGoogleタグマネージャーを使っていた、という方も、理解を少し深めておきましょう。

Googleタグマネージャーの基本仕様〜「タグ」と「トリガー」〜

Googleタグマネージャーには「タグ」と「トリガー」という2つの重要な要素があります。

「タグ」は、「コンバージョンタグ」「リマーケティングタグ」「イベントトラッキングタグ」など、従来HTMLに設置していた1つ1つのタグに該当します。

一方、「トリガー」は、タグが「発火」するポイント(タイミング)を定義するものです。

広告のコンバージョンタグであれば、サンキューページが読み込まれた(表示された)時に、電話コンバージョンタグであれば、電話番号ボタンがクリックされた時に、リマーケティングタグであれば、任意のページが読み込まれた時に、「発火」する必要があります。

これは、普段リスティング広告等のタグを設置する時には意識することが少ないかもしれませんが、ページのhead内やbody内に記載するタグは、ページが読み込まれた時に、onclick=”〜”のような形式で記載するタグは、それがクリックされた時に「発火」しているのです。

「トリガー」は、このような「タグ」が「いつ」「どこで」「何をしたら」動作するのかを決める設定です。

Googleタグマネージャーでは、「タグ」は、「トリガー」にひも付けられない限り、動作しません。

一方、ひとつのトリガーに複数のタグを紐付けることもできます。

リスティング広告の計測をタグマネージャーに移行する手順

既にリスティング広告のタグをサイトに設置している場合、タグマネージャーを新たに設定する際には、手順に注意が必要です。

手順を間違えると、二重計測が発生したり、タグがエラーになったりしてしまうことがあります。

1.Googleタグマネージャーのタグ・トリガーの設定を行う(タグは公開しない)

2.サイトにGoogleタグマネージャーのタグを設置する

3.「プレビュー」で動作確認を行う

4.Googleタグマネージャーに設定を移行するリスティング等のタグを全て外す

5.(4と同時に)Googleタグマネージャーのタグを公開する

※タグの「プレビュー」や「公開」については後日解説いたします。

リスティング広告向けのタグマネージャーの設定一覧

以下のような運用を行っている場合を例に取ると、

・サイトには「来店予約」と「お問合せ」フォームがある。

・AdWordsでは上記2箇所のコンバージョンと、電話コンバージョンを設定。リマーケティングを実施。

・Yahoo!リスティングでは、では上記2箇所のコンバージョンと、電話コンバージョンを設定。

・YDNでは、上記2箇所に共通のコンバージョンタグを設定、リターゲティングを実施。

・Facebook広告を実施(Facebookピクセル使用)

タグ・トリガーの設定は、以下のようになります。

名前 タイプ配信トリガー
AdWords CV お問合せAdWords コンバージョン トラッキングお問合せ完了
AdWords CV 来店予約AdWords コンバージョン トラッキング来店予約完了
AdWords リマーケティングAdWords リマーケティングAll Pages
AdWords 電話CV 共通タグカスタム HTMLAll Pages
Facebook広告カスタム HTMLAll Pages
Yahoo CV お問合せカスタム HTMLお問合せ完了
Yahoo CV 来店予約カスタム HTML来店予約完了
Yahoo 電話CV 共通タグカスタム HTMLAll Pages
YDN CV お問合せ・来店予約カスタム HTMLお問合せ完了、来店予約完了
YDN リターゲティングカスタム HTMLAll Pages
AdWirds/Yahoo! 電話CV クリックタグカスタム HTML電話番号クリック

トリガーのうち、「All Pages」は、Googleタグマネージャーデフォルトで用意されているトリガーです。

任意のページが読み込まれる時に発火する、という意味です。

AdWordsのリマーケティングタグや、YDNのリターゲティングタグ、全ページ共通のFacebookピクセルなどは、このトリガーに対して配信します。

「お問合せ完了」「来店予約完了」などのトリガーは、以下のように設定します。

上記は、PC向けのサンキューページのURLと、スマートフォン向けのサンキューページのURLが異なる(かつ、同一のコンバージョンとして計測する)場合の設定です。

別々に計測したい場合は、別々のトリガーとして設定する必要があります。

PCとスマートフォンのURLが共通であれば、もちろん設定はひとつで構いません。

なお、「Page Path(パス)」は、URLのうち、ドメインより後の部分(スラッシュを含む)を指します。

トリガー「電話番号クリック」は、以下のように設定します。

※設定方法は一例です。上記の設定のみでは不十分なケースもあります。

※上記は、電話発信ボタンのタグが、<a href=”tel:XX-XXXX-XXXX” 〜> となっていることが前提です。

AdWords用リスティング広告タグのタグマネージャー設定

 

■コンバージョンタグ

タグタイプ「AdWords コンバージョン トラッキング」を選択します。

「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を設定するだけでOKです。

トリガーは前項で作成した「〇〇完了」を選択します。

■リマーケティングタグ

タグタイプ「AdWords リマーケティング」を選択します。

通常は「コンバージョンID」を指定するだけでOKです。

トリガーは「All Pages」を選択します。

Yahoo!リスティング・YDN用広告タグのタグマネージャー設定

■コンバージョンタグ

タグタイプは「カスタムHTML」を選択し、「HTML」欄にタグをそのまま貼り付けます。

「document.writeをサポートする」は、JavaScriptがよくわからなければ、とりあえずチェックしておきましょう。

トリガーは前項で作成した「〇〇完了」を選択します。

なお、複数のトリガーを選択すれば、両方のページに同じコンバージョンタグを設置したのと同じ扱いになります。

■リターゲティングタグ

こちらもタグタイプは「カスタムHTML」を選択し、「HTML」欄にタグをそのまま貼り付けます。

トリガーは「All Pages」を選択します。

電話コンバージョンのタグマネージャー設定

電話コンバージョンの計測には、Yahoo!リスティング・AdWordsとも、いわゆる共通タグ(全ページのhead内に貼り付けるもの)と、onclickタグ(各電話ボタンに設置するもの)の2種類からなっています。

タグマネージャーでも、この2種類を設定する必要があります。

■共通タグ

タグタイプは「カスタムHTML」を選択し、「HTML」欄に共通タグをそのまま貼り付けます。

配信トリガーは「All Pages」で構いません。

Yahoo!リスティングの共通タグも同様に設定しておきます。

■onclickタグ

Yahoo!リスティング・AdWordsの両方の電話コンバージョンを計測する場合は、以下のように設定します。

※XX-XXXX-XXXXの部分には、実際に発信される電話番号を入れてください。

配信トリガーは先に作成した「電話番号クリック」です。

なお、Yahoo!リスティングのみの場合は、

AdWordsのみの場合は、

と設定します。

その他の広告のタグ

基本的には全て、タグタイプ「カスタムHTML」を使用することになります。

また、基本的には「HTML」欄に、タグをそのまま貼り付けるだけで問題ありません。

全ページに設置するタグはトリガー「All Pages」を、サンキューページのみに設置するタグは、作成した「〇〇完了」などのトリガーを使用します。

但し、データフィード型広告のリターゲティングコードのように、ページによってタグの内容を変えなければならないものや、アフィリエイトのコンバージョンタグのように、アクセスごとに内容を変えなければならないタグは、この限りではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Googleタグマネージャーは、上手に使えば、タグ管理の効率化や、タグの設置・改廃作業の省力化に繋がります。

一方で、よくわからないまま使用すると思わぬトラブルの元になってしまいます。

いくらツールが便利になっても、チェックとテストは忘れずに。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です