【Googleアナリティクス入門】成果を上げている流入元をアナリティクスから把握する方法

こんにちは!WEB制作内製化支援.com営業の山田菜々子です。

サイトの成果を上げるためには、成果が上がる既存のうまくいっている方法を強化していくことが最短のルートですよね!

皆さんは、どこから流入があって、どの流入元が成果を出しているのか定点観測してますか?

本日はGoogleアナリティクスを使って、アクセスの流入元を調べる方法を解説します。

これを知っておくと、強い流入元を強化したり、弱い流入元への対策ができるので、しっかりと把握をしておいてくださいね!

【Googleアナリティクス入門】成果を上げている流入元をアナリティクスから把握する方法

1.4つの主な流入元

サイトへの流入先は主に以下の4つになります。

Organic Search ⇒ Google検索やYahoo検索などの検索

Social ⇒ FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア

Referral ⇒ Social以外の参照元サイト(feedly、Gunosy、どこかのブログなど)

Direct ⇒ 特定の参照元サイトが無い場合のアクセス

では、もう少しこの4つの流入元を細かく分析していきます。

1-1:Organic Search(オーガニックサーチ)

google / organic ⇒ Google検索

yahoo / organic ⇒ Yahoo検索

search.smt.docomo / organic ⇒ docomo検索

auone / organic ⇒ au検索

rakuten ⇒ 楽天検索

biglobe ⇒ BIGLOBE検索

goo.ne ⇒ goo検索

bing ⇒ Bing検索

ask ⇒ Ask検索

avg

babylon ⇒ バビロン検索

aol

globo

1-2:Social(ソーシャル)

 Facebook

Twitter

Google+

Hatena Bookmark

Hatena Diary

Pocket

Ameba

Naver

Netvibes

FC2

mixi

Tumblr

Digg

Pixiv

Paper. li

Blogger

Yahoo! Bookmarks

Youtube 

1-3:Referral(リファラー)

上記Organic Search(オーガニックサーチ)とSocial(ソーシャル)以外のサイトからの流入。

1-4:Direct (ダイレクト)

アナリティクスヘルプを引用すると、ブックマークからの流入、URLを直接入力しての流入と書かれていますが、さらにメルマガからの流入もDirectとしてカウントされることが確認されています。

ブックマークからの直接の流入

URLを直接入力しての流入

メルマガからの流入

2.流入元を調べかた

Googleアナリティクスの「集客」のレポートを見ると分かりやすいです。

Googleアナリティクスの左のメニューから「集客」⇒「サマリー」の順でクリックしてみて下さい。

画面が切り替わります。

この集客のサマリーレポートでは、あなたのサイトにどこからユーザーが来ているのか、という事が分かります。

例えば、以下の円グラフでは主な流入元4項目(Organic Search、Social、Referral、Direct)の割合が分かります。

さらに画面を読み進めていくと、より詳しい参照元が図として表示されます。

3.流入元「Organic Search」の簡単な見方

どんなキーワードであなたのサイトへ流入があったのか調べる方法

まずは、表の「Organic Search」という文字をクリックします ↓

この画面では、Organic Search、つまり検索からの流入の中でも「どんなキーワードで」あなたのサイトへ流入があったのかが分かります。

しかし、現在はGoogleユーザーがGoogle検索をした際のキーワードは分からないようになっているので、「not provided」と表示されてしまっています。

キーワードが分かるのは、Google検索以外という事になりますね。

4.どの検索エンジンから流入があったのか調べる方法

次に、表の少し上の部分の「参照元」という所をクリックすると ↓

以下のような表に切り替わって、どの検索エンジンからあなたのサイトへの流入があったのかが分かります。

5.流入元「Referral」の簡単な見方

次に、検索、ソーシャル以外の参照元サイトの流入を調べてみます。表のReferralをクリックしてみて下さい。

これを見る事で、あなたのサイトがどのメディアで紹介されたのか?という事が分かります。

6.流入元「Direct」の簡単な見方

同じく、表のDirectをクリックしてください。

Direct、つまり直接あなたのサイトに来るきっかけとなるページやコンテンツを知ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ほとんどの方が、

コンバージョンを増やしたい!

サイトへの流入を増やしたい!

そう思っていると思います。

そんな時は、まず自社のサイトへの流入がどこからが多く、どんなキーワードで多いのか確かめてみましょう。

定期的に、流入経路の確認を確認し、施策を行い、振り返りをすることが大切です!

それでは今日も頑張っていきましょう!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です