【Googleアナリティクス基礎講座】WEBサイトのゴールを決める「目標(コンバージョン)」の設定方法

こんにちは、WEBマーケティング事業部の望月です。

新しくLPを作ったものの、サイトと目標を分けずに成果がわからなかった、そんな経験があるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はグーグルアナリティクスの基本の目標の設定方法についてご紹介いたします。

目標(コンバージョン)の設定方法

1、目標を明確にする

サイト上でのゴールはなんなのか、を明確にしなくては計測すべき数字の判断ができません。

メールマガジンの登録なのか、会員登録なのか、LINE@への誘導なのか、購入なのか、サイトによって様々です。

誘導の場合には、「イベントトラッキング」という方法を使えば、何人がそのボタンを押したのかを計測することができます。

例えば、採用サイトでマイナビのボタンが押した人数が知りたい・TOPページの特定のバナーから何人が目的のページに行ったのかを計測したいなどの際に使用します。

上記ではない「フォームへの申込入力」や「ECでの購入」の場合には、これから説明をするコンバージョン設定を行うことで成果を計測することが可能です。

2、目標を設定をする

アナリティクスにログインをして、「管理」から「ビュー」>「目標」をクリックします。

新しい目標をクリックし、「カスタム」を選択し「続行」をクリックします。

②目標の説明・名前

以下の箇所に目標の名前を追加します。ここではわかりやすいような名前がオススメです。

例)購入(PC)・予約(PC)など

②目標の説明・タイプ

「タイプ」は「到達ページ」を選択し、続行をクリックします。

③目標の詳細・到達ページ

「先頭が一致」または「等しい」を選択し、コンバージョンとみなすページ(通常はフォームの送信完了ページ)のドメインを含めないURLを記載します。

★ポイント:URL末尾が変動するものは「先頭が一致」にする。

【例】CV後のURLが仮にhttps://www~~.co.jp/thanks/?id=1234567やhttps://www~~.co.jp/thanks/?id=abcdefgのような、パラメータ付きのURLだったとします。

その際に、以下のような設定をしてしまうと、URLが完全一致せずCVとして計測されなくなってしまうため、「先頭が一致」へのマッチタイプ変更が必要です。

★ポイント:目標URLの入力は「リクエストURL」で記載し、ドメインは含みません。そのため、以下画像のような記述をしてしまうと、CV取得不備の要因となり得ます。

③目標の詳細・値

「値」をオンにして、1コンバージョンあたりに換算した数字を入力します。

※ここを設定することで、アナリティクスで「ページの価値」が算出されることになります。

③目標の詳細・目標達成プロセス

「目標達成プロセス」をオンにして、フォームの数と同じステップを追加します。

ここでのステップとは、入力画面からを含みます。そのため、入力フォームの場合には①には「入力画面」、ECの購入の場合には「カート画面」のドメインを含まないURLが入ることになります。

★ポイント:入力をした後、右横にある「必須」を必ず「はい」とします。

入力画面を見ている場合と制限がかかることになります。設定をしない場合、フォーム内部のどの部分で問題があるのか、を計測ができなくなってしまうため必ず設定しましょう。

最後に保存をクリックすれば、「新しい目標設定」の完了です。

ここまでで、設定方法は詳しく説明をしました。設定を行ったあとで最も重要なことはテストCVを行うことです。設定が正しくできていたかどうかを確認するテストコンバージョンの方法をご紹介いたします。

3、テストCVを行う

①まずはアナリティクスの画面から「リアルタイム>コンバージョン」を開きます。

リアルタイムから確認する理由ですが、通常のコンバージョンは数値が反映されるのに「最大 72 時間ごとのデータ処理後にレポートに反映」とされているため、その場で数字が確認できません。

そのため、サイトの状況がリアルタイムで確認できる「リアルタイム」からコンバージョンを確認することで確実にテストCVが計測されているかどうかを確認がすることができるということです。

※参考:https://support.google.com/analytics/answer/2679221?hl=ja

★リアルタイムで確認ができる数字:アクティブ ユーザー数、直近 30 分間ごとのヒット数、直近 60 秒間ごとのヒット数…等

②リアルタイムを開いたまま、テストで目標の完了を行う。

★ポイント:完了画面をきちんと見てからページを閉じましょう。コンバージョンの計測は「完了画面」をみたという条件で計測を行っているため、見ていない場合計測がきちんとできない場合があります。

③目標が計測されているかを確認する。

先程設定をした目標が計測されているかを確認します。

計測されている場合には、設定をした目標の横に1と数字が出ます。

★ポイント:計測ができていない場合には、以下のことを確認しましょう。

目標が計測されていない時に確認するポイント

確認1:拡張機能などでアナリティクスの数字に計測をさせないようにアドオン設定されていませんか?

「Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)」のようなアドオンを有効にしていた場合、計測ができません。

確認2:目標設定のURLが間違っていませんか?

「③目標の詳細・目標達成プロセス」でご紹介した設定が間違っていることがよくあります。落ち着いてもう一度見直しましょう。

確認3:GAタグは正しく入っていますか?

そもそもタグが入っていない場合にはコンバージョンの計測はできません。リアルタイムで確認をしていてアクセスがない場合にはタグが入っていない可能性があるため、サイト内部のソースを確認しましょう。

★確認方法:①サイトを開く②「F12」をクリック③「Ctrl+F」を押し「UA-」と入力④「Enter」でグーグルアナリティクスのタグが引っかからない場合には、タグが入っていません。すぐに追加をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コンバージョン設定は新しいフォームを作ったとき、新しいLPを作ったとき必ず必要なタスクと言えます。

設定になれないうちはどこが間違っているのかを見つけることが難しいかもしれませんが、今回ご紹介をしたポイントを参考にチェックしてみてください。

【助成金を活用して自社の持ち出し0円でスマホ化対策!?】法人向けスマホ化対策セミナーとは

【助成金を活用して自社の持ち出し0円でスマホ化対策!?】法人向けスマホ化対策セミナーとは、スマホ化対策が完了していない法人様に対して、スマホ化対策の必要性についてお話しするセミナーです。

弊社代表の石嶋が直接、これからのスマホ化対策の重要性や実際にホームページを改善してウェブからの売り上げを10倍にした事例などをお話します!

参考になったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です