ワードプレスでサイトを作るための基本中の基本!ドメインについて理解しよう

こんにちは!WEB内製化支援.com営業の山田菜々子です。

前回はサイトを立ち上げる前準備、サーバーについてお伝えしました。

本日は、ドメインについてお伝えします。

はじめに

ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」です。

住所のようなものなので、ドメインは重複登録することが出来ません。世界を探しても同じドメイン名は存在しません。
ドメイン取得は、商標などを違反しない限り早いもの勝ちです。

ご自身のホーページ(ブログ)や会社のホームページの住所ともいえるURLの一部になるものです。

ドメインがなければホームページを公開することはできません。

ホームページでは、ドメインの前に「www」のような文字列(ホスト名)と、区切りの意味がある「.(ドット)」が追加されて「www.ドメイン名」という形で、私たちがよくみかけるURL(住所)となります。

独自ドメインとサブドメインの違い

「独自ドメイン」とはその名の通り、ユーザーが独自で名前を決めて自分の好きなように利用できるドメインのことです。

一方の「サブドメイン」とは、「独自ドメイン」をさらに細かく分割して、複数のユーザに割り振るためのドメインのことを指します。

たとえば、レンタルサーバーの業者が「kagoya.com」という「独自ドメイン」をもっていた場合、複数の利用者にドメインを提供するために、「aaa.kagoya.com」「bbb.kagoya.com」といったように「独自ドメイン」の前に「.」で区切った文字列を付与して割り振ります。

この「aaa.kagoya.com」のような文字列を「サブドメイン」といいます。

ちなみに、レンタルサーバーなどでは、独自ドメインの「.」の前に付与する文字列は自分で自由に決められることが多いようです。

IPアドレスとドメインの関係

余談ですが、ドメインをより理解するためにIPアドレスの話もここでさせていただきます。

IPアドレス(Internet Protocol Address) とは、 パソコンやスマートフォンなどに割り当てられた、ネットワーク上の機器を識別するための数字 です。

ドメインと同じく、インターネット上での住所のような役割を担っています。

つまり、IPアドレスは機械が覚えやすいように、数字を割り振って、ドメインは人間が覚えやすいように「naiseika.com」のように名詞を割り振って、重複他住所になり戸惑うことがないようにしているんですね。

ドメイン名を使ってインターネット上でやりとりを行うためには、これをコンピュータ同士が通信するために必要なIPアドレスに変換させなければなりません。このドメイン名とIPアドレスを対応づけるしくみがドメインネームシステム(DNS)であり、「インターネットの住所録」にあたります。

なので、HPの中身を考えるよりもまず、ドメインを考えるのが先です!

自分の取りたいドメインが取得できるかは下記から確認できます▼

https://ja.wordpress.com/domains/?ref=homepage

ドメイン名を取得する時に、困るのがcom、net、jpにorg、そして日本では一番馴染みのあるであろうco.jp、いろいろな種類のドメインがありますが、それぞれどんな意味があるかご存知ですか?

.comは世界中誰でも取得できる「商業組織用」

.netは元々は「ネットワーク用」、でも現在は制限なし。

.orgは「非営利団体」。でも.netと同じく現在は制限なし。

一般的にドメインによるSEO効果はないと言われておりますので、取得すれば大丈夫です。

あとは「イメージ」の問題です。ざっくり皆さんの印象をまとめると『.comは怪しい。』『.netはうさん臭い。』『.orgは正体不明。』・・・どれもマイナスイメージが目立ちますね(汗)。

『.comは嫌いだから.netにする』人もいれば、『.comも.netも騙されそう!.org一択!』なんてのも。逆に昔のイメージで『.orgは非営利団体しか取得できないのにここは商売してる!』と文句をいう人もいたりします。

日本でしか取得できない.jpは信用が高くSEOに有利!?

上の3つとは異なりccTLD(country code TLD)と呼ばれるドメインの種類で、日本に住所がないと取得できないのが.jpです。

和食、工業製品、工芸品、寿司、天ぷら、侍、忍者、Made in Japanなものは世界的にも信用があります。

と言う訳で、信用が高いとされる.jpですが、SEO効果が特別高いというわけではありません。

SEOはやはりコンテンツ命です。

またGoogleのバイリンガル化も進んでいると言われていますから、『日本語サイト=.jp』と決めつける必要もないかもしれません。

ただ、先に申し上げた通り【com】【net】【org】と違って「日本に住所がある人が取得している」という安心感は世界共通みたいです。

世界最高の信頼度.co.jp!でも取得は大変・・

まず.co.jpは、日本国内に登記のある企業しか登録できない上に、1企業につき1つしか取得できません。

日本の企業の世界的な信頼度は言うまでもありません。

取得困難な上に料金も高いので、企業でも取得を躊躇される場合もありますが、日本国内において、SEO効果としてもブランディング効果としても『会社名.co.jp』に勝るドメインがあるでしょうか?

コーポレートサイトを作る場合は絶対にこのドメインを取得するべきです。会社登記費用の一部だと思った方が良いくらいです。

ただ、既に取得されてしまっている場合もあります。

写真共有コミュニティーサイトとして有名なFlickr(フリッカー)。

元々は「flicker」だったそうですが、すでに『flicker.com』が取得されてしまっていたので、サービス名をFlickrに変えたそうです。

ドメインと企業名・サービス名の関係はこれほど重要なんですね。

まとめ

いかがでしょうか。

ドメインと聞くと、なんだか難しく感じる方もいらっしゃると思いますが、案外簡単なんです!

それでは、本日はここまでです!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です