【アクセス解析の基本】Googleアナリティクスのアカウントを簡単に作成する方法

こんにちは、メディア事業部の山田祐輔です。

今回は、WEB内製化にあたって、まず必要な「Googleアナリティクス」のアカウントを作成する方法について書いていきます。

Googleアナリティクスってなに?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-01-15

まず、Googleアナリティクスをご存知ない方のために簡単にご説明します。

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールのことです。

Analytics(アナリティクス)とは英語で「分析論」を表し、「訪問者の数」「1ページ当たりの訪問数」「どこからやってきたのか」など、サイトへのアクセスに関するさまざまなデータについて詳しく分析することができます。

また、無料でほとんどの機能を使うことができるので、WEB業界に止まらず多くのサイトでこの「Googleアナリティクス」を使用してサイトのデータ分析を行っています。

では、今からGoogleアナリティクスのアカウントを作成する方法について解説していきます。

Googleアナリティクスのアカウントを作成する方法

まず、「Googleアナリティクス」と検索し、下記のページを開きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-19-53

→ https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

こちらの画面を開くと、右上に「ログイン」または「アカウントを作成」という項目があります。

Googleのアカウントをお持ちの場合は、「ログイン」。アカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」を選択してください。

次に、ログイン情報を入力していきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-20-40

ログイン情報として、

・登録したメールアドレス

・登録時に設定したパスワード

を入力します。入力が完了したら、下記のような画面に移行します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-59-59

初めてアカウントを作成する場合は、右側の「お申し込み」を選択します。

選択すると下記のような画面に移行しますので、項目を上から順番に埋めていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-24-52 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-25-19

簡単に項目の説明を記載しておきます。

トラッキング対象

こちらはウェブサイトなら「ウェブサイト」、アプリの場合は「モバイルアプリ」を選択します。

アカウント名

こちらはアカウント名に設定したい名称を入力します。

ウェブサイトの名前

ウェブサイトの名称を入力します。

ウェブサイトのURL

ウェブサイトのURLを入力します。(https://〜以降のドメイン名を入力)

業種

項目の中から近いものを選択。

レポートのタイムゾーン

項目の下の方に「日本」がありますので、そちらを選択。

画面一番下の「トラッキングIDを取得」をクリックします。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-23-39

最後に、「Googleアナリティクス利用規約」に同意を求められますので、言語を「日本」に変更して、規約をしっかり読んだ後で、「同意する」を選択します。

これでアカウント設定は完了です。

設定が完了すると、このような画面になりこの画面から「トラッキングコード」を取得することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-25-56

取得したトラッキングIDをサイトに埋め込む方法

shutterstock_519438235

最後に取得したトラッキングIDをサイトに埋め込んでいきます。

これをしないと、Googleアナリティクスのデータがいつまでも反映されません。

今回は、ワードプレスのインストール時に初期で入っている「Twenty Sixteen」を使って解説します。

トラッキングIDの設置方法

まず、ダッシュボードから「外観」→「テーマの編集」に進みます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-19-51-22

「テーマの編集」に進んだら、下記のようにサイトの<head></head>の間に埋め込んでいきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-18-00-04

下記、タグの挿入イメージです。

<head>

GoogleアナリティクスのトラッキングID

</head>

タグの設置が完了したら、下記の「保存」ボタンをクリックして保存します。

保存が完了すれば、アナリティクスのトラッキングコードの設置は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Googleアナリティクスのアカウントの作成方法について解説しました。

ウェブサイトを制作したら、必ず毎回Googleアナリティクスのアカウントにウェブサイト情報を登録して、サイトにトラッキングIDを埋め込む必要があります。

これを忘れると、サイトのデータがいつまで経ってもアナリティクスデータとして反映されません。

忘れずに設定するようにしてくださいね!

【助成金を活用して持ち出し0円!?】制作・マーケティングが出来るWEB担当者を育成する「WEB担当者育成プログラム」

書籍でも紹介した事例や助成金を活用して持ち出し0円でスマホ化対策する方法やWEB内製化について代表石嶋が直接セミナーでお話します。

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です