コンバージョン率が上がる?!LP(ランディングページ)とは

こんにちは、内定者の角田です。

本日はLP (ランディングページ)についてご紹介いたします。

はじめに

 

LPをつくって広告施策をしよう!“と聞いても、「どういう意味かわからない」「通常のページとの違いはあるの?」といった疑問をお持ちではありませんか?

 

今回はホームページ運営をしているとよく聞く言葉、“LP(ランディングページ)”とは何かということについて解説致します。

LPの意味

早速ですが、LPとは何を指すのでしょうか。

LPとは「ランディングページ」のことを意味します。

このランディングページという言葉には、大まかに説明すると2種類の意味があります。

①  ユーザーが最初に見たページ

②  1枚だけでサイトができているページ

 

まず1つ目の意味として「ランディング=着地する」ということから“ユーザーが外部からWebサイトに最初に訪問したページ“という意味を持ちます。

 

Google Analyticsの管理画面でも、ランディングページというメニューがあります。

 

これはユーザーが最初に訪れたページからどのような動きをしているのかを分析するためのメニューです。

そしてもう1つの意味としてのLPが“1ページで完結する縦長のページ”となります。
ただし、LPでも本当にページが1枚だけなのではなく、商品やサービスを伝えるページが一枚だけという場合が多いです。

本日はこの2つ目の意味のLPについてご紹介していきたいと思います!

 

LPの役割

まずLPの役割についてお話していきます。LPの役割とはコンバージョンを得ることです。

コンバージョンとは、ホームページにおいて目標とする訪問者のアクションのことを指します。

Webマーケティングの分野においては、「顧客見込み」から「顧客」への変換を意味し、Web上での最終的な成果として使われます。

主に購入資料請求お問い合わせ会員登録などをコンバージョンにする場合が多く、コンバージョンを設定することでWebにおける施策の効果測定ができるようになる、というものです。

先ほどもお伝えしたように、LPの役割はコンバージョンを高めることにありますがこれはLPに限ってのことではありませんよね。

普通のWebサイトにもお問い合わせページはあります。

では、なぜLPが必要になるのでしょうか

その理由をこれから3つの特徴としてご説明していきます。

 

特徴1 他のページへのリンクが少ない

 

LPには他のページのリンクが少ない傾向にあります。
普通Webページといえば、「たくさんのリンクがあることで目的ページが分かりやすくなっている」というイメージかと思います。

ではなぜLPにはリンク先が少ないのでしょうか。

それはLPがコンバージョンを取ることに特化しているからです。

他のページへのリンクを設置するとその分、他のページに移ってしまう確率が高まってしまいますよね。

だからこそリンク先を「注文ページ」や「資料請求」などのコンバージョンに繋がるページに限定し、選択する幅を狭めます。

つまり、LPではリンク先を限定することでコンバージョン率を上昇させることができるということなのです。

特徴2 縦長のレイアウトである

ページが縦長であり、縦スクロールで読み進めるデザインもLPの大きな特徴です。
弊社で作成しているLP

この縦長のスクロールであることは顧客心理と関係しています。

例えば何か買い物をしたい時。
商品説明もなく、いきなり第一声で「この商品買いませんか?」と言われてもあまり買う気にはなりませんよね。

何かを買ってもらうためには顧客心理に沿った適切なセールストークが必要です。

商品の魅力を伝える

商品がもたらす効果の証拠を提示する

想定される疑問や不安にはあらかじめ答える

魅力的なオファーを提示する

 

こういったセールストークに沿った情報を順序よく1ページに収めるため自然と縦長のデザインになってしまう、ということなのです。

またこれらの内容を2ページ3ページと分割させた場合には、ユーザーにクリックをさせてしまうことになります。
しかし、ユーザーにとってクリックするという作業は負担でしかありません。

更にもしもページの読み込みが遅かった場合にはどうでしょうか。

それだけで十分に読むのをやめてしまう原因になってしまいますよね。

だからこそ、たとえ商品説明が長くなっても1ページに収めるということが大切なのです。

特徴3 テキストよりもイメージ画像が多い

LPにはイメージ画像が多くなっています
これはページを読みやすくするためです

先程、お伝えしたようにLPは1ページでたくさんの情報を伝えます。

これをテキストのみで伝えようとすると、文章ばかりになり、読むのが大変です。
これを避けるために画像を使い、分かりやすくしているのです。

しかし「読みやすい」ということは、伝わりやすくなるメリットがある反面、忘れやすくなるというデメリットもあります。

 

なので、

概要を伝える時はイメージ画像で瞬時に伝える

しっかりと読ませたい時はテキストを使ってじっくり読んでもらう

という使い分けが重要です。

おわりに

皆様いかがでしたでしょうか?

LPを活用することでコンバージョンに繋がる確率もぐっと上がります。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

参考になったらシェアをお願いします!