【WEB担当者必見】Google Analyticsでここだけは押さえておきたい基本メニュー5つ

こんにちは、WEBマーケティング事業部の中元です。

サイトを運営していて必ず必要になってくるのが運営しているサイトのアクセス解析です。

Google Analyticsを使って分析していく中でどこを見て調べたら良いのか迷った方も多いのではないでしょうか。

そんなGoogle Analyticsの解析で迷った時に、ここだけはチェックして欲しい基本メニューを5つを紹介させていただきます。

Google Analyticsでここだけは押さえておきたい基本メニュー5つ

Google Analytics基本メニューとは

メニューと表現しないかもしれませんが知っておいていただきたい内容5つが下記になります。

1,リアルタイム

2,ユーザー

3,集客

4,行動

5,コンバージョン

それぞれ、どのようなことが知れるのかをこれからご紹介いたします。

リアルタイムメニュー

上記メニューでは、運営しているサイトに「どんな人が」「どのぐらい訪問したか」を見るための場所になります。

もう少し具体的にお話しますと、

・セッション⇒ あなたのサイトに何回訪問したか?

・ユーザー数⇒ あなたのサイトに訪問した人の数

・ベージビュー数⇒ あなたのサイトの中で見られたページの数

・ページ/セッション⇒ 1度の訪問ごと、何ページ見られたか?

・平均セッション時間⇒  1度の訪問につき何分滞在したか?

・直帰率⇒ 1ページのみを見て帰った人の割合

・男女比⇒ 訪問した人の男女比率

他にもいろいろと調べることができます。

集客メニュー

上記メニューは、「ユーザーが運営サイトにどこから来ているのか?」というアクセス元を調べる為のメニューです。

もう少し噛み砕いてお話すると下記の項目になります。

・Organic Search(オーガニックサーチ)
YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション
・Paid Search(ペイドサーチ)
検索連動型広告からのセッション
・Display(ディスプレイ)
YDNやAdWordsのディスプレイ広告からのセッション
・Direct(ダイレクト)
ブックマークなどの直接のセッション
・Referral(リファラ)
個人ブログなどの他サイトからのセッション
・Other(アザー)
Google アナリティクスで上手く分類できなかったセッション
・Email(イーメール)
メールマガジンからのセッション
・Social(ソーシャル)
TwitterやFacebookからのセッション

行動メニュー

上記メニューは、「ユーザーが運営サイトに来てから、どのように行動したか?」を調べる為のメニューです。

もう少し噛み砕いてお話すると下記の項目になります。

・訪問者が、どのページからどのページへと移動しているか?

・最初に読まれているページ(ランディングページ)はどこか?

・離脱したページはどこか?

・ユーザーの滞在時間は?

・直帰率はどれくらいか?

・離脱率はどれくらいか?

・サイトの表示速度は?

などが分かり、サイト内のコンテンツやどのページを改善するべきかが確認できるメニューになります。

コンバージョンメニュー

上記メニューは、運営サイトの「目的」や「達成率」を調べる為のメニューです。

最初に設定する必要があるのですが、設定した目標に対して

分析ができるメニューになります。

・商品購入やメルマガ登録などの設定した目標ごとにその達成率を計測できます。

・売上げや金額、請求先の住所などのデータを収集できます。

・コンバージョン(目標達成)した訪問者が、初回訪問からコンバージョンした訪問までの期間や経路、参照元などのデータを得ることができます

・目標達成における各チャネル(流入経路)が、どのぐらいその目標達成に貢献しているのかということを調べることが出来ます。

上記のような色々なデータを取ることができます。

目標が達成できているのかを確認をする為にも必要なメニューになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Googleアナリティクスを使って何を調べたいのか、どんなデータを見たいのによって見るべきメニューが変わってきます。
今回の記事を参考にGoogleアナリティクスのメニューの中から、あなたが調べたかったデータが見つかるきっかけになれますと幸いです。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です