【Google検索の有効活用】意外と知らない!Google検索における「検索構文」の効果的な使い方

こんにちは、WEBマーケティング事業部の難波です。

普段皆様が使用しているGoogle、Yahoo!等の“検索エンジン”。

「検索ボックスに調べたい内容、キーワードを入力して、ポチッと検索するだけ」

「皆同じように使っていて、調べ方で大きく差はつかない」

そんな風に思っていませんか?

実は、検索エンジンには、サイト管理者等に向けた特殊な検索構文(検索コマンド、検索オペレータ)が用意されています。

これらを使いこなすことで、検索の効率、質をはるかに向上させ、ライバルに差をつけることができるのです。

今回は、「意外と知らない!Google検索における「検索構文」の効果的な使い方」について述べてまいります。

Google検索における「検索構文」の効果的な使い方

検索構文とは

Googleの検索ボックスは、デフォルト(初期状態)では、入力されたキーワードに一致したページを表示する仕様になっております。

キーワードは複数入力することも可能で、「AND検索」(入力された複数のキーワードに順不同で一致するページを表示)が基本です。

多くの方々は、この検索を常用していると思いますが、実は特殊な検索構文を使用することで、通常のキーワード検索とは全く異なる検索結果が表示され、情報収集の領域を格段に広げることができます。

検索構文にどういうものがあり、どういう役割を果たすか、順番に見てまいりましょう。

フレーズ検索(””)

検索キーワードを二重引用符(””)で囲むと、通常の順不同ではなく、そのままの語順で一致するページの検索が可能です。

Googleの検索システムの発展により、ユーザーの検索意図が探求されるようになっています。そのため、キーワードの順番は昔ほど重要ではなくなってきていますが、依然として順番が重要な検索ファクターである場合も存在しています。

例えば、「東京 大学」と「大学 東京」という検索キーワードは、順不同では同じキーワードですが、検索結果は現在でも大きく異なります。

「東京 大学」の検索結果

「大学 東京」の検索結果

フレーズ検索は、語順が重要なキーワードの検索の際に役に立つます。

サイト内検索(site:)

site:URL

を検索すると、指定したサイトがGoogleの検索エンジンにインデックス(登録)されている数を確認することができます。

インデックス数がコンテンツ量に比例する場合が多く、SEO(検索エンジン最適化)対策に有利とされています。自社サイトと競合サイトのURLをsite:検索にかけることで、WEB上での戦力差を確認できるのです。

また、

site:URL キーワード

のように、URLの後にキーワードを入力することで、特定のサイト内で、指定したキーワードが含まれるページのみを検索することができます。

これは、外務省のサイトから「海外旅行」に関する記事だけを抽出した検索結果です。

サイト内検索機能を有しないサイトの中身を精査する際など、非常に有効な検索方法といえます。

関連サイト検索(related:)

related(リレイティッド)は「関連性を有する」といった意味の英単語で、

related:URL

のように検索すると、特定のサイトに関連するサイトを検索することができます。なお、関連性の有無・程度は、Googleが様々なサイト情報を分析し、評価しています。

 

弊社の場合、代表の石嶋のインタビュー記事、採用サイトへの出稿情報、フェイスブックページなどが表示されます。

関連サイト検索も、競合調査に非常に有効な手法です。競合企業名の検索だけでは見えにくい様々なつながりを発見する契機になるはずですので、是非試してみてください。

キャッシュ検索(cache:)

「キャッシュ」とは、保存された記憶データ、バックアップを意味する用語で、WEBサイトの場合、高速表示のために活用されています。

cache:URL

のように検索すると、Googleが過去のいずれかのタイミングで取得したバックアップデータをもとに、特定のWEBサイトが表示されます。

URLのhttp(https)を書き換えることでも検索は可能です。

(通常のURL)https://mrfusion.co.jp/

(キャッシュ検索)cache://mrfusion.co.jp

コーディングのミスにより、サイトのデータが崩れてしまったような場合、元の状態の確認、復旧等のためにもキャッシュは利用されます。

ワイルドカード検索(*)

検索したい語句*検索したい語句

のように、分かっている部分だけ入力し、分からない箇所を「*(アスタリスク)」で表記して検索することで、Googleが情報を補足して結果を表示されます。

人物名の一部を忘れた場合(「ジョージ・W・ブッシュ」)

セリフ・文章の一部を忘れた場合(「人民の人民による人民のための政治」

検索精度の向上により、様々なキーワードを手当たり次第に入力しても、目的を達成できることの方が多いと思います。しかし、一部を覚えているのであれば、ワイルドカード検索を利用することで検索スピードを格段に速めることができるのです。

まとめ

この記事では「Googleを使いこなす!検索構文」について述べてまいりました。

日頃当たり前のように利用しているからこそ、また闇雲にキーワードを入力してもある程度の成果が得られるからこそ、検索スキルの向上は怠りがちです。

ここで紹介したもの以外にも、様々な検索手法がありますので、一つでも多く体得して、日頃の業務に役立ててください。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です