Twitter広告とは? 種類と用途

はじめに

こんにちは、内定者の浅羽です。前回は、Twitterの活用方法についてご紹介させていただきました。今回は、Twitter広告について詳しくご説明したいと思います。

1. Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitter登録ユーザーを対象にした広告のことです。他のSNSと比較すると、学生が多く、男女ともに若い世代のユーザーが多いということが特徴です。
種類は「プロモアカウント」、「プロモツイート」、「プロモトレンド」の3つがあります。(こちらは後半で詳しく解説します。)

2. Twitter広告のメリット

①情報の拡散がされやすい

ユーザーがいいねやリツイート、返信などのアクションをおこすことにより、次々と情報が拡散されていくため、短時間で多くの人に情報を届けられます

②潜在顧客を増すことができる

最初にターゲティングしたユーザーだけでなく、リツイートや返信等の活用により幅広いTwitter利用者がそのツイートを目にすることになるため、フォロワー数の増加も期待できます

③エンゲージメント課金が利用できる

Twitter広告は、ツイートが表示されただけでは費用はかかりません。エンゲージメント課金(CPE)といって、消費者の積極的な関与や行動(クリック、リツイート、お気に入りなど)に対して費用がかかります。料金体系はオークション形式で、価格は競合する企業の入札額などによって常に変動しています。数十円単位からの入札が可能、かつ二次拡散後は課金がされないので、少額での運用が可能です。

④多様なターゲットを絞っての情報発信ができる

登録情報やツイート内容からターゲットを細かく絞ることができるため、広告主のビジネスやブランドに関心を持ちそうなユーザーに対し情報を届けることができます。ターゲット設定可能項目としては、キーワード、興味・関心、フォロワーと類似ユーザー、地域、デバイス、性別、カスタムオーディエンス(訪問履歴や購入履歴があるユーザーへ配信)、新しい端末(新端末でTwitterを利用し始めてからの経過期間を指定して配信)、Wi-Fi接続時限定、があります。

⑤企業やブランドの認知度、コンバージョンを上げることができる

プロモツイートでは、文章だけでなく画像や動画の添付もでき、また情報が拡散されやすいため企業やブランドの認知度が上がりやすいです。

3. Twitter広告のデメリット

リツイートされたものを止めたり消したりできず、消したいツイートが保存されてしまうことがあります。情報を発信する際はきちんと精査してからの発信を心がけましょう

4. Twitter広告の適正

①ターゲットが10-30代前半の男女

記事の冒頭でご紹介したとおり、Twitterのコアユーザーは10代~30代前半くらいの若年層です。若年層をターゲットとすれば、非常に有効なプロモーション手法になりえます。

②商材に話題性がある

二次拡散をされるため、商材やサービスに話題性があるものが好ましいです。商材そのものに限らず、広告キャンペーンの内容によって話題性を高めることも可能です。

③言葉のインパクトがある

Twitter広告では、言葉のインパクトやおもしろさが成果を出すうえで重要です。どれほどフォトジェニックな商材であっても、ビジュアルに訴えかけるだけでは不十分で、言葉の表現を工夫する必要があります。
キャッチコピーなど広告キャンペーンの内容を工夫したり、独自のハッシュタグを活用したりすることも効果的です。

5. プロモアカウントとは

プロモアカウントとは、デスクトップでは画面右側の「おすすめユーザー」アカウントの検索画面に、スマートフォンでは通常のタイムライン内に配信されるプロモーション記事を指します。
ユーザーは、プロモ記事についているフォローボタンをクリックすることですぐにアカウントをフォローできます。

■プロモアカウントで可能なターゲットの設定

・興味関心・フォロワー
自分のフォロワーに似たユーザーや、こちらで指定したカテゴリに興味関心のあるユーザーを指定することができます。また、指定した「@ハンドル」のフォロワーに共通する興味関心のあるユーザーにもリーチ可能となります。

・地域・言語・性別
国、関東・関西などのエリア、言語別や性別を選ぶことができます。基本的にはIPアドレス、アクティビティ、プロフィール設定、アカウント名、ツイート内容などから分析を行い、それぞれを特定しています。

