【商品やサービスをより魅力的にみせる!】コピーライティングについて

こんにちは、内定者の角田です。

本日は、コピーライティングについてお話していきたいと思います。

はじめに

企業が生み出した、商品やサービス。

それらがたとえ本当に良いものであったとしても、その良さをすべての人に口頭で伝達していくには限界があります。

そこでDMやチラシ・広告等、様々な方法を使って大勢の人に広めていきますよね。

ですが、その際にきちんと商品やサービスの魅力を伝えることができなければ、消費者が手に取ることはありません

そこで必要になってくるのが商品やサービスをより魅力的にみせるコピーライティングの技術なのです。

今回はそんな、商品やサービスの良さを伝えるために非常に重要であるコピーライティングの基礎や書くコツについて詳しくお話していきます。

コピーライティングとは

 

そもそもコピーライティングとは何なのでしょうか

ここではよく見かけるコピーライティング2種類について詳しくご紹介していきます。

イメージ広告のコピーライティング

まず1つ目が「イメージ広告のコピーライティング」です。

イメージ広告のコピーライティングとは、面白く鮮やかな言葉で読者の注目を集め、広告する商品の良いイメージを広めるために使われます

イメージ広告のコピーライティング、と言われただけではあまりパッとしないという方もいらっしゃるかもしれませんが、JR東海の「そうだ 京都、行こう」やコスモ石油の「ココロも満タンに」というフレーズはみなさんも聞き覚えがあるのではないでしょうか。

これらはどちらもイメージ広告のコピーライティングになります。

イメージ広告のコピーの主な役割は、「企業のイメージアップ」や「企業のブランドイメージの構築・定着」です。

その文章を読んだ人が企業に対してどう感じるのか、どういったイメージを持つのかをコントロールすることが目的になります。

そのため広告が成功したかどうかはどれだけその企業や商品の認知度が高まったか?どれだけ良いイメージをもってもらえたか?が基準になります。

ダイレクトレスポンス広告のコピーライティング

こちらはイメージ広告のコピーライティングの目的である「企業のイメージアップ」とは異なり、「レスポンス=反応=行動」をしてもらうことです。

つまり、文章を読んだ人に何らかの行動をしてもらうことを目的としています

クリックしてもらうことや資料請求をしてもらうこと、購入をしてもらうことなど目的は様々ですがどれも直接的に行動を促しているということです。

イメージ広告のコピーにはこういった行動を促す言葉がありません

なぜならばその広告から直接の行動を必要とはしないブランディングが目的であるためです

 

またダイレクトレスポンス広告のコピーの場合には、何件の申し込みがあったのか?何件の問い合わせがあったのか?そしてその広告によってどれくらいの利益があったのか?など具体的な収支を基準にすることができます

つまり、広告費を〇〇円使ったら、△△人に文章が読まれて̻〇〇円の売り上げがあった、というように費用対効果を計算することができます

ここがイメージ広告のコピーとの違いです。

ここからは、そんなダイレクトレスポンス広告のコピーライティングの基本法則についてご紹介していきます!

効果的なコピーライティングを行うための基本法則

【滑り台効果】の法則

「キャッチコピーの目的は、最初の文章を読んでもらうことだ。そして、最初の文章の目的は、次の文章を読んでもらうことだ。そして、次の文章の目的は、その次の文章を読んでもらうことだ。そうやって、次から次へと坂を滑り落ちるように文章を読み進めるうちに、気付いたら最後まで読んでいる。それこそが、全てのライターが追求するべき究極の文章だ。」

 

これは全米でも有名なコピーライターの一人、ジョセフ・シュガーマンの言葉です。

つまりこれは、読者が次々と読み進めてしまうようなコピーの構成を意味しています。

文章のはじめの文章は、次の文章を読ませるように。

次の文章は、さらに次の文章を読ませるように。

などといったように、一つの文章を次の文章を読ませるものとしてコピーを書いていき、最後のクロージング部分まで読み手を一気に誘導するといった考え方を示しているのです。

読み始めると止まらない、まるで滑り台を一気に滑り降りるような感覚。

それを、”滑り台効果”と呼びます。

 

もちろんただ読ませるだけでは意味がありません。

コピーを一気に読み進める過程で商品の必要性・価値・魅力・今すぐ買う理由をしっかりと訴求することも意識しながら考えてみましょう。

【AIDMA】の法則

AIDMAの法則とは、以下5つの要素で文章を構成する方法です。

 

▼1 ATTENTION:注意喚起

Attentionでは注意注目を集めていきます。

その注意・注目はどのように集めていくのかというと、それは読者の目を引くようなキャッチコピーを書くことです

最初にある程度ターゲットを絞り、それらの人に対してその先を読んでもらえるような内容を書き注目を集めていきます。

(キャッチコピーについてさらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ♪)

 

▼2 INTEREST:興味・関心

Interestでは興味関心を引き出していきます。

注目を集めた後はその事柄に対して具体性を増すことによって、さらに興味を持たせて気にさせていきます

 

▼3 DESIRE:欲求の刺激

Desireでは読者の欲求を引き出していきます。

興味や関心を持ってもらった後は商品・サービスを欲しいと思ってもらわなければいけません

最終的には読者に何らかの行動を起こしてもらうことが目的のため、興味がある状態から行動したいと思わせることが必要です。

 

▼4 MEMORY:動機づけ

Memoryというと”記憶”とイメージする方も多いと思いますが、ここでは動機と位置付けるとわかりやすいです。

欲求から実際に行動するための動機を作るために、行動しても失敗しないと思わせる証明をすると効果的です。

証明では権威のある専門家の意見、科学的に根拠のある数字、お客様の声などを載せて信頼してもらうことが大切です

 

▼5 ACTION :行動

Actionは行動をしてもらうことを目的とします。

そのために最後のひと押しをする必要があり、ここをちゃんとしないと今までの苦労が水の泡になってしまいます。

ここまでの内容で購入したいという気持ちになっても、どうやって購入すればいいのかわからないとか、面倒なことが多いというだけで止めてしまうこともあるので注意しましょう。

 

おわりに

みなさまいかがでしたでしょうか。

本日はコピーライティングについての基礎や、考える際のコツについて詳しくお話してきました。

ぜひ参考にしてみてください!

参考になったらシェアをお願いします!