3秒で相手に魅力が伝わるキャッチコピーの作り方

はじめに

こんにちは。

ミスターフュージョンの鈴木です。

今回はキャッチコピーの作り方についてご紹介します。

広告、LPなどでキャッチコピーを考える機会が多い方もいるのではないでしょうか。

毎度同じような言い方になってしまったり、ユーザーにうまく魅力を伝えることができていなかったりしてしまうこともあるかもしれません。

今回はそんな方のためにキャッチコピーを作るうえで意識しておきたいポイントをご紹介します。

これを見れば、あなたも良いキャッチコピーが書けるようになるはずです。

それではご紹介していきます。

 

キャッチコピーの必要性

まず初めに、なぜキャッチコピーが必要なのかをご説明していきます。

人の印象は第一印象で決まってしまうとよく言われていますが、ウェブマーケティングでも同じようなことが言えます。

もしあなたが広告で何かに興味を持ってリンク先に飛んだとします。

そこで一番最初にみたページに載っている情報がパッとしなかったらすぐに離脱してしまうのではないでしょうか。

このようにユーザーが離脱してしまわないように、3秒間で相手の心をとらえられるようなキャッチコピーが重要なのです。

ではどうすれば、ユーザーがビビッとくるような強烈なキャッチコピーが作れるのでしょうか。

 

キャッチコピーを作る際の基本的な手順

キャッチコピーを作るとき、多くの人に反応してほしいと思うあまり、だれにでも当てはまるようなメッセージになってしまうことがあります。

万人受けすればするほど、キャッチコピーの内容がぼやけてしまい、だれも反応はしてくれません。

そんなキャッチコピーにはならないように基本的な作り方を知っておきましょう。

 

①ターゲットをはっきりさせる

まず誰に向けたメッセージなのかをはっきりさせることが大切です。

売ろうとするあまり、大勢の人に向けたメッセージを作ってしまうと成果に結びつかないことが多いです。

年齢、性別、何が趣味か、など細かくターゲティングをすることで、よりピンポイントで伝わるキャッチコピーに変わります。

 

②お客さんの悩みをリストアップする

次にターゲットが悩んでいるであろうことを書き出していきます。

そのお客さんが普段どんなことで、困っているかをお客さんになりきって考えてみましょう。

それが難しい場合は、知り合いの中でターゲットに当てはまる人物に聞いてみるのも手です。

 

③商品サービスの特徴をリストアップする

他社と比較して、何が違うのか、メリットは何かを書き出していきましょう。

 

④お客さんの不便、不満を解消できるポイントを探す

リストアップした「ターゲットの悩み」と「商品サービスの特徴」を対比して、お客さんの問題が何で解決できるかを明らかにしましょう。

これができれば顧客視点なキャッチコピーになっていきます。

 

⑤消費者の悩みを解決する方法を言葉にする

導き出した「お客さんの問題を解決する方法」を相手に伝わりやすい言葉で表現しましょう。

次にこのコツをご紹介していきます。

 

ターゲットが思わず反応したくなるキャッチコピーの作り方5選

具体的な数字を使う

言葉でただ「たくさん売れてる」というだけでは反応はしてくれません。

「月に100個売れてる」といったように具体的な数字を出しましょう。

 

お客様の声を使う

人は周りに流されやすい生き物です。

ネットショッピングをするときもユーザーレビューが気になりますよね。

お客さんの声というリアル感がより説得力を高めます。

 

権威性を使う(借りる)

商品サービスがすでに売れている場合は、売上1位などと実績を載せるといいでしょう。

ですが、まだ実績がない商品もあるかと思います。

その場合は、「○○も使っている!」などとその業界で権威がある人の力を借りるといいでしょう。

 

今の悩みを訴える

キャッチコピーで大事なのは、あたかも自分に向けて言っているかのように伝えることです。

「もしかして、~したことありませんか?」といったようにユーザーの悩みを当ててあげると、それを見たユーザーは先を読まずにはいられなくなります。

 

情景・イメージに訴える

言葉からその情景がイメージできるようなキャッチコピーはユーザーの心を動かしやすいです。

たとえば「赤ちゃんのようなぷるっぷるのお肌」などです。

想像してもらうことで、より商品への興味を高めます。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

キャッチコピーはターゲットのニーズに沿って考えるのが大切です。

最後にご紹介したテクニックも活用しながら、ビビッと来るキャッチコピーを作っていただけたらと思います。

参考になったらシェアをお願いします!