・キャリア
日本をはじめ、世界中にある携帯電話のキャリア会社を指定することができます。

・新端末
過去4ヶ月間で、新しいデバイスからTwitterにアクセスしたユーザーを指定することができます。

6. プロモツイートとは

プロモツイートは,様々なTwitterのユーザーに対して、プロモーションを目的に、情報やメッセージを届けることができる広告です。検索結果のページ上部に表示される「プロモツイート in サーチ」と、タイムラインの上部に表示される「プロモツイート in タイムライン」の2種類があります。このように、他の2つの広告方法と違い、通常のツイートのようにタイムラインや検索画面に表示されるため、ユーザーの目に自然に入りやすいという特徴があります。投稿には「プロモーション」の表記がされ、通常のツイートと同様、ユーザーがいいねやリツイート、返信をすることもできます。

■プロモツイートで可能なターゲット設定

・カスタムオーディエンス
ターゲットにするオーディエンスをカスタムすることが可能です。具体的には広告パートナーのウェブサイト訪問者のデータに一致するユーザーや、それに相似したユーザーへのリーチや、メールアドレス・Twitter IDなどと一致したユーザーを指定することができます。

・興味関心・フォロワー
自分のフォロワーに似たユーザーや、こちらで指定したカテゴリに興味関心のあるユーザーを指定することができます。また、指定した@ハンドルのフォロワーに共通する興味関心のあるユーザーにもリーチ可能となります。

・地域・言語・性別
国、関東・関西などのエリア、言語別や性別を選ぶことができます。基本的にはIPアドレス、アクティビティ、プロフィール設定、アカウント名、ツイート内容などから分析を行い、それぞれを特定しています。

・テレビ
特定のテレビ番組にエンゲージしているユーザーや、特定のチャンネル、特定のジャンルの番組にエンゲージしているユーザーを指定することができます。

・キーワード
特定のワードを検索しているユーザーや、指定したワードを含むツイートをしているユーザー、そしてそのツイートに反応したユーザーを指定することができます。

・キャリアターゲティング
日本をはじめ、世界中の携帯電話キャリア会社を指定することができます。

・新端末ターゲティング
過去4ヶ月まで遡り、新しいデバイスからTwitterにはじめてアクセスしたユーザーを指定することができます。

・デバイスターゲティング
デバイスにおいて、PC/iOS(機種別、OSのバージョン別、インターネットの接続タイプ別に指定可能)/Android(同上)/Blackberryなどのスマートフォンやタブレット別/フィーチャーフォン別にターゲティングすることができます。

・限定配信ツイート
ツイートを自身のプロフィールページやフォロワーのタイムラインには流さず、ターゲットに指定したユーザーのみに配信します。

・予約投稿
最大で1年先までツイートを予約できます。

7. プロモトレンドとは

デスクトップではトレンドトピックの一番上とタイムラインの一番上、モバイルではタイムラインの最上部に表示されます。
クリックすると、トレンドのキーワードやハッシュタグの検索結果ページが表示され、その最上位にツイートが固定で表示されるようになります。表示されるのは1日につき1広告主のみです。
届けられる範囲が大きいので、ツイートの効果を広く波及させるのにとても効果的です。

■プロモトレンで可能なターゲットの設定

・地域ターゲティング
トレンドは国単位でターゲットを絞り込むことが可能です。世界中のユーザーを対象にすることもでき、キャンペーンの影響力を数値化することもできます。また、独自の分析レポート用ダッシュボードが用意されています。

・限定配信ツイート
ツイートをプロフィールページやフォロワーのタイムラインには流さず、ターゲットにしたユーザーのみにプロモツイートして配信することが可能です。
ただし、ユーザーがプロモツイートをリツイートした場合、リツイート先では通常のツイートとして表示されます。

・配信時間帯
日本時間で0時から24時まで、24時間配信されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Twitter広告を出す際は、ターゲットの設定、用途を考えた上で発信をすることが大事です。前回の『Twitter、正しく使えていますか? 効果的な運用方法とは』の記事とも併せて、ご活用ください。

参考になったらシェアをお願いします!