【WEB担当者向け】Googleアナリティクスで最低限、毎日チェックすべき3つのポイント

こんにちは、WEBマーケティング事業部の望月です。

WEB担当者にとって、サイトを改善していく上で日々の数字の進捗を追っていくことは非常に重要ですよね。

しかし、そんな事は分かっているけど、Googleアナリティクスをチェックしたくてもチェックする時間が十分に取れない・・と嘆いている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は最低限、毎日チェックすべき項目3つと、グーグルアナリティクスでのその画面の開き方(見方)をご紹介いたします。

Googleアナリティクスで毎日チェックすべき3つのポイント

1、サイトの全体概要をチェックする

まず、サイト全体の概要をチェックするには、「ユーザー」の中の「サマリー」という項目から確認をします。

グーグルアナリティクスでは、以下のキャプチャの赤枠「サマリー」をクリックしましょう。

この画面では、サイトに訪問したユーザーの「セッション数(訪問数)」「ユーザー数(UU数)」「ページビュー数」「ページ/セッション数(平均ページビュー数)」「平均セッション時間」「直帰率」「新規セッション率」を確認することができます。

各項目の概要

それぞれの数字についての定義と、確認するべきポイントは以下の通りです。

・セッション数(訪問数)

ユーザーがサイトに訪問した回数を指します。サイトに訪問してから、出て行くまでを「1セッション」と計測します。

つまり、複数のページを見て、出たユーザーも1セッションですが、ランディングしたページを見てそのまま帰ったユーザーも1セッションということになります。

チェックポイント…昨年に比べて増減しているか確認をします。数字が落ちている場合には、集客>参照元メディアからどの流入元を確認し「どこからの流入元が減少しているのか」を確認すると対策が考えられます。
・ユーザー(UU数)

ここでのユーザー数は、ユニークユーザー数を指し、セッション数とは異なり純粋なユーザーの訪問数です。つまり、同じユーザーが何度訪問をしていても1人は1人と計測する数え方です。

・ページビュー数

訪問したユーザーが合計でどのくらいのページを閲覧しているかを確認することができます。

・ページ/セッション数(平均ページビュー数)

平均ページビュー数では、1ユーザーが訪問した際に平均で閲覧しているページビュー数の平均値を確認することができます。直帰率が高いと必然的に少なくなります。

チェックポイント…平均ページビュー数は、基準値が3~5ページです。これ以上多い場合には、少ない場合にもサイトの動線に問題があると言えます。ただしECサイトの場合には5ページ以上が基準値となります
・平均セッション時間

ユーザーが訪問してから離脱するまでの平均の時間です。

チェックポイント…1分以上が基準値ですが、基本的には長いほうがよいです。
・直帰率

一番初めにみたページ(入口ページ=ランディングページ)のみを見てそのまま帰ったユーザーの割合を指します。

チェックポイント…60%以下であるかどうかを確認します。60%以上の場合には問題があるため、入口になっているページを改善すべきです。数字は低いほうがいい状態であると言えます。
・新規セッション率

新規ユーザーの全体のセッションの割合を確認することができます。※新規ユーザーの定義は、過去2年以内にサイトを訪問したことのないユーザーを指します。

チェックポイント…50%前後が基準値です。50%以上になっている場合には、リピーターが足りていないため、リピーター向けの施策の強化が必要と言えます。

2、効果的なキーワードを探す

 日別のチェックでは、どのキーワードから反響が得られているのかを把握することが大切です。

これは、「集客」の中の「キャンペーン>オーガニック検索キーワード」を開くと確認することができます。

画面操作方法は以下の赤枠キャプチャ部分です。

上記のサイトの場合には、一番成果が出ているキーワードは(not provided)となっており、確認をすることができません。

原因としては、検索エンジンがSSL化をしていることで検索ユーザーの個人情報の保護が強化されていることがあります。よってグーグルアナリティクスに検索キーワードの情報が提供されていない状況ということです。

対策として

リスティング広告を行っている場合にはAdwordsの管理画面から成果がでている「キーワード」が詳細にわかります。

また、リスティングを行っていない場合には、サーチコンソールの「検索クエリ」から検索結果に表示された際のキーワードを確認することができます。

サーチコンソールの「検索クエリ」の画面は以下のようなものが確認できます。

3、効果的なコンバージョンのルートを見つける

確認すべき画面は、「コンバージョン」の中の「目標到達プロセス」です。

成果の数の確認はもちろんですが、どのルートを辿ってユーザーが反響しているのかを確認することが大切です。

画面操作方法は以下の赤枠キャプチャ部分です。

入力画面にたどり着いているユーザーが入力する前にどのページを見て入力画面にたどり着いたのか、を知ることが非常に重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は、毎日最低限確認する項目はこの3つだけなんです。

グーグルアナリティクスの操作さえ慣れれば3分もかからずに確認できるので、ぜひご活用ください!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

「WEB内製化」の”要点”がギュッと詰まっています!


Amazon「本 の 売れ筋ランキング」1位を獲得!

「この本のやり方を知らないのは、 あまりにも、もったいない。 ホームページは、自社の商品・サービスをお客様の都合に合わすことができる非常にすぐれたツールだ。わが社は1年で売上が6億円増えた」

あの小山昇社長(株式会社武蔵野代表)も驚く、
すごい成果が続々!
(実践企業の93%が、ホームページで過去最高売上を更新中!)

「ホームページのことはよくわからない」という、社長さんこそ、必読です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です