今大注目の【Instagram広告】ってなに?

こんにちは、内定者の角田です。

本日はInstagram広告についてお話したいと思います♪

はじめに

次から次へとトレンドが移り変わる現代。

 

よく見るファッションや話題のスイーツなど、

何か気になるものやことがある時にみなさんは

どうやって調べていますか?

 

もちろん、

“GoogleやYahoo!でキーワードで検索をする”

という方が多いのではないかと思います。

 

しかし最近の傾向としては、

SNS内で検索するという傾向が

高まってきていることを知っていますか?

 

現代ではSNSで広告を出稿しユーザーの

興味を引くことやユーザーによって商品を

広めてもらうことが可能になってきています。

 

(▼Instagram以外のSNS広告についても詳しく

 知りたいという方はこちらからどうぞ♪)

 

なかでも、写真・動画共有SNSである

Instagramは「おしゃれ」なイメージから

20代を中心に圧倒的な人気を誇っています。

 

本日はそんな若者から大人気の

Instagramが活用されている理由

Instagram広告の特徴

についてお話していきたいと思います!

Instagramが活用される理由

 

なぜ最近の若年層のInstagram活用率は

高まってきているのでしょうか。

その理由としては以下のことが挙げられます。

多種類の情報を写真でわかりやすく見られる

#(ハッシュタグ)で簡単に検索できる

話題の情報であれば誰かが必ず投稿している

おしゃれで華やかな画像の共有ができる

個人のアカウントも出てくるため、使用している人の本音がわかる

などなど

 

一昔前までは、GoogleやYahoo!での

キーワード検索が主流でしたが、

どんどん時代は変化していっています。

 

ただ、ここで伝えたいことは、

GoogleやYahoo!がもうだめだとか

そういったことではありません。

 

現代の若者は、

様々な方法で自分に合った情報を収集している

ということなのです。

 

だからこそInstagram広告について理解を深め

最大の効果を出せるようにしていきましょう!

Instagram広告の特徴

さて、ここからは

Instagram広告の特徴

についてご紹介いたします。

 

細かなターゲット設定が可能

Instagram広告は他の広告よりも

細分化されたターゲット設定が可能

であることをご存知でしたか?

 

具体的には、

 

・性別


男女やすべてなど、性別の設定ができます。

 

・年齢


13歳から65歳の中であれば、

1歳ずつの年齢設定が可能です。

65歳以上のユーザーの設定も可能ですが、

1歳単位での指定はできません。

 

地域


都道府県や市区町村・郵便番号などの

設定ができ、その地域に関連するユーザーに

向けて広告を出稿できます。

 

言語


英語や日本語・韓国語・ドイツ語など

世界各国の言語設定ができます。

 

個人属性


学歴や家族構成・職歴・仕事・ライフスタイルなどの個人属性を設定できます。

 

趣味・関心


Facebookでのいいねをもとに、

趣味や関心の設定もできます。

 

Instagramは、世界最大SNSであるFacebookと

連携しており、そのユーザーデータを利用する

ことでより細かな属性を指定することができます。

 

すなわち、

ユーザーに身近な情報を発信することができ、

成果に繋がる確率を高める事ができるのです。

またInstagramの日本ユーザーは、

10代から20代の女性がメインとなっています。

 

なので、商品であれば

化粧品サプリメント、

ファッション関連のもの。

 

サービスであれば

ホテルウェディングやエステ系

就活・求人など。

 

若い女性が興味を持っている分野が

Instagram広告にはピッタリなのです。

 

視覚的なアプローチができる

Instagram広告では文字だけでなく、

写真や動画のインパクトでアピールできること

が特徴でもあります。

 

これは文字がメインのリスティング広告と

対照的な点であり、ターゲットの設定が

しっかり出来ていれば確実なアピールに繋がります。

 

商品そのものを大きなカットで写真にしたり、

ブランドストーリーを感じるシーンを

写真や動画にすることで、おしゃれに

わかりやすくメッセージを発信できます。

ハッシュタグでのアプローチが可能

Instagramではハッシュタグという独自の文化があります。

 

ハッシュタグとは、#instagramのように

「♯」から始まる検索用キーワードの事です。

 

ユーザーはハッシュタグを使って

投稿を閲覧したり、気になる・話題のモノや

コトについて検索したりします。

またInstagramでは、

ユーザー同士が同じハッシュタグによって

共通の趣味や状況を共有し、共感を促します。

 

そのためハッシュタグをうまく利用することで

企業やサービスの認知度を向上させることが

できるのです。

 

ハッシュタグを使用する際の注意点

投稿数が多く、人気が高いハッシュタグほど

ユーザーからの注目度が高いものです。

 

そのため、そういったハッシュタグを

使うことで、広告をたくさんの人に

見てもらえる可能性も上がるでしょう。

 

しかしハッシュタグを設置しすぎることで、

そのハッシュタグから他の投稿に流れていって

しまうというデメリットもあります。

 

「ウェブサイトへの誘導」などの目的があって

広告を出している場合にも他の投稿に流れて

いってしまっては元も子もありませんよね。

 

ハッシュタグは、

広告を出す目的とのバランスを考えた上で

設置する必要があるのです。

 

ハッシュタグを多く設置した広告、設置しない

広告などテストをケース毎にやってみて、

よりパフォーマンスが見込める方法を

見つけていきましょう!

おわりに

このように、Instagram広告には、

特有の機能があり、

特化したメリットもあります。

 

当初は最低出稿額が500万円からという

高額な値段設定でしたが、現在は1000円からと

非常に安くなっています。

 

Instagram広告に興味がある方は

ぜひ始めてみましょう!

 

参考になったらシェアをお願いします!